Autodesk University 2022、グローバルカンファレンスを開催

オートデスク株式会社

From: Digital PR Platform

2022-09-28 17:40


米国Autodesk社(本社:米国カリフォルニア州/代表取締役社長兼CEO:アンドリュー・アナグノスト、NASDAQ: ADSK)は、2022 年 9 月 27 日から 29 日(日本時間 9 月 28 日から 30 日)まで、デザインとものづくりのカンファレンス「Autodesk University (AU) 2022 < (リンク ») >」を開幕します。
2 年間のオンラインでの開催を経て、今年は対面型のイベントをニューオーリンズにて開催し最高の学習体験を提供します。

建築・エンジニアリング・建設、設計・製造、メディア & エンターテイメントの最前線に立つ業界の専門家やリーダーが一堂に会します。昨今、これらの業界の企業や組織は、サプライチェーンの混乱や人手不足、分散したチーム体制などの前例のない課題に直面しています。AU では、Autodesk のほか、ニューオーリンズ市、ハーバードビジネススクール、英国南極研究所、Amazon Studios、BBi Autosport や業界をリードする企業・団体の講演者が、人、プロセス、テクノロジーをつなげることで、どのようによりよい成果を上げているのかを共有します。

Autodesk の社長 兼 最高経営責任者アンドリュー・アナグノスト(President and CEO Andrew Anagnost)は次のように述べています。

「業界では、デジタルツールの採用が進んでいますが、多くの人々はこれまでとは変わらず、自分が担当する業務プロセスが分断されたままで、貴重なデータを効果的に活用できていない状況です。今こそ、デジタルトランスフォーメーションの恩恵を存分に享受していただくチャンスです。Autodesk の新たなクラウド機能により、Autodesk製品を利用するイノベーターやクリエイターの皆様の生産性や収益がさらに向上します。」

Autodesk は、お客様のデジタルトランスフォーメーションの促進を支援し、クラウド内の複数のワークフローを繋げることで、業務をよりよい結果へと導いています。AU では、Autodesk Forma、Autodesk Flow、Autodesk Fusion の Autodesk の 3 つの業界別のクラウドを紹介します。Autodesk Platform の一部であるこれらの業界別のクラウドは、プロセスをつなげることで新たな働き方を推進します。



Autodesk Forma:建築・エンジニアリング・建設業界向けのクラウドです。設計、建築、建設環境の運用をするチームの BIM ワークフローを統合します。今回発表するForma は、BIM プロセスをプランニングや初期設計の段階にまで広げるのに役立ちます。
Autodesk Flow:メディア & エンターテインメント業界向けのクラウドです。初期の構想から最終納品までの製作ライフサイクル全体で、顧客のワークフローやデータ、チームをつなげます。Flow で提供される最初のクラウド製品では、資産管理にフォーカスすることで、製作プロセス全体を通した資産管理を可能にします。
Autodesk Fusion:設計・製造業界向けのクラウドです。設計から製造現場、販売までの製品開発ライフサイクル全体にわたり、顧客が扱うデータと人をつなげます。今回、提供されるクラウド製品の Autodesk Fusion は、Fusion 360、Autodesk Fusion 360 Manage with Upchain と Prodsmart です。


Autodesk の CTO ラジ・アラス(Raji Arasu)は次のように述べています。
「Fusion 360 はプロジェクト ライフサイクルの上流から下流までをつなぐコネクテッド環境を提供するという Autodesk のクラウド戦略を体現する好例です。各業界のクラウドを構築する、セントラル・クラウド・インフォメーション・モデルによって、共同作業者がそれぞれ利用する異なるデバイス上で、業務に必要なデータを適切なタイミングで入手することを可能にします。」

これら 3 つのクラウドを支えるのは、これまで「Forge」と呼ばれていた各業界を横断する API とサービスからなる Autodesk Platform です。Autodesk Platform では、ソリューションのカスタマイズや革新的なワークフローの設定、他のツールとデータを Autodesk のプラットフォームへ統合することが可能になります。

Autodesk University 2022 は、ニューオーリンズの会場でのライブに加えて、世界中にオンライン配信されます。Autodesk の製品の説明会やトレーニングに加え、メインステージ セッション、パネル ディスカッション、ソート リーダーシップ プレゼンテーション、業界ケーススタディなどを開催します。
業界や製品の専門家による 450 を超える講座< (リンク ») >が開講され、参加者はデザインとものづくりの未来についてのインサイトを得ることができます。また AU では、学習コンテンツや職能開発、刺激的な業界のトピックなどを、年間を通して無料でお楽しみいただけます。Autodesk University 2022 の詳細については、こちら< (リンク ») >をご覧ください。

Autodesk について
Autodesk はデザインやものづくりの手法を様々な分野で変革しています。環境にやさしい建物やクリーンな自動車、スマートな工場、大作映画まで、ありとあらゆるものづくりにAutodesk のソリューションが使われています。製造から建築土木、メディア & エンターテインメントまでの幅広い分野において、Autodesk は、あらゆるものづくりの変革を実現するプラットフォームカンパニーとして、新たな可能性を実現し、より良い未来を築き上げる世界中のイノベーターを支援します。詳細については、 (リンク ») をご覧になるか、Autodesk のソーシャルメディアをフォローしてください。

Safe Harbor Statement
This press release contains forward-looking statements regarding Autodesk industry clouds and Autodesk Platform Services and are not intended to be a promise or guarantee of future availability of products, services, or features but merely reflect our current plans based on factors currently known to us. For a list and description of risks and uncertainties related to these forward-looking statements, see the company’s Quarterly Report on Form 10-Q for the fiscal quarter ended July 31, 2022, which is on file with the U.S. Securities and Exchange Commission.
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]