ナノファイバー市場、2027年に39億8,740万米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2022-12-06 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ナノファイバーの世界市場:産業動向、シェア、規模、成長、機会、2022-2027年の予測」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月5日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界のナノファイバー市場は、2021年に9億8,360万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は25.79%のCAGRで成長し、2027年には39億8,740万米ドル規模に達すると予想されています。
ナノファイバーとは、直径が100ナノメートル以下の繊維のことです。ナノファイバーは合成されたもので、様々な目的のためにカスタマイズすることができます。ナノファイバーの直径は様々で、使用するポリマーの種類や製造方法によって決まります。ナノファイバーは、磁気紡績、電気紡績、力紡績、ロータリージェット紡績など、いくつかの技術を用いて製造することができます。これらの繊維は、軽量で柔軟性に富み、高い空隙率と機械的強度を備えているのが特徴です。さらに、従来のマイクロファイバーと比較して、細孔構造の制御が可能で、表面積対体積比が高いことも特徴です。

市場の動向
ヘルスケア産業が発展していることが、世界のナノファイバー市場の成長を促しています。抗体をコーティングしたナノファイバーは、血流中に存在する個々のがん細胞を捕捉したり、損傷した関節の軟骨の生成を促進したりするのに利用されています。また、手術用のガウンや使い捨てのフェイスマスクの製造にも使用されています。また、ナノファイバーが不可欠な要素となっているバイオセンサーの需要がヘルスケア業界で高まっていることも、市場の成長に貢献しています。さらに、繊維産業では、耐熱性および耐水性の生地の生産にナノファイバーが広く利用されています。さらに、ナノファイバーを含む布地は、紫外線(UV)から皮膚を保護し、がんになる可能性を低減します。さらに、持続可能な発電のためにナノファイバーを使用する傾向が強まっており、塗料・コーティング業界では空気ろ過にも使用されていることから、市場の展望はさらに明るいものとなっています。

主要な市場区分
世界のナノファイバー市場は、製品、技術、用途、地域に基づいて細分化されています。

製品別の市場区分
・カーボンナノファイバー
・セラミックナノファイバー
・複合材ナノファイバー
・ガラスナノファイバー
・金属ナノファイバー
・ポリマーマネジメントナノファイバー
・その他

技術別の市場区分
・磁気紡績
・電気紡績
・フォーススピニング
・ロータリージェットスピニング
・その他

用途別の市場区分
・エレクトロニクス
・ヘルスケア・バイオテクノロジー
・航空宇宙・防衛
・自動車
・化学
・エネルギー・電力
・その他

地域別の市場区分
・北アメリカ
・ヨーロッパ
・アジア太平洋地域
・中近東・アフリカ
・ラテンアメリカ



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]