電線対基板コネクタの世界市場

株式会社グローバルインフォメーション

2023-11-29 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「電線対基板コネクタの世界市場」(Global Industry Analysts, Inc.)の販売を11月28日より開始いたしました。
【当レポートの詳細目次】
(リンク »)

電線対基板コネクタの世界市場は2030年までに64億米ドルに達する

COVID-19後の変化したビジネス環境において、2022年に46億米ドルと推計された電線対基板コネクタの世界市場は、2030年には64億米ドルに達すると予測され、2022年から2030年にかけてCAGR 4.3%で成長すると予測されます。本レポートで分析したセグメントの一つであるレセプタクルは、CAGR5%を記録し、分析期間終了時には17億米ドルに達すると予測されています。現在進行中のパンデミック後の回復を考慮し、アクセサリー分野の成長は今後8年間のCAGRを4.1%に修正しました。

米国市場は12億米ドルと推定、中国はCAGR7%で成長予測

米国の電線対基板コネクタ市場は、2022年には12億米ドルになると推定されます。世界第2位の経済大国である中国は、2022年から2030年までの分析期間においてCAGR 7%で推移し、2030年には市場規模が13億米ドルに達すると予測されています。その他の注目すべき地理的市場としては日本とカナダがあり、2022年から2030年にかけてそれぞれ2.5%と3.6%の成長が予測されています。欧州では、ドイツがCAGR約3%で成長すると予測されています。

調査対象企業の例

・Amphenol Corporation
・C&K Components, Inc.
・Harting Technology Group
・J.S.T. Mfg. Co. Ltd.
・Japan Aviation Electronics Industry Ltd.
・Kyocera Corporation
・Molex LLC
・Phoenix Contact GmbH & Co. KG
・Samtec, Inc.
・TE Connectivity Ltd.
・WAGO Kontakttechnik GmbH & Co. KG

目次
第1章 調査手法
第2章 エグゼクティブサマリー
第3章 市場分析
第4章 競合

【無料サンプル】
(リンク »)
 
【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)
 
【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。
 
創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)
 
当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]