大阪急性期・総合医療センターが「Cisco Secure Network Analytics」を導入

ネットワンシステムズ株式会社

From: Digital PR Platform

2023-11-22 11:03


シスコシステムズ合同会社(住所:東京都港区赤坂、代表執行役員社長:中川いち朗、以下 シスコ)とネットワンシステムズ株式会社(住所:東京都千代田区丸の内、代表取締役 社長執行役員:竹下 隆史、以下 ネットワン)、大阪府立病院機構 大阪急性期・総合医療センター(住所:大阪市住吉区万代東、総長:嶋津岳士、以下 大阪急性期・総合医療センター)は、同センターのサイバー攻撃の被害を繰り返さないことを目的に、脅威の侵入への備えとして、シスコのセキュリティ ソリューション「Cisco Secure Network Analytics」を導入したことを発表します。

急性期医療から高度な専門医療まで、36の診療科による総合力を活かした質の高い医療を提供する大阪急性期・総合医療センターは、大災害に対応する基幹災害医療センターという2つの重要な役割も担っており、地域の中核病院として大阪府民の暮らしを支えています。
2022年10月に同センターはランサムウェアとサプライチェーン攻撃を受け、診療機能の停止という事態が発生しました。閉域性の高いネットワークは安全と考えられてきましたが、境界防御だけでは限界があり、医療機器及び制御端末は、OSのサポート期間やメーカー保証の関係で対策が困難であることが長年課題となっていました。この状況を迅速かつ的確に対処するために、サイバー攻撃の対策としてCisco Secure Network Analyticsの導入を決定しました。

様々な対策や体制の見直しに加え、Cisco Secure Network Analyticsを導入することで、セキュリティを強化しました。Cisco Secure Network AnalyticsはNDR (Network Detection and Response)カテゴリに属する製品で、ネットワークトラフィック監視によってネットワークを可視化し、内部の不審なふるまいを検知するものであり、仮に境界が突破され、脅威が侵入したとしても迅速かつ的確に対処を支援します。また、端末一つ一つに直接対策が難しい医療機器及び制御端末が悪用された場合、ネットワーク上で普段とは異なる挙動などの攻撃の予兆を検知してすぐに対処し、被害を最小限に防ぐことができます。

今回はシスコ製品の販売パートナーであるネットワンが同センターのCisco Secure Network Analytics導入をサポートいたしました。それにより、インシデント発生から43日目に外来診療を再開、73日目には通常診療も再開しました。さらに同センターは、ネットワークだけでなく、エンドポイント、メールなど、さらに幅広い対象を監視し、サイバー攻撃の侵入に備える対策として、他のシスコセキュリティソリューションの導入も検討しており、今後、より高度なセキュリティ対策を実現することで地域診療に貢献していきます。

大阪府立病院機構 大阪急性期・総合医療センター 情報企画室サブリーダー上野山 亮は次のように述べています。
「監視の幅広さ、医療機器及び制御端末への対策としてCisco Secure Network Analyticsを選定しました。セキュリティ対策が難しい医療機器及び制御端末をネットワーク内に多く抱える病院にとってCisco Secure Network Analyticsは、非常に有効な対策だと改めて感じています。外部業者のセキュリティ監査を強化するなど、体制や運用面でも様々な施策に取り組んでおり、そのことを様々な形で発信しながら、サイバー攻撃に備えるとともに、その被害の深刻さ、対策強化の重要性を訴え続けています。」

ネットワンシステムズ株式会社 執行役員 ビジネス開発本部長 藤田 雄介は次のように述べています。
「近年、サイバー攻撃が複雑化するなか、Cisco Secure Network Analytics導入によって、シスコシステムズ社と共に大阪急性期・総合医療センター様のセキュリティ対策強化に貢献できることを大変うれしく思います。今後、弊社は長年のネットワークに関する知見とCisco Secure Network Analyticsを活用したサービスを順次拡充予定です。シスコシステムズ社とともに、お客様の課題解決に最適な製品・サービスのご提案、導入を通して、安心・安全なシステム稼働に貢献してまいります。」

シスコシステムズ合同会社 執行役員 セキュリティ事業統括の石原 洋平は次のように述べています。
「シスコは、大阪急性期・総合医療センター様がシスコのセキュリティ ソリューション「Cisco Secure Network Analyticsを導入いただいたことを大変嬉しく思います。すべての企業・組織にとってセキュリティ対策・体制の見直しは喫緊の課題となっております。シスコは、これからもあらゆる脅威から皆さまのビジネスを守るため、ネットワン様をはじめとするパートナー企業の皆さまと連携し、引き続き日本社会、企業におけるセキュアなデジタル化実現に貢献してまいります。」

今後、シスコ及びネットワンは、社会全体で悪質なサイバー攻撃に立ち向かうために、同センターの、より高度なセキュリティ対策への取り組みを支えていきます。

関連資料:
Cisco Secure Network Analytics
(リンク »)
Cisco XDR
(リンク »)

シスコシステムズ合同会社について
シスコはあらゆるものを安全につなぎ、あらゆることを可能にする世界屈指のテクノロジー企業です。お客様によるアプリケーションの再構築、ハイブリッドワークの推進、企業のセキュリティの確保、インフラストラクチャの変革、サステナビリティ目標の達成を支援することで、すべての人にインクルーシブな未来を実現することをパーパスに掲げています。

ネットワンシステムズ株式会社について
ネットワンシステムズ株式会社は、優れた技術力と価値を見極める能力を持ち合わせるICTの目利き集団として、その利活用を通じ、社会価値と経済価値を創出するサービスを提供することで持続可能な社会への貢献に取り組む企業です。常に世界の最先端技術動向を見極め、その組み合わせを検証して具現化するとともに、自社内で実践することで利活用ノウハウも併せてお届けしています。

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1502R)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ネットワンシステムズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]