編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

「A-gate®︎」がSalesforceに対応、情報漏洩リスクのある設定を自動修復

~NTTデータ・NTTテクノクロス・JSOLで協業し、セキュアなクラウド活用を支援~

NTTテクノクロス株式会社

2022-06-20 16:00

株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)とNTTテクノクロス株式会社(以下、NTTテクノクロス)と株式会社JSOL(以下、JSOL)は、CRM(顧客管理)ソリューション「Salesforce」を利用している企業を対象に、情報漏洩リスク対策を支援するSalesforce対応版のA-gate®︎(注1)を2022年6月20日より提供開始しました。3社がSalesforceにおける全設定項目とAPIを網羅的に調査し、本サービスを実現しました。
Salesforceをセキュアに利用するためには、利用企業の責任にてアクセス制御の権限などを適切に設定・維持する必要があります。本サービスでは、漏洩リスクに直結する設定変更が行われた場合に検知・自動修復します。外部ユーザーによる意図しない情報アクセスを防ぐだけでなく、企業のセキュリティー対策の稼働を削減します。
 今後は、強固なセキュリティーを求めるあらゆる業種のお客さまへ提供の拡大を目指します。

【背景】
 近年、非対面営業やECの拡大などの行動変容に伴い、企業において、株式会社セールスフォース・ジャパンが提供するSalesforce製品の導入が進んでいます。
 Salesforceは、ビジネスパートナーとの情報共有や、インターネットユーザーとのコミュニケーションサイトなど、営業活動を推進する有用な機能を多く備えており、企業ごとに多様な設定も可能です。一方で、Salesforceは営業活動において重要データや顧客情報を取り扱うため、多様な設定項目に関して情報漏洩のリスクにつながる設定ミスや誤操作による誤った参照権限の付与を防ぐ必要があり、その対応が企業の課題にもなっています。
 NTTデータは、これまでにパブリッククラウド活用ソリューションA-gate(注1)の提供を通じて、企業におけるセキュリティーガバナンス構築支援をしてきました。Salesforceサービスにおいても、2022年1月に発行されたNelson Hall社のアナリストレポートによって、業界リーダーとして格付けされています。(注2)また、NTTテクノクロスはSalesforce導入実績と業界トップクラスのエバンジェリストが活躍しており、JSOLはコンサルティング力を最大の強みとし、Salesforceの価値を最大限に生かした「顧客伴走型」での問題解決を得意としています。
 そこで、NTTデータ、NTTテクノクロス、JSOLの3社は各社のSalesforceに関する先進的な技術と有識者を結集し、企業の課題を解決する新サービスを提供することとしました。

【概要】
 本サービスでは、設定ミスなどで情報漏洩リスクのある状態となった場合に、即時に検出して自動修復する「検知修復機能」を提供します。Salesforce利用企業に代わって、A-gateが多様化・複雑化するSalesforce製品の設定項目・APIにおいて、情報漏洩に直結する箇所を特定し定義することで、セキュアな環境を実現します。
 また、Salesforceのアップデートを確認し、検知修復機能を追加する「アップデート対応」を行います。Salesforceは年に3回の大規模アップデートが予定されており、毎回500項目以上の機能追加があります。ユーザーニーズに対応した機能追加や最新技術が適用されるため、利便性が向上する反面、利用企業による機能追加の検証が不十分な場合、アクセス経路や情報共有機能を意図せずに追加してしまうこともあります。これらに対してA-gateではアップデートにおける情報漏洩リスクのある機能追加がないかを総点検します。利用企業は、本来、Salesforceに精通した技術者を自社で確保し、影響確認を継続して実施していく必要がありますが、A-gateを利用することで大幅に軽減されます。

【利用料金】
 A-gate公式サイト記載のお問い合わせ先にご連絡下さい。

【今後について】
 NTTデータ、NTTテクノクロス、JSOLは、さらなるセキュリティー対策の高度化・効率化を追求しながら、Salesforce対応版のA-gateを、5年後に50社へ導入することを目指します。

A-gate(Salesforce)| NTTデータ
(リンク »)

Salesforce運用監視ツール 運用支援スイート | NTTテクノクロス
(リンク »)

Salesforceソリューション| JSOL
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

注1 A-gateは「クラウドセキュリティ基盤」と、「マネージドCCoE」により、パブリッククラウド活用を体制面、システム面の両輪で支援するNTTデータのソリューションです。
(リンク »)

注2 NelsonHall社の「Salesforce Services」に関するレポートにおいてリーダー評価を獲得
(リンク »)

・A-gateは株式会社NTTデータの登録商標です。

・Salesforce、Sales Cloud、およびその他はSalesforce.com,Inc.の商標であり、許可のもとで使用しています。

・その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]