編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

SAS、グローバル独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)として2022年度Microsoftパートナー オブ ザ イヤーを受賞

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2022-07-14 11:27



(リンク »)


アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、グローバル独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)として、2022年度Microsoftパートナー オブ ザ イヤー受賞したことを発表しました。SASは、Microsoftのテクノロジーに基づくカスタマー・ソリューションのイノベーションと実装において卓越した実績を示したとして、Microsoftのトップ・パートナーとして世界的に認められました。

SASのコーポレート・プログラム担当シニアバイスプレジデントであるギャビン・デイ(Gavin Day)は、次のように述べています。「SASとMicrosoftは、お客様がクラウド上でより良い意思決定を容易に行えるようにすることを共通の目標として、2年前に戦略的パートナーシップ( (リンク ») )を締結しました。この受賞は、両社の知見の組み合わせが、世界のさまざまな業界の組織が抱えるアナリティクスに関連した困難な課題解決に貢献していることを明示しています」。

SASとMicrosoftはSAS® Viya® on Microsoft Azureを利用して、移行とモダナイゼーションを図るお客様を支援するための新たな手法を模索し続けています。

SAS Viya on Azureの顧客( (リンク ») )(英文)であるフィンランドのS-Bank社の製品およびIT担当シニアバイスプレジデント、イイッカ・クオサ(Iikka Kuosa)氏は、次のように述べています。「SAS Viya on Azureを利用して、ターゲットを絞り込んだオファーとカスタマー・サービスの向上を図ることで、お客様により良いサービスを提供し、お客様との長期的な関係を築くことができます。我々は、より優れた意思決定を可能にし、動機への理解を深め、進化するお客様のニーズに応え続けるために、データを活用する必要があります」。

Microsoft パートナー オブ ザ イヤーは、過去1年間にMicrosoftを基盤とした優れたアプリケーション、サービス、デバイスを開発、提供したMicrosoftパートナーを認定するものです。世界100か国以上から寄せられた3,900を超える候補の中から、さまざまなカテゴリーに分類された受賞者が選ばれます。SASは、傑出したソリューションとサービスを提供するグローバルISVとして認定されました。

グローバルISV パートナー オブ ザ イヤーは、Microsoftがグローバルで管理するISVの中で、Microsoftと世界規模で緊密なパートナーシップを結び、お客様重視の姿勢と成功を示したISVを認定するものです。受賞パートナーは、Microsoftのクラウド・プラットフォーム上にソリューションを構築することで、明確に差別化された価値とカスタマー・エクスペリエンスを提供します。パートナーのソリューションは、製品の差別化、ソリューションの革新、新しいビジネス・モデルやアプローチの構築にMicrosoft Cloud Platformを活用する優れた事例を提供します。さらにパートナーは、Microsoftとのエンゲージメントが、特にMicrosoftのパートナー・プログラムやサービスを活用することにより、ビジネス成長をどのように加速させてきたかを示します。

Microsoftのグローバル・パートナー・ソリューション担当コーポレート・バイスプレジデントであるニック・パーカー(Nick Parker)氏は、次のように述べています。「2022 Microsoft パートナー オブ ザ イヤーの受賞者とファイナリストを発表できることを光栄に思います。これらのパートナーは、並外れた候補たちの中でも傑出した存在です。Microsoftのクラウド・テクノロジーの革新的な利用方法と、各社の顧客に与える影響にはいつも感心させられます」 。

Microsoft パートナー オブ ザ イヤーは、毎年、グローバル・パートナー・カンファレンス「Microsoft Inspire」(2022年7月19~20日開催)以前に発表されます。2022年の詳細については、Microsoftパートナー・ネットワーク・ブログ( (リンク ») )(英文)を参照ください。カテゴリー、受賞者、ファイナリストのリストについては、 (リンク ») を参照ください。

*2022年6月28日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリース( (リンク ») )(英文)の抄訳です。
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。
その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]