Web会議RemoteMeeting、1ライセンスから利用可能に 100ライセンス以上の法人対象にリーズナブルな価格プランも新設

RSUPPORT株式会社

From: PR TIMES

2023-08-18 11:46

Web会議ツールの見直しを検討する企業にオススメなプランを提供

RSUPPORT株式会社(東京都港区、代表取締役:徐ヒョンス、以下「RSUPPORT」)が提供するWeb会議ツール『RemoteMeeting』は、8月18日(金)より既存「ユーザー課金」の最低購入ライセンス数を変更し、100ライセンス以上のご利用検討でお得に契約可能な「法人パック」を新設することをお知らせします。



[画像: (リンク ») ]

一般消費財以外でもSaaS・サブスクリプション市場での相次ぐ料金改定・値上げの動きがあります。こうした料金改定の中、定着してきたテレワークや今後のDX・業務改善でSaaSサービスはもはやビジネスでは欠かせない存在になっています。
Web会議システム「RemoteMeeting」では、ビジネスコミュニケーションツールとして定着したWeb会議ツールをより気軽に導入し、利用してもらえるように2023年8月18日(金)よりWeb会議システム「RemoteMeeting」ユーザー課金の最低購入ライセンスを5から1へ変更いたします。また、100ライセンス以上の大型顧客向けにユーザー課金をまとめてお得に契約いただけるボリューム割引プラン「法人パック」を新設しました。
今回のプラン改定・新設により、1ライセンスからサービスを試すことができ、より多くの企業がWeb会議システムをリーズナブルに利用することができます。

RemoteMeetingは、ひと月990円のリーズナブルな価格で、プログラムのインストールやアップデート無くWebブラウザで気軽にコミュニケーションができるWeb会議サービスです。Web会議初心者でも簡単に使える分かりやすいUI・UXを提供し、社内のWeb会議状況が可視化できるラウンジ機能やAI議事録や録画などの便利な機能など、オンライン上でも社内コミュニケーションをより活性化することができる機能を取り揃えています。
RSUPPORTは、今後も多くの企業が気軽く便利に使えるビジネスツールを開発・提供し、ビジネスを遠隔でサポート・生産性の向上を目指します。

料金プラン変更概要


1. 提供開始日
2023年8月18日(金)

2. 変更内容
(1)「RemoteMeeting」ユーザー課金の最低購入ライセンス数の変更
旧>月額 990円/1ユーザー(税別)
  最低購入数:5ユーザー
新>月額 990円/1ライセンス(税別)
  最低購入数:1ライセンス
※ライセンスは、会議を開催するために必要です。
管理者は保有しているライセンス数分のホスト(主催者)を指定することができます。
※管理者によるユーザーグループへのアカウント登録は無制限、会議開設にはホストライセンスが必要であることをより明確にするため、契約単位を「ライセンス」へ変更いたします。

(2)「RemoteMeeting」法人パックの新設
RemoteMeetingユーザー課金をまとめて購入できるプランです。100ライセンス以上ご利用される企業向けのお得なプランです。
※ご契約の単位は100ライセンスパックからとなります。
※価格はWeb上で公開しておりません。詳細・価格につきましては取扱代理店にお問い合わせください。


■Web会議サービス「RemoteMeeting」とは
RemoteMeetingは、インストール不要、Webブラウザ経由で簡単に会議を開始できるWeb会議サービスです。ラウンジといったオリジナル仮想会議室からのワンクリックでの会議参加や、AIを利用した他にはない便利機能で、初心者でも簡単に使いこなせると評判です。
画面・ドキュメントの共有機能はもちろん、画面録画、AIによる議事録作成機能を搭載した共同作業ツールとして出勤や長距離移動をせずにオンライン上での共同作業が可能で、テレワーク環境をすぐに作ることができます。
・紹介ページはこちら:www.remotemeeting.com
・無料トライアルはこちら: (リンク »)

■RSUPPORT株式会社について
会社名 :RSUPPORT株式会社
設立 :2013年12月(日本支店設立 2006年4月)
代表者 :徐 滎秀(ソ・ヒョンス)
所在地 :〒105-0001東京都港区虎ノ門1-2-20 第3虎の門電気ビル7階
事業内容:ウェブ基盤のリモートコラボレーションソリューションの開発とシステムの構築
主要サービス:
 遠隔アクセスツール「RemoteView」
 Web会議ツール「RemoteMeeting」
 遠隔サポートツール「RemoteCall」

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]