AIが進化させるECの購買体験、ハルメク公式ECサイトにbehamics, Inc.のAIソリューションを国内初導入しサービス提供を開始

ネットイヤーグループ株式会社

From: PR TIMES

2024-04-15 11:16

デザイン思考によるUXデザインで企業のマーケティング活動を支援するネットイヤーグループ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 CEO 林田敏之、以下:ネットイヤーグループ)は、ニューヨークを拠点としEC領域でAIプラットフォームを提供するbehamics, Inc.(本社:米国New York、Co-Founder | CTO:Valon Xhafa、以下:ベハミクス)と連携し、50代以上の女性を対象に出版・物販事業を展開する株式会社ハルメク(東京都千代田区 代表取締役社長 宮澤 孝夫 、以下:ハルメク)の公式通販サイトに国内初導入となるベハミクスのAIソリューションを実装し、2024年4月12日にサービス提供を開始しました。



[画像: (リンク ») ]


ベハミクスは、ECサイトの問題を分析し収益を向上させることに特化した「EC向けSaaS AIプラットフォーム」を展開するAI企業です。この度、ベハミクスの日本国内におけるサービス展開の第一号として、ハルメク公式通販サイト( (リンク ») )にベハミクスが行動科学に基づいたAIソリューション(特許取得中)を用いることで、ECサイト上のCVRを改善する機能を実装しています。

サービスの概要


ハルメク公式通販サイトには、ベハミクスが提供するAIソリューション「behamics nudge」(ベハミクス・ナッジ)」が実装されました。このAIサービスの特長は、商品閲覧中のユーザーにポップアップで商品情報をレコメンドする機能を有しており、ユーザーの購入を後押しできるように有益な追加情報とリマインダーを表示します。ECにおけるユーザーの良質な購買体験の向上に貢献します。

レコメンド機能は、行動科学に基づくAIを活用しており、かつレベニューシェアモデルの採用で以下のとおり顧客企業の競争力と収益性の向上が期待できます。

 ・割引クーポンなど利益を圧迫するトリガーなしでCVRを改善
 ・カートへの投入数を増やす
 ・導入時のコスト負担を最小限に抑える

導入の背景


ハルメクのカタログ通販では電話からの受注がメインですが、ECからの問い合わせや購買比率が徐々に増加しています。ハルメクには新たな販路でもあるEC比率を増加させたいという意向のほか、多様化するユーザーのために、EC上の購買体験を充実させたいというニーズがありました。

そこでネットイヤーグループは、ベハミクスサービスの導入支援及び、ステージング環境で実証実験(PoC)を重ね、その中で抽出されたハルメクの潜在的なニーズも拾い上げ、ベハミクスと協働しながらカスタマイズを行ってきました。サービスのリリースにおいては、ハルメクの要望を数多く取り入れた改善を重ね、今回の商用環境への適用となっています。

サービスの活用で見込まれる効果


 ・ECサイトにおけるカゴ落ちの防止(購買機会損失の最小化)
 ・購入段階でのアップセル・クロスセルの向上
 ・付随商品のレコメンドと購買タッチポイント増加によるEC売上の向上
 ・購買データ分析による更なるユーザー体験のアップデート

今後の展望


現在は、ベハミクスが特許取得中の行動科学に基づいたAIソリューションを活用し、パーソナライズドされたWEB接客も想定した新たな体験設計のフェーズに入っています。今回は、「behamics nudge(ベハミクス・ナッジ)」というCVR改善サービスの導入からスタートしていますが、今後は「behamics diagnostic(ベハミクス・ダイアグノスティック)」というAIを活用したバグ修正・改善ソリューションの導入も視野に入れています。

ECサイト上での更なるユーザー体験の向上や、クライアントのオペレーションコスト削減につながる効果も見込まれます。ネットイヤーグループは今後もベハミクスと協働し、ハルメクのユーザーエクスペリエンス向上とビジネスゴールの達成に貢献してまいります。

株式会社ハルメクについて


ハルメクは「日々の暮らしをもっと豊かに、もっと自分らしく。」をテーマに50代以上の女性を対象に女性誌販売部数No.1(※)の雑誌「ハルメク」を中心にしたコンテンツ事業・物販事業・イベント事業などを展開する企業です。※日本ABC協会発行社レポート(2023年1月~6月)
サービスサイト: (リンク »)

behamics, Inc.について


ベハミクスは、ECサイトの技術的およびパフォーマンスの問題を分析し、収益を向上させることに特化したEC向けSaaS AIプラットフォームを展開するAI企業です。
企業サイト: (リンク »)

ネットイヤーグループ株式会社(東証グロース:証券コード 3622)


「ビジネスの未来をデジタルで創る。ビジネスの未来をユーザーと創る。~ユーザーエクスペリエンスからすべてが始まる。~」をミッションとして、デジタル時代のマーケティングコンサルティング、デザイン思考によるUX、サービスデザイン、システム開発、マーケティングツールの企画販売などを通じ、企業のロイヤルティマーケティングやエンゲージメント強化のご支援をしています。

企業サイト: (リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
ネットイヤーグループ株式会社
担当:日高
TEL:03-6369-0500
MAIL:pr@netyear.net

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ネットイヤーグループ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]