編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

【オリックス不動産】首都圏湾岸エリアのマルチテナント型物流施設「市川塩浜Ⅱロジスティクスセンター」本日着工

オリックス株式会社

From: Digital PR Platform

2021-12-15 11:10


オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:深谷 敏成)は、千葉県市川市でマルチテナント型の物流施設「市川塩浜Ⅱロジスティクスセンター」(千葉県市川市塩浜)を本日着工しましたのでお知らせします。2022年11月末の竣工を目指します。

(リンク »)
「市川塩浜Ⅱロジスティクスセンター」外観イメージ



本物件は、首都高速湾岸線「千鳥町インターチェンジ」から約500mに位置し、東京駅まで約20km、大井ふ頭まで約23km、羽田空港まで約30kmと、都心から広域まで多様な配送に適しています。また、最寄りのJR京葉線「市川塩浜駅」からは徒歩約12分と通勤利便性を備え、雇用確保の面でも優位性を有します。

建物は、延床面積約24,140㎡、地上4階建てのマルチテナント仕様で、最大2テナントにご入居いただけます。1階には44台の大型トラックが同時接車可能な両面バース※を構えており、配送拠点としてスムーズな入出荷を実現します。また、環境に配慮し、太陽光発電設備の実装やCASBEE建築-(新築)Aの取得を予定しています。

オリックスグループは、東名阪を中心に43物件の物流施設の投資開発実績を有します。今後も、進化するサプライチェーン戦略や、発展を続けるインターネット通販市場にも対応できる最新鋭の物流施設の開発を目指してまいります。
※トラックと施設の間で荷物の積み降ろしをするためにトラックを接車するスペース


■「市川塩浜Ⅱロジスティクスセンター」施設概要
名称:市川塩浜Ⅱロジスティクスセンター
所在地:千葉県市川市塩浜2丁目16-6
交通手段:首都圏高速湾岸線 千鳥町インターチェンジまで約500m、JR京葉線「市川塩浜」駅まで約900m
敷地面積:11,878.50㎡
延床面積:24,141.30㎡
規模・構造:地上4階建て、S造
駐車場台数:普通車15台 トラックバース44台 大型トラック待機場7台
その他:床荷重1.5t/㎡ 梁下有効高5.5m以上
    全館LED完備、非常用発電機完備、太陽光発電設備実装予定、EV普通充電器を敷地内に設置
設計・施工:株式会社鴻池組
着工:2021年12月15日
竣工:2022年11月末(予定)

【広域地図】


(リンク »)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オリックス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]