ウィズセキュア、2023年のサイバー脅威に関する予測を発表

~ AIを使ったサイバー攻撃やクラウド環境への攻撃が増加すると予測 ~

ウィズセキュア株式会社

2022-12-15 09:30

ウィズセキュアは、同社のセキュリティエキスパートによる、 2023年におけるサイバー脅威を取り巻く環境に関する予測コメントを発表しました。 1. 自然言語生成モデルがサイバー攻撃者に利用される 2. セキュリティ侵害を通じて、機械学習モデルを盗み出そうという試みが増える 3. クラウドに特化した攻撃が主流に 4. データ処理に必要な電力は、サステナビリティの枠において象のような存在となる 5. 2038年問題は思っているより早くやって来るため、今から準備が必要 6. マルウェアによる攻撃キャンペーンは、人間のスピードから機械のスピードへと移行する
先進的サイバーセキュリティテクノロジーのプロバイダーであるWithSecure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Juhani Hintikka、日本法人: 東京都港区、以下、ウィズセキュア) は、同社のセキュリティエキスパートによる、2023年におけるサイバー脅威を取り巻く環境に関する予測コメントを発表しました。

1. 自然言語生成モデルがサイバー攻撃者に利用される
Andy Patel (アンディ・パテル)
セキュリティコンサルタント

子供たちはすでに自然言語生成モデルを使って、宿題をごまかしています。サイバー攻撃者はこの技術を利用して、説得力のある偽のコンテンツを作成し始めるでしょう。こうしたモデルは、文法的に正しく、比較的よく書かれたテキストを作り出し、わずかな編集を加えるだけで完全な説得力と信憑性を持つに至ります。このような方法により、偽物のNGO/シンクタンク/政策関連サイト、そして標的型の高度なソーシャルエンジニアリングキャンペーンで使用されるフェイク企業のWebサイト、LinkedInで標的型フィッシングに使用されるような偽のソーシャルメディアプロフィールの作成に使用される可能性があります。

2. セキュリティ侵害を通じて、機械学習モデルを盗み出そうという試みが増える
Andy Patel (アンディ・パテル)

2022年末、AIアートをサービスとして提供するNovelAI社が侵害を受け、同社の持つAIモデルがインターネット上に流出しました。このようなサービスが増えれば増えるほど、AIモデルの流出や盗難が増えることが予想される。特に、これらのサービスプロバイダーのほとんどは、ユーザーにアクセス料を課しているためです。AIによる音声模倣技術が容易に利用できるようになり、ソーシャルエンジニアリング攻撃でより広く使用されるようになると予想されます。

3. クラウドに特化した攻撃が主流に
Leszek Tasiemski (レシェック・タシエムスキー)
プロダクト部門長

サイバー攻撃者は、クラウドに特化した攻撃手法をマスターしつつあります。これまでクラウドで観測される攻撃の多くは、従来の攻撃を「移植」したものです。クラウドインフラにおけるセキュリティ/監視/制御が難しいという点を突いて、攻撃がおこなわれており、今後はクラウドインフラの弱点/設定ミス/脆弱性などを狙ったクラウドに特化した攻撃が増加していくでしょう。クラウドIAMの考え方は複雑かつ多様であるため、特に保護が難化します。

4. データ処理に必要な電力は、サステナビリティの枠において象のような存在となる
Leszek Tasiemski (レシェック・タシエムスキー)

私たちは、データ通信やクラッキングに多くのエネルギーが必要であることを忘れてしまいがちです。2021年には暗号通貨関連を除いても約600TWh (テラワット時) の電力が消費されました。企業や個人は、消費電力を削減する方法を模索することになるでしょう。多くのデータセンターでは、すでに再生可能エネルギーへの転換がかなり進んでいます。また、今後予想されるのは、コードを実行するインフラだけでなく、ソフトウェア (コード) のエネルギー効率もより重視されるようになることです。エネルギーやクラウドの価格が高騰しているため、より効率的なソフトウェアが求められ、その効率性が競争におけるアドバンテージになる可能性が高いのです。最もエネルギーを消費する仕事の1つは、機械学習モデルのトレーニングです。AI技術アプリケーションのエネルギーフットプリントを最適化する革新的なアイデアが期待されます。 サイバーセキュリティにおいては、マイニングマルウェア/ソフトウェアの検出と除去がより一層求められるようになるでしょう。

5. 2038年問題は思っているより早くやって来るため、今から準備が必要
Tom Van de Wiele (トム・ヴァンドゥウィール)
プリンシパルスレット&テクノロジーリサーチャー

2038年問題には、テクノロジーが関連する、予見できる問題/予見できない問題の両方が徐々に露見し始めてきています。例えば、契約の終了日の計算、大きな買い物をした場合や産業界における保証の有効期限など、2038年が既に問題となるであろうものなどです。現在、そして今後数年間において起こるであろう最初の問題は、計画/タスク/PKI/その他未来の日付を使用しなければならないシステムに関係するものでしょう。メディアはこれを大げさに報道する可能性がありますが、それは必ずしも悪いことではありません。Y2Kの場合、コンピュータが現在ほど多くの人々の生活に密接に関連しておらず、影響も限定的だったため、いい啓蒙活動になったと言えます。しかし現在私たちが抱える問題は、2000年にCOBOLが使用されていた範囲と比較して、現在は基本的に主要なオペレーティングシステム/ライブラリ/ソフトウェアエコシステムはC/C++で動いているものが遥かに多い、いうことです。
これは、静観していれば通り過ぎていってくれるものではありません。企業は、自社の中核的なビジネスプロセスの一部として使用されている全てのソフトウェアについて、その場しのぎでない見直しを行い、ベンダーやメーカーが何をしているかを調べ、潜在的な問題を予測するための対話を開始しなければならないでしょう。また、サポートサービスやサードパーティが使用する技術を見直すためのプロセスが整備されていることを確認する必要があります。事業継続性とディザスタ リカバリの計画は、ほとんどの企業において脅威マップで上位に位置付けられます。サポートを受けるのに手間がかかったり高価だったり、または不可能だったりする、小規模または特注のソフトウェアに依存してきた企業にとっては、代替手段を探して移行する必要があります。

6. マルウェアによる攻撃キャンペーンは、人間のスピードから機械のスピードへと移行する
Mikko Hypponen (ミッコ・ヒッポネン)
主席研究員

マルウェアによる攻撃キャンペーンは、人間のスピードから機械のスピードへと移行していくでしょう。最も高い能力を持つサイバー攻撃者グループは、単純な機械学習技術を使用して、私たちの防衛手段に対する自動的なリアクションを含め、マルウェアキャンペーンの展開と運用を自動化する能力を獲得するでしょう。マルウェアの自動化には、不正な電子メールの書き換え、不正なWebサイトの登録と作成、検知を回避するためのマルウェアコードの書き換えやコンパイルなどの技術が含まれるようになると考えられます。

本リリースの内容をもとにした「Cyber SecurityサウナJapan」ポッドキャストは、以下のページにてご覧いただけます:
(リンク »)

WithSecure Webサイト:
(リンク »)
WithSecureプレスページ:
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

20221215_Experts

用語解説

WithSecureについて
WithSecure™は、ITサービスプロバイダー、MSSP、ユーザー企業、大手金融機関、メーカー、通信テクノロジープロバイダー数千社から、業務を保護し成果を出すサイバーセキュリティパートナーとして大きな信頼を勝ち取っています。私たちはAIを活用した保護機能によりエンドポイントやクラウドコラボレーションを保護し、インテリジェントな検知と対応によりプロアクティブに脅威を探し出し、当社のセキュリティエキスパートが現実世界のサイバー攻撃に立ち向かっています。当社のコンサルタントは、テクノロジーに挑戦する企業とパートナーシップを結び、経験と実績に基づくセキュリティアドバイスを通じてレジリエンスを構築します。当社は30年以上に渡ってビジネス目標を達成するためのテクノロジーを構築してきた経験を活かし、柔軟な商業モデルを通じてパートナーとともに成長するポートフォリオを構築しています。
1988年に設立されたWithSecureは本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるウィズセキュア株式会社を東京都港区に置いています。また、NASDAQ ヘルシンキに上場しています。詳細は www.withsecure.com をご覧ください。また、Twitter @WithSecure_JP でも情報の配信をおこなっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]