血漿分画市場:企業タイプ別、事業規模別、製造される血漿由来治療製品タイプ別、血漿由来製品の治療領域別、主要地域別:業界動向と世界の予測、2023年~2035年

株式会社グローバルインフォメーション

2023-11-24 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「血漿分画市場:企業タイプ別、事業規模別、製造される血漿由来治療製品タイプ別、血漿由来製品の治療領域別、主要地域別:業界動向と世界の予測、2023年~2035年」(Roots Analysis)の販売を11月22日より開始いたしました。
【当レポートの詳細目次】
(リンク »)

世界の血漿分画の市場規模は、2023年には約50億米ドル規模になるとみられています。血漿分画技術の進歩とともに、血漿療法に対する需要の高まりに牽引され、同市場は予測期間の2023年~2035年に10%のCAGRで成長すると予測されています。現在、血漿製造の世界市場は、免疫グロブリンの分画に携わる血漿分画企業によって支配されています。このセグメントは市場シェアの45%以上を占めており、予測期間中のCAGRは12%で成長するとみられます。

米国、欧州、カナダでは、1,000以上の献血センターがプラズマフェレーシスとして知られるプロセスを通じて血漿の提供を促進しています。この自動化された手順により、血漿は赤血球やその他の細胞成分から分離され、ドナーに戻されます。しかし、COVID-19の大流行により、血漿の提供は20%程度減少し、血漿由来の治療法の原料供給不足につながっています。血漿採取量の減少に対処するため、政府機関、患者支援団体、血漿分画企業など様々な利害関係者が血漿提供を奨励する啓発キャンペーンを開始しました。

血漿業界は、新しい血漿分画技術の採用や自動化の促進など、さまざまな手段を通じて血漿由来療法の有効性を高め、コストを削減する方法を積極的に模索しています。このような努力は、血漿由来治療に対する需要の高まりに対応し、患者が必要不可欠な治療を受けられるようにする一助となるでしょう。2022年4月、CSL PlasmaはRika Plasma Donation Systemを採用しました。このシステムは、血漿提供の手順を30%短縮し、ドナーの経験を改善するとしています。血漿採取におけるこのような技術的進歩は、血漿の世界的需要を満たすのに役立ち、予測期間中の血漿分画市場を牽引すると予想されます。

血漿分画市場には、様々な種類の血漿由来製品を製造するために必要な専門知識を有する大企業、中堅企業、中小企業が混在しています。市場は統合されており、大手の商業的血漿分画企業が地域の小規模な業界参入企業を買収しています。

現在、35社以上が自社で血漿を分画し、血漿療法を製造しています。武田薬品工業は、そのような自社血漿分画業者の1社であり、2023年3月に大阪に新しい血漿療法製造施設を設立する計画を発表しました。この工場は7億5,400万米ドルを投資して建設され、血漿分画と血漿由来療法のエンド・ツーエンド製造が可能となる予定です。

現在、需要の45%近くが北米からもたらされています。しかし、今後数年間は、血漿由来製品に関する意識の高まりと血漿由来医薬品の高い効能により、アジア太平洋地域の血漿分画製剤の需要は、他の地域と比較してはるかに速い速度で大幅に増加する可能性が高いとみられています。

血漿由来の治療薬の供給という点では、アジア太平洋の市場ポテンシャルが今後数年間で大きく成長すると予想されます。実際、アジア太平洋は2035年までに年率11%以上で成長すると予測されています。この傾きは、この地域最大の消費者基盤と、中国、インド、オーストラリア、韓国のメーカーの存在に起因しています。

当レポートでは、世界の血漿分画市場について調査し、市場の概要とともに、企業タイプ別、事業規模別、製造される血漿由来治療製品タイプ別、血漿由来製品の治療領域別動向、地域別の動向、および市場に参入する企業のプロファイルなどを提供しています。

目次
第1章 序文
第2章 エグゼクティブサマリー
第3章 イントロダクション
第4章 血漿分画:市場情勢
第5章 企業の競争力分析
第6章 企業プロファイル
第7章 パートナーシップとコラボレーション
第8章 最近の拡張
第9章 容量分析
第10章 市場規模と機会分析
第11章 結論
第12章 経営陣の洞察
第13章 付録I:表形式のデータ
第14章 付録II:企業および組織のリスト

【無料サンプル】
(リンク »)
 
【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)
 
【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。
 
創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)
 
当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]