編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

前橋市のデジタルツインを活⽤した交通事故削減の実証研究にデザイン学部⽥村吾郎准教授らが協⼒---東京工科大学

東京工科大学

From: Digital PR Platform

2022-04-16 02:05




東京⼯科⼤学(学⻑:⼤⼭恭弘)デザイン学部⽥村吾郎准教授らの研究チームは、群⾺県前橋市が産学と連携(注1)して⾏っている、同市のデジタルツイン(3次元デジタル空間)を活⽤した交通事故削減の実証研究に協⼒しています。




~半球状のスクリーン技術応⽤した運転シミュレーター共同開発~
本研究では、⽥村准教授らが開発した幅5.2mの半球体スクリーン装置「Sphere 5.2」を運⽤するワンダービジョン社とレーシングチーム「トムス」が共同開発した没⼊型運転シミュレーターと、前橋市のデジタルツイン環境を組み合わせたシステムを構築。連携各者(注1)の共同のもと、これを同市⺠らに体験してもらい、ドライビングの評価とともに運転者の脳波、⼼拍電位、眼球電位などのバイタルデータを取得。これらデータや同シミュレーターのデータロガー解析などをもとに、交通事故の原因となる要因の究明や対策に繋げる取り組みです。

2022年1⽉から3⽉にかけて、内閣府の実証事業として⾏われた同シミュレーターシステムのテストや、バイタルデータ取得の実験、前橋市庁舎で実施された実証実験には、⽥村准教授および研究科学⽣ら3名が協⼒しました。今後は、⼀般道の交通事故防⽌といった交通テックとしての社会実装を⽬指します。またプロのレーシングドライバーの脳波解析により、トレーニングの効率化や選⼿育成に活⽤する取り組みも進める予定です。

■半球体スクリーン技術「Sphere(スフィア) 5.2」
幅5.2m、⾼さ3.4m、奥⾏き2.6mの半球状スクリーンに4Kや8Kの映像を映すことで、スクリーン中⼼付近において90〜95%という⾼い視野カバー率を実現。ヘッドマウントディスプレイなどのデバイスを必要とせず⼈間の空間認知のメカニズムと極めて近いリアルな視覚体験をもたらします。映像とリンクしたモーションベース、送⾵装置、⽴体⾳響装置などを組み合わせることで、五感を刺激する特別な体験を提供します。また最短約4時間で組み⽴て・分解が可能なパッケージにより、都市部から離島まで⾼い可搬性を実現しています。2017年に開発され、WONDER VISION TECHNO LABORATORY(株)によって運⽤されており、製品やサービスのプロモーション、マーケティング、⾃動⾞や航空機などの運転訓練シミュレーション、医療、スポーツ、芸術など幅広い分野での活⽤が進んでいます。

(注1)参画団体:群⾺県前橋市、デロイトトーマツ、前橋⼯科⼤学、JINS、トムス、東京海上⽇動、朝⽇航洋、アストロデザイン、住友ベークライト、WONDER VISION、東京⼯科⼤学 他


■《本件に関する報道関係からのお問い合わせ先》
⽚柳学園コミュニケーション企画部
担当︓⼤⽥
Tel 042-637-2109
E-mail ohta(at)stf.teu.ac.jp
※(at)は@に置き換えてください。



【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東京工科大学の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]