ラック、NRIセキュア、GSXが合同で「サイバーセキュリティイニシアティブジャパン」を設立

日本のサイバーセキュリティ水準の向上に貢献

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

2022-04-12 11:00

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下「ラック」)、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柿木 彰、以下「NRIセキュア」)、およびグローバルセキュリティエキスパート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:青柳 史郎、以下「GSX」)の3社は、国内の企業が直面するサイバーセキュリティリスクへの対策を支援する会員制の任意団体「サイバーセキュリティイニシアティブジャパン(以下「CSI/J」)」を、2022年4月1日に設立しました。
デジタルトランスフォーメーション(DX)による新たな価値創造への取り組みが広がる中、サイバーセキュリティへの高度な対応がこれまで以上に求められています。日本企業の置かれた環境を熟知するラック、NRIセキュア、GSXは、各社の持つ豊富な経験とナレッジを活かして、社会や産業全体のセキュリティレベルの底上げを図ることを目的に、CSI/Jを立ち上げました。CSI/Jは、企業を会員として、「セキュリティ対策」と「セキュリティ人材」に関わるフレームワークの提供を主な活動内容としています。活動に当たっては、内閣サイバーセキュリティセンター、総務省、経済産業省などの関係省庁とも連携を図っていきます。

1.団体の概要
名称:サイバーセキュリティイニシアティブジャパン
英文名称:Cyber Security Initiative for Japan
略称:CSI/J(シーエスアイジェー)
設立日:2022年4月1日
会長:中尾 康二(国立研究開発法人情報通信研究機構 サイバーセキュリティ研究所)
後援企業:KDDI株式会社、株式会社野村総合研究所
賛同企業:株式会社インフォセック、株式会社FFRIセキュリティ、
     エムオーテックス株式会社、KDDIデジタルセキュリティ株式会社、
     株式会社サイバーディフェンス研究所、株式会社セキュアイノベーション、
     株式会社セキュアヴェイル、SOMPOリスクマネジメント株式会社、
     株式会社ブロードバンドセキュリティ、
     三井物産セキュアディレクション株式会社、
     株式会社ユービーセキュア(五十音順)

2.当初の活動内容
CSI/Jは、これからのデジタル社会にふさわしい「セキュリティ対策」と「セキュリティ人材」に関する効果的なフレームワークを策定し、会員企業に提供します。会員企業はそれらのフレームワークを利用することで、自社が提供するサービスのさらなる高度化や安全性の向上を図ることができます。

1)「共通対策評価フレームワーク」の策定と提供
セキュリティに関する社内外の主要なガイドラインを踏まえ、クラウドサービスやゼロトラストソリューションの利用を想定した、セキュリティ対策を評価する新たなフレームワークをCSI/Jが作成・維持し、会員企業に提供します。

2)「サイバーセキュリティプロフェッショナル人材フレームワーク」の策定と提供
セキュリティエンジニアが果たす役割とそのジョブディスクリプション(職務内容の定義)をレベル別に定めたうえで、各レベルに到達するための育成方法、キャリアパス、研修・トレーニングの例やプログラムを作成・維持し、会員企業に提供します。

図:活動スキームのイメージ

3.CSI/J 設立記念シンポジウムの開催(2022年5月、予告)
CSI/J と今後の活動を紹介するための設立記念シンポジウムを5月にオンライン形式で開催します。詳細は、CSI/JのWebサイト( (リンク ») )にて後日お知らせします。

4.後援企業からのコメント
・KDDI株式会社 取締役執行役員専務 森 敬一氏
サイバーセキュリティイニシアティブジャパンの活動趣旨に賛同し、設立を心より歓迎しお祝い申し上げます。

KDDIは「場所にとらわれず、安心・安全・簡単につなぐ」というコンセプトのもとマネージドゼロトラストを推進し、日本企業のニーズに合わせたデバイス、ネットワークにセキュリティを組み合わせたワンストップソリューションを提供してきました。

今回、サイバーセキュリティイニシアティブジャパンが国内セキュリティサービスベンダーの高度化を推進する組織として積極的な取り組みを実現されることにより、日本企業に対するセキュリティの啓発・実装に加え、不足していると言われる高度なサイバーセキュリティ人材の育成に多大な貢献をしていただくことを期待しております。

・株式会社野村総合研究所 専務執行役員 竹本 具城氏
野村総合研究所は、サイバーセキュリティイニシアティブジャパンの設立を心から歓迎いたします。

日本のサイバー防衛力(サイバーディフェンス)の底上げは、セキュリティ業界横断で取り組むべき課題であり、サイバーセキュリティイニシアティブジャパンがその礎となって業界全体に多大な貢献をしていただけることを期待しております。

■ご参考(母体となる3社の概要)
・株式会社ラック
(リンク »)

ラックは、システムインテグレーションとサイバーセキュリティの豊富な経験と最新技術で、社会や事業の様々な課題を解決するサービスを提供しています。創業当初から金融系や製造業など日本の社会を支える基盤システムの開発に携わり、近年ではAIやクラウド、テレワークなどDX時代に適した最新のITサービスも手掛けています。また、日本初の情報セキュリティサービス開始から25有余年にわたり、国内最大級のセキュリティ監視センターJSOC、サイバー救急センター、脆弱性診断、ペネトレーションテストやIoTセキュリティなど常に最新のサイバー攻撃対策や事故対応の最前線に立ち、情報セキュリティ分野のリーディング企業としても成長を続けています。

・NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
(リンク »)

インターネットの可能性と情報セキュリティの重要性にいち早く着目し、1995年にスタートした野村総合研究所(NRI)の社内ベンチャー事業を発端とする、情報セキュリティ専門企業です。国内外の関連資格を取得し世界レベルの研鑽に励んだスペシャリストが、金融、流通、製造など様々な業界の企業から官公庁に至るまで、幅広いお客様の情報セキュリティに関する課題解決を支援しています。コンサルティングからソリューション導入、教育、運用、監視までの各種サービスの提供を通じて、お客様の情報セキュリティに関するあらゆるニーズに「ワンストップ」で対応し、安全・安心なデジタル社会の実現を目指しています。

・グローバルセキュリティエキスパート株式会社
(リンク »)

GSXは、サイバーセキュリティ教育カンパニーです。
中堅企業を主な顧客層として、コンサルティングサービス、脆弱性診断サービス、ソリューションサービスなど、顧客の企業規模に適したセキュリティサービス全般を提供しております。また、セキュリティ人材不足や、セキュリティノウハウ習得の敷居の高さが、中堅・中小企業においてセキュリティ対策が遅れる要因のひとつであると考え、セキュリティの全体像を網羅したセキュリティ教育サービスを提供しております。

企業規模を問わずセキュリティ対策が必須かつ急務となっているいま、1社でも多くの企業をセキュリティの脅威から護り、日本全国の企業の自衛力を向上することを目指し、事業展開をしております。


* 記載されている会社名・団体名などは、各社の登録商標または商標です。
* 記載されている情報は、発表時点のものです。その後予告なしに変更となる場合があります。



ニュースに関するお問い合わせ

株式会社ラック コーポレートコミュニケーション部 広報担当
TEL:03-6757-0130 E-mail:pr@lac.co.jp

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 広報担当
TEL:03-6706-0622 E-mail:info@nri-secure.co.jp

グローバルセキュリティエキスパート株式会社 経営戦略本部 マーケティング部
TEL:03-3578-9001 E-mail:mktg@gsx.co.jp


CSI/Jに関するお問い合わせ

サイバーセキュリティイニシアティブジャパン 事務局
(リンク »)
東京都千代田区平河町2丁目16番1号 平河町森タワー
E-mail:info@csi-japan.org

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]