無料プランでも、献立管理業務が完結!管理栄養士・栄養士のためのクラウド型献立作成システム「buonoクラウド」を1月19日にリリース

株式会社エッセンティア

From: valuepress

2024-01-22 14:00

インターネット接続環境があれば利用できる、小規模施設勤務やフリーランスの栄養士も導入しやすいパソコン用システムです。レシピ・献立作成はもちろん、栄養価計算、栄養目標量設定、発注管理、帳票管理など、栄養士業務に必要な機能をすべて搭載。料理情報をユーザー間で共有することにより、献立品質や業務効率の向上にも寄与します。

WEB企画開発の株式会社エッセンティア(所在地:東京都港区、代表取締役:鈴木 秀明)は2024年1月19日(金)に、栄養士のためのクラウド型献立作成システム「buono(ボーノ)クラウド」をリリースしました。栄養士業務に必要な機能を絞り込み、使いやすさを重視して開発したシステムです。

▼ 「buonoクラウド」公式ウェブサイト: (リンク »)


■無料で業務を完結でき、費用の負担を減らす献立作成システム
献立作成システムは、初期費用がかかったり、月額費用が発生したりするものも多く、小規模施設勤務やフリーランスの栄養士にとって金銭的な負担となっていることが考えられます。一方、無料で利用できるシステムでは、機能が限られているために献立管理業務の全般をカバーできず、思うように効率化を進められない場合も。

そこで当社は、栄養士業務や費用の負担を少しでも軽減できるよう、無料で献立管理業務全般を完結できるシステム「buonoクラウド」を開発しました。献立作成、帳票出力、食材発注管理といった栄養士業務に必要な機能は、すべて無料プランで利用できます。「buonoクラウド」で作成された料理情報は他のユーザー全員と共有され、相互に閲覧・コピーが可能。有料プラン(月額2,500円・税抜)を利用することで、自身が登録した料理情報を非公開にすることもできます。また、「buonoクラウド」をもとに、自社専用のシステムへのカスタマイズを行える、ビジネスプランも用意しています。


■資格を持つ全国の栄養士と料理情報を共有。コピーも可能
「buonoクラウド」は、クラウド上でシステムを提供しているため、インターネット接続環境さえあれば、いつでもどこでも献立管理を行えます。

また、本システムの特色の一つとして挙げられるのが、料理情報の共有機能。他社製品の中には、同企業・同グループ内での共有機能を有するものもありますが、「buonoクラウド」は企業内だけでなく、本システムを利用する全国の栄養士と料理情報を共有できます(特許取得済)。

共有された料理情報は、閲覧はもちろん、コピー登録することもできます。料理はすべて、資格を有する管理栄養士や栄養士が実際に作成・提供しているものという、情報の質の高さもポイントです。この共有機能によって、献立品質や業務効率の向上に寄与するほか、各施設の自慢の一皿や歴史文化とともに受け継がれてきた郷土料理など、施設内にとどまっていた献立情報を日本中の給食現場に広められると考えています。さらに「buonoクラウド」は、当社が提供するAI自動献立SaaS型*クラウドサービス「buonoAI」との連携機能も備えています。

高齢化に伴うニーズ対応や栄養管理の複雑さ、食材の価格高騰、人材不足により、栄養士の業務過多は今後も加速すると考えられます。当システムによって効率化や利便性向上がはかられ、献立作成業務の負担軽減や、栄養士の方のスキルアップにつながることを願っています。

*”SaaS”とは、「Software as a Service」の略で、ソフトウェアをインターネットクラウド上で提供すること、またはそのソフトウェアのことをいいます。


■ビジネスモデル
本システムにおけるビジネスモデルは大きく4つあります。一つ目は、有料ユーザーによる利用料収入(月額2,500円税別)。二つ目は栄養士作成の料理献立データの販売です。給食現場で調理されることを想定した栄養士による良質な料理献立データはAI開発の学習データとして利活用できる点に注目し当該データを販売します。三つ目は広告収入です。ユーザーは全て栄養士の有資格者であり、また本システムを通じて献立を作成することから、毎月一定の時間、一定の回数本システムに接触することから広告媒体としての価値が高いと考えています。四つ目が給食会社等に本システムをカスタマイズして導入する受託開発です。


■栄養士の献立管理業務をサポートする、他のサービスも展開
当社は「buonoクラウド」に加えて、栄養士の業務をサポートする下記のサービスを提供しています。

1. buono Cooking Lab(BCL)
栄養士作成のレシピに基づく料理や献立を調理、撮影代行します。自社キッチンスタジオで撮影を行うため、コストを抑えてのご提案が可能です。介護施設や病院、保育園などの給食に使える月ごとの献立カレンダーの作成や、料理レシピ・調理器具の使い方等を示す調理動画の企画、撮影、編集も行っています。
▼ 「buono cooking Lab(BCL)」サービス公式ウェブサイト: (リンク »)

2. buonoレシピ
献立システムの「データ構造」と「機能」をもとにした、レシピサイトの構築と運用ができるクラウドサービスです。HTML*の知識がなくても、管理画面からレシピ・料理写真等を登録するだけで、リアルタイムに情報を追加・修正できます。また、栄養価や材料費などの自動計算機能や、主食・主菜・副菜といった献立データの作成・公開機能も有しています。
*HTMLとは「HyperText Markup Language(ハイパーテキストマークアップランゲージ)」の略で、Webサイトを作成するために使われる言語のことをいいます。
▼ 「buonoレシピ」サービス資料PDFはこちら
(リンク »)

当社は今後も「食」と「IT」の融合をコンセプトとし、これまで培ってきた知見や実績を生かして食に関する社会的課題を解決すべく、ツールの研究開発を行ってまいります。


【株式会社エッセンティアについて】
所在地:〒108-0073 東京都港区三田2‐14‐15 フロイントゥ三田710
代表者:代表取締役 鈴木 秀明
設立:2001年10月
電話番号:03-6417-0855
URL: (リンク »)
事業内容:
WEBサイト/WEBコンテンツの企画・制作
インターネットサービスの企画・運営


【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:株式会社エッセンティア
担当者名:山崎智一
TEL:03-6417-0855
Email:info@essentia.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]