冷凍食品の市場規模、2030年に570億5000万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション

2023-12-01 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「冷凍食品市場の2030年までの予測-タイプ、カテゴリー、流通チャネル、地域別の世界分析」(The Insight Partners)の販売を11月30日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

冷凍食品の市場規模は、2022年の399億2000万米ドルから2030年には570億5000万米ドルに達すると予測されています。

冷凍食品は、野菜、肉、米、レンズ豆、キヌア、パスタ、麺、ソースやドレッシングなど、さまざまな食材で構成される調理済み食品で、炭水化物、タンパク質、繊維、ビタミン、ミネラルの供給源である完全食として機能します。ソースやドレッシングは、味を足すことで食事を魅力的で風味豊かなものにします。冷凍食品は製造工場で調理され、さらに冷凍加工されます。その後、冷凍された食品は梱包され、-18℃で保存されます。製造業者は、これらの冷凍食品の賞味期限を延ばすために、低温貯蔵を維持する必要があります。さらに、新しい顧客を惹きつけ、製品の売上を増やすために、革新的なパッケージも使用しています。

最近、菜食主義が大きな支持を得ています。消費者は、従来の製品よりも健康的であるとし、菜食主義の食品を選ぶ傾向が強まっています。動物保護と環境の持続可能性に関する意識の高まりも、こうした食品の人気に拍車をかけています。世界的な菜食主義の波の広がりは、冷凍食品市場のイノベーションに大きな影響を与えています。ビーガンを奨励する非営利団体Veganuaryが発表したデータによると、2021年には「Veganuaryキャンペーン」に580万人が登録しました。2020年、オランダの新興企業Lazy Veganは、グルテンフリー、大豆フリーの最新冷凍調理食品「タイ風グリーンカレー」を発表しました。また、植物由来の鶏肉や食品を使ったビーガン向け冷凍食品も発表し、ヨーロッパで確固たる地位を築きました。同様に、2021年9月、中国のHEROTEIN社は、様々な種類の鶏肉や牛肉製品を含む16種類の植物由来の肉料理を発売しました。完全植物性のこの製品は、中国全土で販売が予定されています。このように、植物性食品への傾斜と菜食主義の採用は、2030年までの、冷凍惣菜市場に有利な機会を提供すると予想されます。

流通チャネル別に、市場は、スーパーマーケット&ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、オンライン小売、その他に分類されます。スーパーマーケット&ハイパーマーケット部門は、2022年の冷凍食品市場で最大シェアを占め、オンライン小売部門は最も高いCAGRを記録する見込みです。スーパーマーケット&ハイパーマーケットは、食料品、食品、飲料、その他の家庭用品など幅広い商品を提供する大規模小売施設です。これらの店舗では、さまざまなブランドの製品が手頃な価格で販売されているため、消費者は適切な製品をすばやく見つけて買い物をすることができます。スーパーマーケットやハイパーマーケットでは、消費者の需要に応えるため、冷凍食品ブランドを数多く取り揃えています。このような店舗では、顧客が簡単にアクセスできるように、商品が適切に棚に並べられています。また、冷凍食品の理想的な保存条件を確保するための近代的な保管設備も備えています。






【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]