編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

WSLで始めるUbuntu > 第37回 bashの組み込みコマンドついて知ろう(5)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2021-12-22 09:00

CTC教育サービスはコラム「WSLで始めるUbuntu > 第37回 bashの組み込みコマンドついて知ろう(5)」を公開しました。
###

前回は、bashのジョブ制御関連の組み込みコマンドについて説明しました。今回は、文字列を出力するbashの組み込みコマンドについて説明します。

echo [-neE] [arg ...]
スペースで区切られた引数 args を出力し、その後に改行を出力します。 書き込みエラーが発生しない限り、戻り値は 0 です。

-nが指定された場合、最後の改行は出力されません。

-e オプションが指定された場合、以下のバックスラッシュエスケープされた文字の解釈が有効になります。 -E オプションは、これらのエスケープ文字がデフォルトで解釈されるシステムであっても、その解釈を無効にします。 xpg_echo シェルオプションを使用すると、 echo がこれらのエスケープ文字をデフォルトで展開するかどうかを 動的に決定できます。 echo は -- をオプションの終了を意味しません。 echoは、以下のエスケープシーケンスを使用できます。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]