はじめてのLinux > 第16回 Linuxのプロセス管理を学ぼう(3) バックグラウンドプロセスを使いこなそう

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2023-11-27 09:00

CTC教育サービスはコラム「はじめてのLinux > 第16回 Linuxのプロセス管理を学ぼう(3) バックグラウンドプロセスを使いこなそう」を公開しました。
###

みなさんこんにちは。株式会社パイプラインの濱田です。前回はコマンドをフォアグラウンドプロセスとして実行する方法について取り上げましたが、今回はフォアグラウンドプロセスの対になる概念、バックグラウンドプロセスの実行方法、そしてコマンド実行の応用について取り上げます。

バックグラウンドプロセスとしてコマンドを実行する
前回、sleepコマンドやpsコマンドなどを実行しましたが、これらコマンドはフォアグラウンドプロセスとして実行されていました。フォアグラウンドプロセスは、コマンド実行中にシェルを独占しますので、コマンドが終了するまでそのシェルでは他のコマンドを実行することができません。


しかし、大量のデータを処理するなどの用途で、あらかじめコマンドの終了までに時間がかかることがわかっている場合などはコマンドをバックグラウンドプロセスとして実行することで、その間シェル上で他のコマンドを実行することができます。

あるコマンドやシェルスクリプトをバックグラウンドで実行するにはコマンドの後に「&」をつけて実行します。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]