「スマート振込承認」 ランドネットさまでの採用が決定 不動産業界における仕入れ決裁、振込業務DX、お客さま満足度向上に寄与

GMOあおぞらネット銀行株式会社

From: PR TIMES

2022-12-01 17:46

 GMOあおぞらネット銀行(以下、当社)は、インターネットバンキング上では行えない、事業会社さまの作業や承認フローに合わせた振込データの入力や承認権限設定により、スムーズな銀行振込手続きを実現する「スマート振込承認」サービスを提供しております。
 このたび、不動産販売業の導入第1号企業として、株式会社ランドネット(以下、ランドネットさま)での採用が決定し、12月1日よりご利用を開始されます。
 「スマート振込承認」の導入により、ランドネットさまにおける関係者の承認フローや振込業務の効率化、お客さま満足度(CS)の向上をサポートすると共に、引き続き「スマート振込承認」の導入効果が期待できる各企業さまへの提案を強化し、日本のDX推進に寄与してまいります。



[画像: (リンク ») ]



【ランドネットさまの導入に見る不動産業界の振込業務DX推進について】

 不動産業界において、売買や賃貸の契約、物件の移転登記、引渡しといった業務は、縁起が良いとされる大安や月末に集中する傾向にあります。また、営業担当者は当日、お客さまのほか、仲介業者や司法書士など複数の関係者と書類や物件の確認等を行いながら、複数の振込指示をタイムリーに行う必要があります。その結果、経理担当者は月末に集中する営業担当者からの電話連絡受付、口座内容の最終確認、1つの案件に対する複数の振込といった煩雑な処理を限られた時間で対応しなければならない状況となっており、不動産業界共通の問題でした。
 この問題に対し、「スマート振込承認」をご利用いただくことで、営業担当者は現地でスマートフォンやタブレット端末から「スマート振込承認」にアクセスし振込依頼や承認を行え、さらに振込結果の確認も、スマートフォンやタブレット端末から、場所や時間を問わず行うことが可能となります。また、経理担当者は口座内容を事前に確認や1つの案件に対する複数の振込を一度に行うことができます。これらの効率化は結果としてお客さまをお待たせする時間を削減し、サービス・お客さま満足度の向上にも繋がります。
 ランドネットさまは、「スマート振込サービス」がお客さま、営業担当者、経理担当者すべてにメリットがあり、DX推進を目指す企業理念に沿うものであるとして、このたび本サービスを導入いただくことを決定されました。


【スマート振込承認について】

<特長>
●振込データの一括アップロードにより、入力業務の負荷を軽減します
●請求内容・契約単位で最大10件の明細入力と、一括承認が可能。スマートな振込データ管理を実現します
●振込先(口座名義人)の事前確認が行えるため、誤送金のリスクを軽減します
●最大7段階まで設定できる多段階認証と、代理承認機能により、柔軟な承認フローに対応します
●請求書等のファイル添付・参照が可能なため、振込明細との照合がスムーズに行えます

<導入効果が期待できる業種・企業>
不動産会社、買取業者、会計・税理士事務所、振込代行業者 等

<導入効果>
●煩雑な手続きが簡単・スピーディーに行える
振込明細の一括アップロードにより振込に係る事務手続きを効率化します。
また、スマートフォンやタブレット端末からのアクセスが可能なため、承認業務もスムーズに行うことができます。
●コストを削減
「スマート振込承認」内で、データの管理や、確認・承認が行えるため、これまで振込や承認の際の電話やメール対応を行っていた人の人件費や、書類管理コストを削減します。
●不正利用・書類紛失リスクを軽減
「スマート振込承認」内で、書類をデータ管理するため、手続き書類の紛失リスクが軽減します。
また、振込に係る操作をすべて「スマート振込承認」内で行えるため、口座や支払いの管理も行いやすくなります。


【株式会社ランドネットについて】

 株式会社ランドネットは、「人生100年時代」を見据えながら、不動産の資産運用コンサルティングを行う総合不動産商社として、中古マンションの売買・仲介・賃貸管理・リフォームリノベーションを一気通貫して行っております。
 創業以来、日本全国の区分マンションを中心とした取引データを収集・蓄積し、内製化されたシステムを活用することで効率的な事業活動が可能となり、エリアを問わず多種多様な物件の取り扱いを実現しております。
 「不動産の流通・再生・運用する」という理念に基づき、サービスの拡充を行いながら、お客さま一人ひとりに寄り添った資産運用のサポートに努めております。


【GMOあおぞらネット銀行株式会社について】

 「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」をコーポレートビジョンに掲げ、新しいネット銀行として2018年7月に誕生しました。システム開発を内製化することで、お客さまに寄り添った金融・決済サービスをスピード感をもって提供しています。オンラインでの口座開設申込や、申込から利用開始までのスピード、各種手数料の安さ、利便性の高い資金調達サービス、銀行APIの充実などを理由に、スモール&スタートアップ企業のお客さまを中心にご利用が急増していることを受け、中長期の戦略として3つの大きな柱「1.スモール&スタートアップ企業向け銀行No.1」、「2.組込型金融サービスNo.1」、「3.テックファーストな銀行No.1」を掲げ、“お客さまのビジネスの成長=当社の成長”として、共に成長する銀行であるべく、当社一同、新たなシステムの開発や、サービスの提供などに向けて邁進しております。

【参考URL】
法人のお客さま向けTOPページ (リンク »)
スマート振込承認  (リンク »)

【GMOあおぞらネット銀行株式会社 会社概要】
本店:東京都渋谷区道玄坂1―2―3 渋谷フクラス
代表者:代表取締役会長 金子 岳人、代表取締役社長 山根 武
資本金:216億2,995万円
設立年月日:1994年2月28日
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]