編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

WSLで始めるUbuntu > 第40回 bashの組み込みコマンドついて知ろう(8)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2022-03-16 09:00

CTC教育サービスはコラム「WSLで始めるUbuntu > 第40回 bashの組み込みコマンドついて知ろう(8)」を公開しました。
###

今回も前回と同じく、bashの組み込みコマンドについて説明します。

history [n]
historyコマンドは、本連載の第19回でも紹介したように、履歴を表示するコマンドです。

オプションがない場合には、行番号付きでコマンド履歴を表示します。*付きでリスト表示されている行は変更された行です。

引き数 n を指定すると、最新の n 行だけがリスト表示されます。

シェル変数HISTTIMEFORMATに空値以外が設定されると、指定された値は履歴エントリを表示するときにタイムスタンプを表示するためのstrftime(3)で使用する書式文字列として扱われます。

history [-anrw] filename のように指定すると、filenameを履歴ファイルの名前として使用します。filenameを指定しなければ、シェル変数HISTFILEに指定したファイルが使用されます。

historyで使用できるオプションは以下のとおりです。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]