編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

【大京】関西初の「高層ZEH-M Ready」仕様、56%省エネのマンション「ライオンズ千林大宮レジデンス」ギャラリーオープン

オリックス株式会社

From: Digital PR Platform

2022-06-30 15:00


株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:深谷 敏成)は、2022年7月2日(土)より、大阪府大阪市で開発中の分譲マンション「ライオンズ千林大宮レジデンス」(地上15階建て、総戸数69戸)のマンションギャラリーを一般公開しますのでお知らせします。

(リンク »)
外観(イメージ)




(リンク »)
エントランス(イメージ)



本物件は、京阪本線「千林」駅徒歩4分、Osaka Metro谷町線「千林大宮」駅徒歩6分と2駅2路線が利用可能です。両駅からは、大阪三大商店街の一つ※1「千林商店街」や「今市商店街」にアーケードで直結しているため、通勤・通学やショッピングなど、雨でも傘を差さずに移動ができます。梅田エリアへ電車で直通12分など、都心部へのアクセスも快適です。

本物件の間取りは、2LDK・3LDK(65.81㎡~85.30㎡)、全7タイプを揃えます。1階には、屋外テラスや中庭とつながり、陽ざしと緑を感じられる開放的なラウンジを設けています。

また、関西の分譲マンションで初めて※2「高層ZEH-M Ready(ゼッチ・エム・レディ)」※3を取得しました。高断熱・高効率設備などを導入することに加え、太陽光発電によりエネルギーを創出し、住棟全体で一次エネルギー消費量を56%削減します。さらに、電気・ガスのエネルギー供給インフラが途絶しても一週間以上の生活持続が可能な大京オリジナルの防災システム「SONA-L SYSTEM(ソナエルシステム)」に、電気自動車を活用したV2X※4の技術を初めて融合しました。敷地内のカーシェアリング用電気自動車のバッテリーから、共用部の照明やエレベーターなどへの給電が可能で、災害時のレジリエンス※5をさらに強化します。

当社は、今後もお客さまのニーズにお応えする快適な住まいづくりに努めてまいります。

※1 出典:「千林商店街」ホームページ( (リンク ») )
※2 株式会社大京調べ
※3 強化外皮基準や、再生可能エネルギーを含め一次エネルギー消費量を50%以上75%未満削減するなどの要件を満たした集合住宅のこと
※4 Vehicle to Xの略。自動車とさまざまなモノとの接続や相互連携を行う技術の総称
※5 災害時のリスクに対処し、被害を最小化する力

■「ライオンズ千林大宮レジデンス」の特長
1. 「千林商店街」とアーケードで直結、大阪都心部へのアクセスも良好な立地
本物件は、京阪本線「千林」駅徒歩4分、Osaka Metro谷町線「千林大宮」駅徒歩6分に位置します。両駅から本物件までは、約660メートルにわたって約220店舗※1が並ぶ「千林商店街」や「今市商店街」とアーケードで直結しているほか、京橋や大阪・梅田などの都心エリアへも電車で直通15分圏内など、快適なアクセスを有します。周辺は商店街の活気がありながらも、落ち着いた生活しやすい環境です。


(リンク »)
千林商店街



2. 「高層ZEH-M Ready(ゼッチ・エム・レディ)」など、さまざまな環境認証を取得
関西の分譲マンションで初めて「高層ZEH-M Ready(ゼッチ・エム・レディ)」を取得しました※6。断熱性能の向上、高効率な設備機器の導入、太陽光発電設備の導入により家庭の一次エネルギー消費量を住棟全体で56%削減します。また、大阪府の建築物の環境配慮制度において「総合評価星4」を取得し、「低炭素住宅」にも認定されています。エネルギーを効率的に使用することで、快適・健康的に過ごしながら、光熱費を節約でき、環境にもやさしい暮らしを提供します。

当社は、2018年に「ライオンズ芦屋グランフォート」にて、日本初の「Nearly ZEH-M」を取得し※7、これまで16件におよぶZEH仕様の分譲マンションを供給しています。また展開する全ての分譲マンションにおいて、原則「ZEH-M Oriented」基準を満たす方針のもと、開発を推進しています。


(リンク »)

※6 2021年9月29日付プレスリリース:環境省「令和3年度 高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)支援事業」大京・穴吹工務店で2事業が採択決定( (リンク ») )
※7 2018年7月10日付プレスリリース:「ライオンズ芦屋グランフォート」にて日本初 「Nearly ZEH-M(ニアリー ゼッチマンション)」を取得( (リンク ») )
※8 上記図( )内は一次エネルギー消費量削減率

3. 太陽光発電設備×蓄電池×V2Xで災害レジリエンスをさらに強化
大京オリジナルの防災システム「SONA-L SYSTEM(ソナエルシステム)」に、当社初の試みとして、電気自動車を活用したV2Xの技術をこのたび融合しました。SONA-L SYSTEMとは、停電になった際、建物内に設置された太陽光発電設備と蓄電池から、共用部の照明やエレベーター、生活用水を送る給水ポンプへ時間制御によって給電を行い、災害時でも一週間以上ライフラインを維持することができるシステムです。今回のV2Xシステムによって、カーシェアリング用電気自動車のバッテリーで電気を供給可能とし、災害に対するレジリエンスを強化します。

(リンク »)
SONA-L SYSTEM概念図



4. 陽ざしと緑を感じるラウンジ
1階共用部には、エントランスにつながる入居者専用のラウンジを設置します。特長ある木格子やデザイン壁をアクセントとして取り入れます。屋外テラスや中庭とつながり、陽ざしと緑を感じられる開放的な空間です。

(リンク »)
ラウンジ(イメージ)



5. 物件概要
所在地:大阪府大阪市旭区今市2丁目3番他(地番)
交通:京阪本線「千林」駅徒歩4分、Osaka Metro谷町線「千林大宮」駅徒歩6分
構造・規模:鉄筋コンクリート造、地上15階建て
総戸数:69戸
専有床面積:65.81㎡~85.30㎡
間取り:2LDK、3LDK
着工日:2021年3月15日
竣工日:2023年10月26日(予定)
入居開始日:2023年10月30日(予定)
設計:高松建設株式会社
施工:高松建設株式会社
売主:株式会社大京
URL: (リンク »)

■位置図


(リンク »)


※大京はオリックスグループです。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オリックス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]