バラクーダの調査により、 2022年にランサムウェアに攻撃された組織の38%は、繰り返し被害を受けていることが明らかに

バラクーダネットワークスジャパンは、レポート「2023年ランサムウェアに関する考察」を公開しました。

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2023-05-23 15:30

###

バラクーダの調査により、 2022年にランサムウェアに攻撃された組織の38%は、繰り返し被害を受けていることが明らかに
〜3回以上攻撃を受けた組織の42%は、暗号化されたデータの復元に身代金を支払っている〜

クラウド対応セキュリティソリューションのリーディングプロバイダーであるBarracuda Networks, Inc.(本社:米国カリフォルニア州キャンベル)の日本法人、バラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:鈴木真、以下「バラクーダネットワークス」)は、本日、調査レポート「2023年ランサムウェアに関する考察」を発表しました。本レポートは、独立系調査会社のVanson Bourneがバラクーダの委託を受けて実施したもので、米国、EMEAおよびAPAC諸国の従業員規模100~2500人のさまざまな業種の企業において、第一線から最上級職までのIT専門家を対象としています。

レポート(日本語版)のダウンロードはこちら
(リンク »)

ハイライト:

・調査対象企業の73%が、2022年にランサムウェア攻撃の被害を受けており、38%は2回以上被害を受けている
・3回以上攻撃を受けた被害者の42%は、暗号化されたデータを復元するために身代金を支払っている(1回だけ攻撃を受けた被害者では、同回答の割合は31%となっている)
・ランサムウェアの攻撃の69%は、メールから始まっている
・27%の組織が、ランサムウェアへの対策が不十分であると感じている


この続きは、以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]