VMware、“Any Enterprise”に向けて生成AIの活用を支援

ヴイエムウェア株式会社

From: PR TIMES

2023-08-24 15:46

新世代型アプリの活用を加速させるVMware Private AIを発表 NVIDIAとの協業を拡大し、VMware Cloudインフラ上で実行される生成AIプラットフォームを構築

【2023年8月22日(米国時間)ネバダ州ラスベガス/VMware Explore 2023発】
VMware, Inc.(NYSE:VMW)は、同社の年次イベント「VMware Explore 2023 Las Vegas」で、企業での生成AIの導入を促進させ、信頼性の高いデータを基にした価値創出を支援するVMware Private AIを新たに発表しました。VMware Private AIはアーキテクチャレベルからのアプローチで、企業のプライバシーとコンプライアンスを実践的に保護・順守しながら、AIが導くビジネスの可能性を拓きます。

VMwareは、企業がPrivate AIを構築し、AIを活用したアプリの新たな流れを加速できるよう、次の2つの成果を発表しました。
VMware Private AI Foundation with NVIDIA:VMwareとNVIDIAの戦略的パートナーシップを拡大し、VMwareのクラウド インフラを利用する企業が生成AIの次の時代に備えられるようにしました。

VMware Private AI Reference Architecture for Open Source:現在および将来にわたり最高水準のオープンソースソフトウェア(OSS)のテクノロジーをサポートし、企業がAIで求める成果の実現を支援します。



VMware Private AIは、パブリッククラウド、企業のデータセンター、エッジなど、企業のデータが生成、処理、利用される場所にコンピューティング キャパシティとAIモデルを提供します。今回発表したアプローチを通じて、新世代のAI対応アプリに必要な柔軟性と制御を組み合わせ、従業員の生産性の大幅な向上や中核的なビジネス機能の変革、経済効果の増進を実現できます。McKinseyのレポートによると、生成AIが世界経済に与える経済効果は年間4.4兆ドルに達すると推定されています*1。

マルチクラウド環境では、プライベートでありながら高度に分散されたデータも容易に活用できるため、AIに対応した新しいアプリの基盤となります。VMwareのマルチクラウド アプローチは、あらゆる環境にわたりセキュリティと耐障害性の要件を確保しながら、企業がAIモデルの構築、企業のプライベート データを用いたAIモデルのカスタマイズやその利用場所を柔軟に選択できるようにします。

VMware, Inc. CEO、ラグー・ラグラム(Raghu Raghuram)コメント:
「生成AIは素晴らしい可能性を秘めていますが、その実現には、企業はデータのプライバシーを守り、知的財産に関連するリスクを最小限に抑えながら、AIモデルの学習、カスタマイズ、サービスを展開しなくてはなりません。VMwareは、VMware Private AIを通じて、信頼性の高いデータの活用をサポートし、顧客企業がマルチクラウド環境でAIモデルの構築と運用を迅速、かつセキュアに実現できるよう支援します」

今日の企業は、生成AIに関して難しい選択を迫られています。企業は自社の生成AIアプリの開発に公開AIモデルで利用できる一方、そこにはデータ漏洩リスクや学習時の不確実な情報源の使用のリスクも内在しています。選択肢としてDIYモデルもありますが、この選択は費用対効果が見込めず、価値創出までに時間を要します。VMware AI Labsは、この問題を解決するためにVMware Private AIを開発しました。

VMware AI Labs 副社長、クリス・ウルフ(Chris Wolf)コメント:
「AIは従来、データサイエンティストにより、データサイエンティストのために開発、設計されてきました。VMwareは、新発表のVMware Private AIを通じて、企業がデータに近接してコンピューティングを行い、AIモデルを構築できる選択肢を設け、“あらゆる”企業にAIの未来を提供します。VMwareによるPrivate AIのアプローチは、ソフトウェア開発からマーケティング コンテンツの作成、カスタマー サービス業務、法律文書からのインサイト取得まで、企業におけるさまざまなユースケースにメリットをもたらします」

VMware Private AI Foundation with NVIDIAで企業のAI対応を支援
VMware Private AI Foundation with NVIDIAは、統合された一連のAIツールで構成されています。企業が費用対効果に優れた手法で、実績があるモデルを使い、プライベート データを用いて学習させることができます。これらのモデルは、データセンター、主要なパブリッククラウド、エッジにデプロイできます。VMware Private AI Foundation with NVIDIAは、VMware Cloud Foundation(TM)上に構築されたVMwareのPrivate AIアーキテクチャをNVIDIA AI Enterpriseソフトウェアと統合し、コンピューティングを高速化します。この完全一括型ソリューションを通じて、モデルをカスタマイズし、インテリジェントなチャットボット、アシスタント、検索、要約などの生成AIアプリを実行できる高速コンピューティング インフラとクラウド インフラ ソフトウェアを提供します。Dell Technologies、Hewlett Packard Enterprise、LenovoがVMware Private AI Foundation with NVIDIAをサポートします。VMwareとNVIDIAの共同リリースは、 (リンク ») (英文) をご覧ください。

相互接続型のオープン エコシステムで顧客企業のAI戦略を支援
VMware Private AI Reference Architecture for Open Sourceは、革新的なOSSテクノロジーを統合し、VMware Cloud Foundation上でOSSモデルを構築して利用するためのオープン リファレンス アーキテクチャを提供します。VMware Exploreでは、AIのバリューチェーン全般にわたるリーディング企業との協業を紹介しています。

Anyscale:VMwareは、広く採用されているオープンソースの統合コンピューティングフレームワーク、RayをVMware Cloud環境で利用できるようにします。データサイエンティストとMLOpsエンジニアはVMware Cloud FoundationでRayを利用することで、デフォルトの設定に従ってパブリッククラウドを使用する代わりに、現在のコンピューティング フットプリントを機械学習のワークロードに活用し、AIとPythonのワークロードを容易に拡張できます。

Domio Data Lab:VMware、Domino Data Lab、NVIDIAの3社が提携して金融サービス業界のAI/機械学習環境専用に構築された分析、データサイエンス、インフラの統合プラットフォームの最適化、検証、サポートを行います。

世界大手のシステム インテグレータ:VMwareはWiproやHCLなどの大手グローバル システム インテグレータと協力して、VMware CloudとAIパートナーエコシステムのソリューションを組み合わせた完全一括型ソリューションを構築し/提供し、Private AIのメリットの実現を支援しています。

Hugging Face:VMwareはHugging Faceと提携し、本日のVMware ExploreでSafeCoderのリリースを発表しました。SafeCoderは企業向けに開発され、サービス、ソフトウェア、サポートを含む包括的な商用のコード アシスタント ソリューションです。VMwareは、SafeCoderを社内で活用し、そのコード サンプルを含むリファレンス アーキテクチャを公開することにより、VMwareインフラにSafeCoderをデプロイ/運用する顧客企業が最短で価値創出できるよう支援します。

インテル:VMware vSphere/vSAN 8とTanzuはIntelのAIソフトウェア スイート向けに最適化され、最新の第4世代 インテル(R) Xeon(R) スケーラブル プロセッサーに搭載されたAIアクセラレータを活用できます。



さらに、VMwareは新しいVMware AI Readyプログラムを発表しました。これにより独立系ソフトウェア ベンダ(ISV)は、VMware Private AIのリファレンス アーキテクチャ上で自社の製品を検証して認定を取得する際に必要なツールとリソースを利用できます。MLOpsとLLMOps、データエンジニアリングと特徴量エンジニアリング、AI向けの開発者ツール、組み込みのAIアプリを重視するISVがこのプログラムを利用できます。この新しいプログラムは2023年末までに利用可能になる予定です。

Intelligent Assistを通じてVMwareのマルチクラウド・ソリューションに生成AIを追加
VMwareは生成AIベースのソリューション・ファミリーとなるIntelligent Assistを発表しました。VMware独自のデータを用いて学習させ、マルチクラウド時代に求められるエンタープライズITのあらゆる要素を簡素化、自動化します。Intelligent Assistの機能は、企業がこれまでVMware Cross-Cloud Servicesに対して行ってきた投資をシームレスに拡張し、VMware Private AIを基盤として構築されます。Intelligent AssistをサポートしたVMware製品には以下のようなものがあります。
VMware Tanzu with Intelligent Assist(テックプレビュー):ユーザーが自社のクラウド インフラに対する変更を会話形式でリクエストし、調整できるようにし、マルチクラウドの可視性とコンフィグレーションの課題に対応します。

VMware Workspace ONE(R) with Intelligent Assist(テックプレビュー):自然言語プロンプトを用いて高品質なスクリプトを作成でき、より迅速、効率的なスクリプト作成の環境を実現します。

VMware NSX+ with Intelligent Assist(テックプレビュー):セキュリティ アナリストが、発見されたセキュリティ情報の妥当性を迅速かつ正確に判断し、脅威を効果的に修復できるようにします。



VMware Exploreについて
VMware Exploreは、業界屈指のマルチクラウドに関するイベントを目指しています。VMware Explore 2023では、業種を意識したソリューションや技術的なセッションに加え、マルチクラウドISVのマーケットプレイスへの機会、VMwareコミュニティ全体を対象とする複数のネットワーキング イベントを開催します。VMware Explore 2023は、パブリッククラウド、プライベートクラウド、エッジにわたるあらゆるアプリのためのマルチクラウド サービスを把握できる機会です。参加者の皆様は、マルチクラウドの複雑さを妥協することなく解消して課題を解決するために必要な知識とツールを手に入れることができます。VMware Exploreの詳細については、 (リンク ») (英文) をご覧ください。

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアは、あらゆるアプリケーションに対応したマルチクラウド サービスを提供するリーディング プロバイダであり、企業によるコントロール下でのデジタル イノベーションを実現します。VMwareのソフトウェアは、イノベーションを加速させる信頼性の高い基盤として、企業が未来を築くために求められる柔軟性と選択肢を提供します。カリフォルニア州パロアルトに本社を置くVMwareは、同社の2030 Agendaを通じて、より良い未来の構築に取り組んでいます。VMwareの詳細は www.vmware.com/jp をご覧ください。

*1: McKinsey & Company、「The economic potential of generative AI: The next productivity frontier」、2023年6月

VMware、Explore、VMware Private AI Foundation、NSX、Tanzu、Workspace ONE、vSphere、VMware vSANは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。VMware は、プレビューまたはベータ版として発表されたサービスが将来提供されることについて、いかなる保証も行いません。この文書の情報は参照用にのみ提供されており、いかなる契約書にも盛り込むことはできません。この文書には、ヴイエムウェア以外のウェブサイトへのハイパーリンクが含まれている場合がありますが、これらはそのウェブサイトのコンテンツに責任を負う第三者により作成、ならびに維持されています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]