編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

SAS、独立系調査会社がリアルタイム・インタラクション管理のリーダー企業に選出

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2022-06-21 11:07


本調査で唯一、ベンダーのロードマップに対する完璧なリファレンス評価を獲得

アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:シュクリ・ダバギ、以下 SAS)は、『Forrester Wave™:Real-Time Interaction Management, Q2 2022』(2022年第2四半期のリアルタイム・インタラクション管理調査)のMarTech(マーテック)ソリューション分野の評価において、機能を提供するリーダー企業2社のうちの1社として選出されました。

現代のブランド・マーケターが、カスタマー・エクスペリエンス(CX)の優先を継続するなか、次年度に最大ROIの達成に向け、ネクスト・ベスト・エクスペリエンス(NBX)を提供するための意思決定エンジンとカスタマー・ジャーニー・オーケストレーション機能を備えたMarTechソリューションは、不可欠になっています。

SASのリアルタイム・インタラクション管理(RTIM)サービスであるSAS® Customer Intelligence 360( (リンク ») )は、意思決定における仲裁、測定、最適化、イノベーション・ロードマップ、市場アプローチ、サポート製品・サービスの分野で最高スコアを獲得しました。統合とユーザビリティの分野において、SASは評価の対象となった全ベンダーの中で最高のスコアを獲得しました。

本調査では、「SASは、カスタム分析モデルの微調整によって、顧客の成功を効果的なビジネス・オペレーションと整合させることで差異化を図っています。その高度なアナリティクス能力を適用することで、顧客エンゲージメントだけでなく、リスクや不正の管理などのオペレーション・ユースケースでもNBXの意思決定を行えるようにしています。そのロードマップは、あらゆるスキルセットの人々のために、顧客の理解、インテリジェントな意思決定、ジャーニー管理をさらに民主化することを約束しています。」とまとめています。

加えて、「ビジネス全体を通じて、変化する顧客からの信号に基づいた顧客プロファイルを監視、更新するリアルタイム『顧客状態サービス』を備えるSASは、この評価のすべてのデータおよびアナリティクス基準において卓越しています。SAS Intelligent Decisioningは、これらのプロファイルを利用してモデルをリアルタイムに実行し、多くのRTIMクライアントもSAS Visual Data Science DecisioningおよびSAS Event Stream Processingを利用しています」と記しています。

SASのマーテック・ソリューション・マーケティング責任者であるジョナサン・モラン(Jonathan Moran)は、次のように述べています。「今回の評価でForresterから2社のリーダー企業の1社として評価されたことを、光栄に思います。コンシューマー環境のデジタル化とオンデマンド化が進むなか、ブランドにとって、顧客の行動変化を特定し、その変化にインサイトを適用することで、あらゆるエンゲージメント・チャネルに意思決定やネクスト・ベスト・プラクティスの提供を可能にすることが重要です。クラス最高の顧客データ・プラットフォーム (英文)( (リンク ») )に支えられたSASのRTIMサービスは、これらの機能を世界中のブランドに提供します」

また、本調査レポートでは、SASの顧客リファレンスは「本調査で唯一、ベンダーのロードマップに対する完璧なリファレンス評価を獲得」しています。SASのある顧客からは、「SASの実行チームは我々と一緒に業務を遂行しています。彼らは我々が行うすべてのことを全力でサポートしてくれることを知っています」と述べています。

SAS Customer Intelligence 360は、強力なアナリティクス機能と人工知能機能に支えられたアダプティブ・プランニング、ジャーニー・アクティベーション、埋め込み型リアルタイム意思決定エンジンを提供することで、マーケターがリアルタイムのパーソナライズされたカスタマー・エクスペリエンス( (リンク ») )を創造、拡張できるようにします。SAS Intelligent Decisioningは、マーケティング以外の機能を拡張することでこれらの機能を補完し、カスタマー・エクスペリエンス全体を構成する日々の業務における何千もの判断で(製品価格の決定、与信限度額の設定、不正の検出など)、ユーザーがリアルタイムに次善の行動を規模に応じて自動的に定義できるようにします。

*2022年5月31日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリース( (リンク ») )の抄訳です。
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。
その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]