編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

共有ワークステーションでレガシー認証が機能していない本当の理由

SCSK株式会社 ネットワークセキュリティ部

2022-07-06 09:00

SCSK株式会社ネットワークセキュリティ部は「共有ワークステーションでレガシー認証が機能していない本当の理由」を公開しました。
###

多くの企業では、セキュリティリスク、高額のITコスト、ユーザーの不満の原因となっているパスワードやモバイルベースのソリューションであるレガシー認証に悩まされています。 共有ワークステーションや共有デバイス環境を持つ組織では、これらの問題は更に深刻です。 ヘルスケア、製造、小売、サービス、金融、エネルギー、公共事業、石油・ガス、教育などの業界で一般的に使われている共有ワークステーションでは、実際には最もリスクの高い慣行が適用されているのです。

共有ワークステーション環境で、ユーザーの危険な行動が助長される原因と問題への対応策

まず、ヘルスケア業界から見ていきましょう。 米国国立医学図書館による最近の調査では、医療従事者の73.6%が電子健康記録(EHR)へのアクセスに他のスタッフの認証情報を使用していると報告しています。 研修医の場合は、この割合が100%まで跳ね上がります。インターンや往診医が資格を持っていない場合や権限が不十分な場合もありますが、必ずしもこれが原因とは限りません。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]