鈴与シンワート、サブスクリプション型データ連携サービス「TASUKE for 奉行クラウド」の機能追加及び「奉行V ERPクラウド」対応版の提供開始を発表

鈴与シンワート株式会社

From: PR TIMES

2023-12-20 11:46

鈴与シンワート株式会社(代表取締役 社長執行役員 徳田康行、本社所在地:東京都港区、以下「鈴与シンワート」という)は、株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長 和田成史、本社所在地:東京都新宿区、以下「OBC」という)が提供する導入シェアNo.1の業務クラウドサービス「奉行クラウド」と、あらゆるシステムとのAPI連携を低コストで可能にするサブスクリプション型データ連携サービス「TASUKE for 奉行クラウド」の機能追加と「奉行V ERPクラウド」対応版の提供を開始することを発表しました。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

  





■サブスクリプション型データ連携サービス「TASUKE for 奉行クラウド」を提供する背景

2023年4月より発売を開始した鈴与シンワートの「TASUKE for 奉行クラウド」は、「奉行クラウド」のデータ出力、データ登録、登録結果取得の3機能を提供して参りましたが、今回、1伝票単位連携、データ修正、データ削除、データ検索、画像データ取得、画像データ登録の6機能を加え、9つの機能を有することとなります。また、即戦力型SaaS ERPの「奉行V ERPクラウド」にも完全対応することでこれまで以上に、連携システムや連携項目を限定することなく、「奉行クラウド」「奉行V ERPクラウド」とより汎用的に、より自由にAPI連携を実現することができます。
[画像3: (リンク ») ]

■「TASUKE for 奉行クラウド」「TASUKE for 奉行V ERPクラウド」の特長


[表1: (リンク ») ]



■提供価格

[表2: (リンク ») ]


[表3: (リンク ») ]



「TASUKE for 奉行クラウド」「TASUKE for 奉行V ERPクラウド」のサービス詳細についてはこちらをご覧ください。
(リンク »)

■鈴与シンワートで奉行シリーズを導入するメリットについて

鈴与シンワートは自社所有データセンター「S-Port」で、高セキュリティかつ可用性・耐障害性の高いクラウドサービス(S-Port Cloud)を提供しています。S-Port CloudのIaaSに、奉行シリーズ導入に必要なOS、Office、データベースを装備し、奉行シリーズの導入作業を併せて提供しております。
また、鈴与シンワートはITインフラの構築・サービス提供から、パッケージソフトウェアの導入支援、業務システム開発、業務アウトソーシングまで、お客様の事業戦略を支えるICTソリューションをワンストップで提供しており、奉行シリーズのAPI開発や、奉行シリーズをベースとした人事給与BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の提供も可能です。
各種業務プロセスを熟知した経験豊富な技術者が多数在籍しており、手厚い導入支援が強みです。
S-Port Cloudへ奉行シリーズをインストールする「S-Port Cloud for 奉行」の詳細はこちらからご覧ください。
(リンク »)

■「奉行クラウド」「奉行V ERPクラウド」について

「奉行クラウド」「奉行V ERPクラウド」は、世界トップレベルのセキュリティを誇るマイクロソフト社の
「Microsoft Azure」で管理・運用する国産業務ソフトウェアのトップブランド「勘定奉行」のOBCが提供するSaaS型の基幹業務クラウドサービスです。

■「ASTERIA Warp」について

アステリア株式会社が提供する『誰でも、 もっと ASTERIA Warp(アステリア ワープ)』をコンセプトに、専門的な知識がなくても利用できるノーコードで設計開発をし、様々なシステムやサービスと連携して業務の自動化・効率化やデータ活用を実現する、17年連続国内シェアNo.1のデータ連携ツール※です。
※出典:テクノ・システム・リサーチ「2023年ソフトウェアマーケティング総覧 EAI/ESB 市場編」
10,000社以上の企業が導入した実績を誇り、システム間連携やデータ分析・マスターデータ管理を行う際のデータ統合、業務自動化など多彩な用途で利用されています。
(リンク »)

■鈴与シンワート株式会社について

鈴与シンワートは、鈴与グループ唯一の上場企業として大規模情報システムの開発、物流ITコンサルティングサービス、人事・給与・会計などの業務ソリューション及びアウトソーシングの提供、そしてデータセンター&クラウドサービスを展開しております。
(リンク »)

■株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)について

1980年の創業以来、業務パッケージシステム『奉行シリーズ・勘定奉行』を主力商品として、企業規模や業務拡大に合わせ、基幹業務に特化したラインアップを開発・販売しています。
創業時から変わることのないOBCの経営理念「顧客第一主義」のもと、“業務のDX化”をキーワードに『奉行クラウド』『奉行クラウドEdge』といった時代のニーズに合わせた商品をお届けし、累計72万社を超える導入実績を誇っています。
OBCでは長期的な展望のもとに、「顧客第一主義」を継続し、お客様と共に変化・成長し、新たな企業利益の創造を支援することで社会貢献に努めています。
(リンク »)


*「奉行クラウド」「奉行V ERPクラウド」は株式会社オービックビジネスコンサルタントの製品です。
*「ASTERIA Warp」はアステリア株式会社の製品です。
*本ニュースリリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

鈴与シンワート株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]