編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

WSLで始めるUbuntu > 第36回 bashの組み込みコマンドついて知ろう(4)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2021-12-20 09:00

CTC教育サービスはコラム「WSLで始めるUbuntu > 第36回 bashの組み込みコマンドついて知ろう(4)」を公開しました。
###

前回は、bashの組み込みコマンドのディレクトリスタック関連について説明しました。今回も、bashの組み込みコマンドについて説明します。

bg/fg [jobspec ...]
ジョブコントロールでも説明しましたが、bgは指定されたジョブ名(jobspec)をバックグラウンドで再開、実行させます。引数を指定しない場合、bashが管理するカレントジョブを対象とします。bgに成功したとき、終了コード0を返します。

fgは、指定されたジョブ名(jobspec)をフォアグラウンドで再開し、カレントジョブとします。fgに成功したとき、カレントジョブの終了コードを返します。

bgはjobspec として有効なジョブを指定しない場合は、偽を返します。

disown [-ar] [-h] [jobspec ... | pid ... ]
disownは、指定したジョブ名(jobspec) をアクティブなジョブテーブルから削除します。ジョブ名を指定せず、-a/-r を指定しない場合は、カレントジョブが使用されます。-h オプションが指定した場合、各ジョブ名はジョブテーブルから削除されませんが、シェルがSIGHUPを受信してもジョブにSIGHUPを送信しないようにマークします。このため、disown -h が実行されたジョブは、bash終了後のSIGHUP発行が無視され、bash終了後も処理を継続します。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]