「価格.com」、「エコマークアワード2023 優秀賞」を受賞 ~エコ・サステナブルに関する情報提供が評価を受ける~

株式会社カカクコム

From: PR TIMES

2023-11-21 11:10



[画像1: (リンク ») ]


「価格.com」、「エコマークアワード2023 優秀賞」を受賞
~エコ・サステナブルに関する情報提供が評価を受ける~

 株式会社カカクコム(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:畑 彰之介)が運営する購買支援サイト「価格.com(読み:カカクドットコム (リンク ») )」は、2023年11月21日(火)、「エコマークアワード2023」(運営:公益財団法人日本環境協会 エコマーク事務局)において優秀賞を受賞しました。

[画像2: (リンク ») ]


価格.comのエコ・サステナブルに関する取り組みについて
 近年、環境保全に対する意識がさらなる高まりを見せるとともに、環境や社会に関する課題を解決し「持続可能(サステナブル)」な発展を目指す取り組みが注目されています。これを受けて価格.comでは、より多くの方々にとってエコ・サステナブルに興味を持つきっかけとなるよう、2021年10月よりエコ・サステナブルに関する情報提供を行っています。 

(情報提供の例)
■家電・パソコンカテゴリの「エコマーク」などの環境ラベル取得製品について、製品情報ページでマーク表示
■製品検索において環境ラベルによる絞り込みが可能
■エコ・サステナブルに関してより詳細な情報を参考にしていただけるよう、解説コンテンツ( (リンク ») )を掲載

 今回、このようなエコマークを活用したエコ・サステナブルな情報発信の取り組みが評価され、2023年度のエコマークアワード受賞に至りました。

 価格.comでは、引き続き多くの方に満足のいく買い物をしていただけるよう、“ユーザー本位”のサービス提供に努めてまいります。

[表: (リンク ») ]


エコマークアワードとは
 エコマークアワードは、日本環境協会が2010年度に創設した表彰制度です。
 環境配慮商品の普及に関する優れた事例を広く公表するとともに、エコマーク事業の目的である「消費者の環境を意識した商品選択、企業の環境改善努力による、持続可能な社会の形成」に向けて積極的に活動している企業・団体等を表彰するものです。
【参考】
公益財団法人 日本環境協会 エコマーク事務局 エコマークアワード2023
(リンク »)

「価格.com」について
 “「買ってよかった」をすべてのひとに。”をコンセプトとする購買支援サイト。パソコンや家電、スマートフォン、インテリア、さらにファッションやプロバイダ、保険など、生活に関わるさまざまなジャンルにおいて、価格やスペック、クチコミ、レビューを集約。商品購入やサービス申し込みの前に必要な情報比較をサポートします。

【価格.com サイトデータ】(2023年9月現在)
 月間利用者数 3,663万人、月間総ページビュー2億9,617万PV
 <利用者内訳>PC:1,033万人 スマートフォン:2,631万人

※月間利用者数の計測方法について:
 サイトを訪れた人をブラウザベースで数えた利用者数です(特定のブラウザ、OS等によっては一定期間経過後に再訪した利用者を重複計測する場合があります)。モバイル端末のウェブページ高速表示に伴う利用者数の重複や、第三者による自動収集プログラムなどの機械的なアクセスについては可能な限り排除して計測しています。

【株式会社カカクコム 会社概要】
所在地   : 東京都渋谷区恵比寿南3丁目5番地7 デジタルゲートビル
代表取締役 : 畑 彰之介
事業内容  : サイト・アプリの企画運営、各種プラットフォームの提供
当社運営サイト : (リンク »)    

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]