株式会社RUTILEAとの資本・業務提携に関するお知らせ

ウイングアーク1st株式会社

From: PR TIMES

2023-09-19 18:16

映像データと生成A Iを融合させ、製造および建設現場の深耕を目指す

ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員CEO:田中 潤、以下、ウイングアーク1st)は、 株式会社RUTILEA(本社:京都府京都市、代表取締役社長:矢野 貴文、以下、RUTILEA)と資本業務提携契約を締結しましたのでお知らせします。

ウイングアーク1stは、9月19日付でRUTILEA株式4,000株(発行済株式総数の1.9%)を取得します。

【資本業務提携の背景】
RUTILEAは、「AIの複雑な導入プロセスをシンプルに」の思いを背景に、ゼロコード(学習レス)で活用できる検査AI(Factory AI)と、生成AIを包含したマルチモーダルAI基盤(REO)を開発する2018年創業のベンチャー企業で、画像・映像解析のAIにより、不良検知や作業分析を高度化する“バーティカルAI”を提供しています。

ウイングアーク1stは「Empower Data, Innovate the Business, shape the Future. 情報に価値を、企業に変革を、社会に未来を。」というビジョンのもと、帳票運用・データ活用のプロフェッショナル企業として、約30年にわたり多くの企業の業務効率化や業績向上を支援しています。 特に、データ活用領域においては、大企業を中心としたDXの機運の高まりを背景に、データマネジメントソリューションや各企業のデータ活用ステップに合わせた支援を強化しています。

本提携では、製造および建設の現場などに向けた、独自ソリューションの協働開発や、両社の製品を組み合せた提案力強化を目的としています。具体的には当社のリアルタイムでのセンサーデータや映像データの可視化を可能とするBIダッシュボード「MotionBoard」やデータ分析基盤「Dr.Sum」などをRUTILEAのAIサービスと連携し、映像内事象の数値データ化や、データの意味を解析し文書や画像で説明するなどの自動化と業務の高度化を進めていきます。

これにより、検査過程で作業現場の映像や画像確認が求められる製造および建設業界を中心に、幅広いデータの取得、活用可能なプレパレーションや加工・蓄積、業務プロセスと融合したデータ活用、そして意思決定の進化が実現していくものと期待しています。

◼️株式会社RUTILEAの概要
[表1: (リンク ») ]





[表2: (リンク ») ]


[表3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]