Brazeとのデータ連携を実現する「Reckoner for Braze」を提供開始

株式会社スリーシェイク

2023-02-28 09:00

株式会社スリーシェイク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田 拓真、以下スリーシェイク)が提供する、データ加工・連携ツール「Reckoner(レコナー)」は、Braze株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:菊地 真之、以下Braze )が提供するカスタマーエンゲージメントプラットフォーム「Braze」とのデータ連携を実現するサービス「Reckoner for Braze」(月額サービス利用料 5万円)を2023年3月1日より提供開始します。

最高のカスタマーエンゲージメントを実現するためには、カスタマージャーニーを正しく理解した上で、適切なデータを収集し、リアルタイムにコミュニケーション施策を展開する必要があります。一方で、マーケターは適切な施策を企画、展開する以前に、分散するシステムからデータを収集し、正規化する必要があり、IT部門の協力を含めて、多大な工数がかかっています。
Reckoner for Brazeは、これらデータやシステムに関わる課題を解決し、カスタマーエンゲージメントの高度化を支援します。
サービスサイト: (リンク »)

■「Reckoner for Braze」概要
データ加工・連携ツール「Reckoner(レコナー)」は、使いやすさを追求したETLツールとして、多くの企業にご利用いただいています。
Reckonerを活用することで、オンプレミス上にあるRDBやSFA/MA/CRMなどのSaaS製品を適切に、ノーコードで「ラクに」データ加工、連携を行うことができます。
「Reckoner for Braze」では、カスタマーエンゲージメントプラットフォーム「Braze」上の属性・イベント・購入データなどの多種多様なデータに対して、容易にデータ連携を実現します。

ご提供開始日:2023年3月1日〜
月額サービス利用料:50,000円 ~

※サービスの詳細については、下記よりお問合せください。
お問合せ先: (リンク »)

■「Reckoner for Braze」リリースについてのコメント

Braze株式会社 代表取締役社長 菊地 真之 氏
昨今のマーケティングは多様化する消費者の行動変容に即応するために、散乱したデータの鮮度を保ちながら活用し、マーケターの業務をシンプル、かつスピーディに実行することが重要になっています。今回のリリースにより、あらゆるデータソースがBraze上で即座に利活用することが可能になり、データマーケティングの民主化に繋がると考えております。

株式会社スリーシェイク 代表取締役社長 吉田 拓真
この度、「Reckoner for Braze」をリリースいたしました。
ノーコードで「ラクに」データの前処理ができるReckonerを利用することによって、Brazeの活用を充実化することができると考えております。今後ともお客様がより快適にデータ活用を行っていただけるように邁進してまいります。

■Reckonerとは
Reckonerはデータ加工・連携、データパイプラインツールです。
「仕様策定(プログラム設計)→ 実装 → テスト → 基盤構築 → 運用」と通常だと非常に煩雑なデータ連携を、Reckonerは全てGUIで完結。
データ活用をこれまでにない直感的な方法で実現可能です。
サービスサイト: (リンク »)

Reckonerでは今後もお客様のデータ統合を容易に実現するための機能をリリース予定です。
3月1日から3月31日までの期間にお申し込み頂くと、1ヶ月間の無料トライアルが可能です。
(リンク »)


■Brazeについて
日本語: (リンク »)
英 語: (リンク »)
Brazeは、消費者とブランドとの間のインタラクションを強化する、統合型カスタマーエンゲージメント・プラットフォームのリーディングカンパニーです。Brazeを利用することで、グローバルブランドは顧客データをリアルタイムで取り込み、処理し、文脈に応じたクロスチャネルマーケティングキャンペーンを編成・最適化し、顧客エンゲージメント戦略を継続的に進化させることができます。Brazeは、Great Place to Work誌の「Fortune's 2022 Best Workplaces in New York」「Fortune's 2022 Best Workplace for Millennials」「2021 UK Best Workplaces for Women」に認定されています。ニューヨークに本社を置き、オースティン、ベルリン、シカゴ、ロンドン、パリ、サンフランシスコ、シンガポール、東京、トロントにオフィスを構えています。
​​最新のお客様事例の紹介(日本): (リンク »)


【株式会社スリーシェイク】
スリーシェイクは、ITインフラ領域の技術力に強みをもつテクノロジーカンパニーです。2015年の創業から提供しているSREコンサルティング事業「Sreake(スリーク)」では、AWS/Google Cloud/Kubernetesに精通したプロフェッショナルが技術戦略から設計・開発・運用を一貫してサポートしています。またSRE領域で培ったノウハウをベースに、2020年4月にデータ加工・連携ツール「Reckoner(レコナー)」を提供開始し、ビジネス分析やマーケティングへのビックデータ活用を簡易に実現可能としました。以後、フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」やセキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」を提供開始し、DX時代における技術戦略設計からセキュアなアプリケーション開発、データ活用までを一貫提供可能な体制を進めています。

会社名 :株式会社スリーシェイク
代表者 :代表取締役社長 吉田 拓真
所在地 :東京都新宿区大京町22-1 グランファースト新宿御苑
事業内容 :SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」運営( (リンク ») )
セキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」運営 ( (リンク ») )
データ加工・連携ツール「Reckoner(レコナー)」開発・運営 ( (リンク ») )
フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」開発・運営 ( (リンク ») )
会社HP : (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社スリーシェイクの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]