ネットイヤーグループ、TIGEREYEの顔認証AIサービス代理店パートナー契約を締結

ネットイヤーグループ株式会社

From: PR TIMES

2023-12-01 15:16

~リアルタイム高精度顔認証技術による体験向上を目指す~

デザイン思考によるUXデザインで企業のマーケティング活動を支援するネットイヤーグループ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 林田敏之、以下:ネットイヤーグループ)は、株式会社TIGEREYE(本社:東京都中央区、代表取締役 上村学、以下:TIGEREYE)が提供する生体認証クラウドサービス「TIGEREYE SOLUTION」の代理店パートナー契約を締結しました。



[画像1: (リンク ») ]

取り組みの背景と目的


ネットイヤーグループは店舗やオフィスなどに顔認証サービスを提供することで、良質なユーザーエクスペリエンスの実現を目指しています。TIGEREYEが提供するクラウドコンピュータビジョン技術(注1)による生体認証クラウドサービス「TIGEREYE SOLUTION」は、クライアント企業のビジネス拡大、ひいては誰もが安心して利便性高く暮らせる社会の実現に直接的に貢献します。

私たちが目指す最適なユーザーエクスペリエンスの実現はデジタル上での体験にとどまりません。デジタル・フィジカル問わず今後多様化するビジネス課題および社会課題の解決にクラウドコンピュータビジョン技術による認証テクノロジーが必要であると認識し、今回の契約締結に至りました。ネットイヤーグループは、本契約によってクライアント企業や社会における新たなサービスをデザインします。

※注1:コンピュータビジョン技術
人間が実際に情報を得て分析・判断するように「カメラ」を通して得られる情報をコンピュータ自身が自ら理解し分析・判断する技術

サービスの特長


「TIGEREYE SOLUTION」は、リアルタイム高精度顔認証とコンピュータビジョンフレームワークを様々なシステムで利用できるようにデザインされたサービスです。ブラウザベースで動く顔認証で、全てクラウドで処理されます。専用端末や専用のアプリは必要なく、また特別な機器を設置する必要がないため、価格も含め手軽に導入できます。
[画像2: (リンク ») ]

WEBベースでサービスが提供されているため汎用性が高く、CRM、会員認証、勤怠、入退室、レジ、WEBログインなど他のWEBサービスとの連携も可能となり様々な用途やシーンに活用できます。また、クライアント企業にアプリケーションを一元的に提供することができ、多角的にデータを管理・分析することができます。

サービス導入のメリット


一般的な顔認証サービスにはリアルタイムと非同期のサービスがありますが、TIGEREYE SOLUTIONはリアルタイムで認証を行います。その特性を活かし様々なシーンでの利活用が可能です。例えば、入退場管理やセキュリティ対策では、顔認証を使用することで非接触かつ高精度な認証が実現可能です。また、商業施設やイベント会場での来場者分析やマーケティングでは、顔認証により来場者の特徴や行動を理解し、効果的なマーケティング戦略を展開できます。さらに、交通機関での混雑状況の把握や最適なルートの案内においても、顔認証により乗客の特徴や移動目的を把握し、より適切なサービスを提供できます。
[画像3: (リンク ») ]

利便性・快適性の向上


物理的な認証媒体を必要としないため、例えばカードを忘れる・無くすということがありません。手ぶらでの認証が可能になります。システムに登録した本人でなければAIでの認証ができないため、カードの貸し借りなどを行うことができず、厳格な本人確認が実施できます。またIDやパスワードのように忘れる、わからなくなることもありません。カードの発行や手配などのコストや関連するサポート業務の軽減なども実現可能です。
安全性の向上・コストの削減


企業においてセキュリティに関連する事故は、多大なリカバリーコストが発生し被害も甚大かつ企業ブランドの毀損にもつながります。生体認証を利用したセキュリティ対策でコスト削減と強固なセキュリティ対策を行うことができるため、将来の危機を未然に防ぐことに繋がります。
CRM・人流などのマーケティング活用


クラウドコンピュータビジョン技術による認証テクノロジーを応用し、CRMやフィジカルでの人流などのマーケティング側面でのご活用も可能です。

TIGEREYE SOLUTION 製品概要: (リンク »)

今後の展開


ネットイヤーグループは、クラウドコンピュータビジョンとデザイン思考を融合したソリューションをより多くの企業および社会に提供して参ります。日々の業務の効率化から、新しい価値創出、クライアント企業・社会の発展に寄与するサービスを提供し続けます。

【株式会社TIGEREYE】


TIGEREYEは、独自の顔認証技術をはじめとするクラウドコンピュータビジョン技術を保有し、AIを活用したプロダクトによる社会課題の解決を目指しているAIテック企業です。生体認証基盤、人物属性・物体認知・行動追跡・予測などのサービスを提供し、社会インフラとして機能することで良質なユーザー体験の実現を促進します。

企業サイト: (リンク »)

【ネットイヤーグループ株式会社(東証グロース:証券コード 3622)】


「ビジネスの未来をデジタルで創る。ビジネスの未来をユーザーと創る。~ユーザーエクスペリエンスからすべてが始まる。~」をミッションとして、デジタル時代のマーケティングコンサルティング、デザイン思考によるUX、サービスデザイン、システム開発、マーケティングツールの企画販売などを通じ、企業のロイヤルティマーケティングやエンゲージメント強化のご支援をしています。

企業サイト: (リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
ネットイヤーグループ株式会社
担当:日高
TEL:03-6369-0500
MAIL:pr@netyear.net

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ネットイヤーグループ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]