データビークル、健康経営への取り組みをデータから支援するコンサルティングサービスを開始

株式会社データビークル

From: PR TIMES

2022-12-07 11:16

健康経営戦略をデータドリブンで支援するコンサルティングサービスを開発

株式会社データビークル(本社:東京都港区/代表取締役社長:油野 達也)は、健康経営への取り組みをデータ分析で支援するコンサルティングサービスを開始したことを発表します。





現在、経済産業省が主体となり「生涯現役社会の構築」を目指し、従業員等の健康管理を経営的視点から考え戦略的に実践する取組を多くの企業が進めています。その中でデータビークルでは、健康経営戦略マップの整備や分析テーマなどに関する意思決定に正確で迅速なエビデンス作成が必要と考え、健康経営戦略をデータドリブンで支援するコンサルティングサービスを開発いたしました。

このサービスは弊社副社長西内啓のノウハウと、データビークル社が開発したデータ分析ツール「dataDiver」を活用することで、従来に比べレポート、検証をリーズナブルかつ短期間に実現し健康経営の加速を支援します。
また本サービスは化粧品メーカー大手の株式会社資生堂などの健康経営に関する取り組みで採用されています。

「dataDiver」は 累計シリーズ50 万部発行のビジネス書のベストセラー「統計学は最強の学問である」の著者であり、データビークル最高製品責任者である西内啓がそのノウハウを詰め込んだ「現場が使える」拡張アナリティクスツールです。従来、分析に使われてきた BI(ビジネスインテリジェンス)と呼ばれるグラフ描画ツールとは異なり、統計学と機械学習の技術を応用してデータに基づく洞察を短時間で探し、最適な意思決定を支援します。


健康経営について

・経済産業省HPより
「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。
健康経営は、日本再興戦略、未来投資戦略に位置づけられた「国民の健康寿命の延伸」に関する取り組みの一つです。
(リンク »)


株式会社データビークルについて

2014年11月にデータサイエンス支援企業として設立されたデータビークルは、「データサイエンスの民主化」をキーワードにプログラミング知識なしで使えるデータサイエンスツールを開発、販売しています。また、多くの企業へのデータサイエンス支援の経験から、データ分析で成果を生み出すためのデータリテラシーを教育するDX人材育成研修プログラムの開発、提供も行っています。

・会社名:株式会社データビークル
・代表者:代表取締役CEO 油野 達也
・設立:2014年11月
・所在地:東京都港区東新橋2-9-1 CIRCLES 汐留8F
・事業内容:ビックデータの取得、解析、分析に関する事業 等
・URL: (リンク »)


株式会社資生堂について

・会社名:株式会社資生堂
・代表者:代表取締役 社長 CEO 魚谷 雅彦
・創業:1872年
・本店所在地:東京都中央区銀座7-5-5
・事業内容:化粧品の製造、その他
・URL: (リンク »)

(※ 本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。)

公式ページはこちらをご覧ください。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]