スリーシェイク、 Google の次世代言語モデル「PaLM 2」を活用した生成 AI 導入支援を開始

株式会社スリーシェイク

2023-08-24 09:00

株式会社スリーシェイク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田 拓真、以下スリーシェイク)が提供するSRE総合支援サービス「Sreake(スリーク)」は、 Google が提供する次世代言語モデル PaLM 2 を活用した「 生成AI スターターパック for Google Cloud 」の提供を開始することをお知らせいたします。
「 生成AI スターターパック for Google Cloud 」では、次世代言語モデル PaLM 2 を活用して、自社での業務改善や新サービスの開発のための基盤作りをご支援いたします。
「 生成AI スターターパック for Google Cloud 」の提供は、2023年8月22日より開始いたします。
詳細については、下記よりお問い合わせください。
(リンク »)

スリーシェイクは、創業当初よりSRE総合支援サービス「Sreake(スリーク)」を提供してまいりました。Google の提唱するSREの導入・実践に向けた、伴走型コンサルティングサービスとして、金融、製造、小売、AI、メディアなど、技術力が求められる様々な領域において、クラウドネイティブな技術導入や開発、運用プロセスの支援を行ってきました。

そして、この度、スリーシェイクはAIの最先端技術を用いて社会に新たな価値を提供すべく、 Google の次世代言語モデル PaLM 2 を活用した生成AI導入支援を開始いたします。「 生成AI スターターパック for Google Cloud 」は、次世代言語モデル PaLM 2 を、クライアント企業が自社の業務改善や新サービスで活用するための基盤作りのご支援を行うものです。
スリーシェイクは「 生成AI スターターパック for Google Cloud 」の提供を通じて、企業のAI活用と、新しい価値創造の実現に貢献してまいります。

詳細については、下記よりお問い合わせください。
(リンク »)

■「 生成AI スターターパック for Google Cloud 」の概要

・ PaLM 2 をチャットベースで動作させるための環境構築支援
PaLM 2 を社内のあらゆる従業員が利用できるようにするための環境を整備します。また、必要な場合には管理機能の実装もご支援します。
これにより、社内の全てのメンバーが PaLM 2 をスムーズに活用し、業務やタスクの効率を向上させることができます。

・Langchain ライブラリの活用による様々なAIモデルの統合
Langchain ライブラリを活用して様々なAIモデルを統合します。
これにより、企業は複数のAI技術を組み合わせて、幅広い用途に対応した効果的なAIソリューションを構築し、より高度で複雑なタスクや作業を実現できます。

・お客様環境のデータ基盤の整理
データ基盤の整理を効率的に行い、データの処理とアクセスをスムーズにします。
これにより、AIモデルの学習や適用に最適な形でデータが提供されるため、 PaLM 2 を効果的に活用することが可能となり、より高品質な結果を得ることができます。

また、今後、 Google Cloud の Enterprise Search が正式に一般提供された際には、導入のご支援も予定しております。

■「Sreake(スリーク) 」とは
「Sreake」は、スリーシェイクの主力事業であり、SRE(Site Reliability Engineering)の導入・実践に向けた日本初の伴走型コンサルティングサービスです。
金融、製造、小売、AI、メディアなど、技術力が求められる領域で、 Google の提唱するSREの考え方に基づき、クラウドネイティブな技術導入、開発/運用プロセスの支援をしています。
AWS、 Google Cloud 、 Kubernetes 、 Observability 、 DBRE、 MLOps などの最新技術の知見を集約し、文化も含めた「インフラ」を整備し、企業のSRE内製化をゴールとして支援します。
サービスサイト: (リンク »)

【株式会社スリーシェイク】
スリーシェイクは、ITインフラ領域の技術力に強みをもつテクノロジーカンパニーです。2015年の創業から提供しているSREコンサルティング事業「Sreake(スリーク)」では、 AWS / Google Cloud / Kubernetes に精通したプロフェッショナルが技術戦略から設計・開発・運用を一貫してサポートしています。またSRE領域で培ったノウハウをベースに、2020年4月にノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」を提供開始し、ビジネス分析やマーケティングへのビックデータ活用を簡易に実現可能としました。以後、フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」やセキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」を提供開始し、DX時代における技術戦略設計からセキュアなアプリケーション開発、データ活用までを一貫提供可能な体制を進めています。

会社名 :株式会社スリーシェイク
代表者 :代表取締役社長 吉田 拓真
所在地 :東京都新宿区大京町22-1 グランファースト新宿御苑
事業内容 :SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」運営( (リンク ») )
セキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」運営 ( (リンク ») )
ノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」開発・運営 ( (リンク ») )
フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」開発・運営 ( (リンク ») )
会社HP : (リンク »)

*Google Cloud は、Google LLC の商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社スリーシェイクの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]