Salesforce、小売業向けに業務の効率化とつながるショッピング体験を実現するデータとAIの新機能を発表

株式会社セールスフォース・ジャパン

From: PR TIMES

2024-01-29 13:47

Einstein 1 Platformを実装した新たなコマースとマーケティングのAI機能で、顧客インサイト、デジタルストア、AIでのコンテンツ制作によりショッピング体験を強化

※本資料は2024年1月14日に米国で発表されたニュースリリース( (リンク ») )の抄訳版です。本資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。

米国セールスフォース(以下、Salesforce)は、すべてのショッピング体験を変革する新たなデータとAIを活用したツールをNRF 2024( (リンク ») )で発表しました。Commerce Cloud( (リンク ») )やMarketing Cloud( (リンク ») )に生成AIが組み込まれたことにより、小売業者やマーケターは顧客の行動や嗜好をリアルタイムに把握しながら生成ツールを活用して顧客とのあらゆるやり取りを最適化し、ロイヤルティの向上や収益の拡大、従業員の生産性の向上につなげることができます。

これらの新しい革新的な小売テクノロジーは、Einstein 1 Platform( (リンク ») )を活用しています。Einstein 1 Platformは、リアルタイムのコンテキスト、ブランドボイスの一貫性、データガバナンス、セキュリティを確保するために大規模言語モデル (LLM) と安全に統合されており、小売データや買い物客データとシームレスに連携します。これにより、統合されたデータやAIを活用したアプリにより、まったく新しい買い物体験、小売業者体験、マーケター体験を実現します。

重要な理由:Salesforceの新たなデータによると、全世界の小売業者の83%( (リンク ») )(英語)がAIによって業務効率を高めています。また、63%のマーケター( (リンク ») )(英語)は、事業に生成AIを取り入れるためには信頼性の高い顧客データが重要であると述べています。
小売業者には、すべての顧客データを信頼性の高い単一のプラットフォームに一元化し、それを使用して極めて効率的なAI主導の小売体験を促進できるソリューションが必要です。

Salesforceの展望:Salesforce Customer 360アプリケーションおよびエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるジュジャー・シン(Jujhar Singh)は、次のように述べています。
「自社の顧客データを効果的に利用して信頼性が高く一貫性のあるコマース体験を構築している企業は、顧客ロイヤルティと収益性が高まります。どのような企業も新しい革新的な統合型のAIを活用したテクノロジーによって迅速な購入経路と高い顧客満足度を実現し、効率化と成長を促進することに注力しなければなりません」

買い物客のための新たなツール:
Einstein Copilot( (リンク ») )の新たな拡張機能であるEinstein Copilot for Shoppersは、買い物客とのパーソナライズされた対話を実現する消費者対応用の生成AIアシスタントです。買い物客は、デジタルストアフロントやメッセージアプリなど、小売業者のチャネル上で自然言語でのやり取りによって迅速に商品を見つけて購入することができます。たとえば、米国太平洋岸北西部の買い物客がキャンプ旅行のための道具が必要であるとEinstein Copilot for Shoppersに伝えたとします。Einstein Copilot for Shoppersは、既存の顧客データ(買い物客の位置、嗜好、購入履歴など)に基づいて、買い物客の好みのカラーの防水防風テントをおすすめし、即座に決済するためのリンクを提示します。

小売業者のための新たなツール:
Page Designerは、生成AIによる自然言語プロンプトを使用し、迅速にEコマースサイトやページをデザイン、作成、カスタマイズします。たとえば、小売業者はPage Designerにいくつかのプロンプトをインプットするだけで、既存ストアフロントでのブランディングを反映した新しいWebページを迅速に生成し、新たなランニングシューズシリーズのキャンペーンのランディングページを容易に作成できます。

Order ManagementのReturn Insightsは、データを分析して返品のパターンを調べ、AIを活用して小売業者に今後の返品を最小限に抑えるための商品ディスプレイの変更を促します。また、センチメント分析によって商品レビューのコメントや返品理由コードを評価し、商品ごとの問題に迅速に対処するためのアクションを提案します。

Inventory Insightsは、デジタル小売業者が在庫状況を明確に把握し、可能な限りいつでも商品を販売できるようにします。小売業者は在庫に関するデータやインサイトにほぼリアルタイムにアクセスして、容易に商品の予約や取り置きを管理したり、新たな商品需要の予測や、カスタマーサービス担当者に顧客のカートに追加できる商品を提案したりすることができます。

Customer and Product Insightsは、Commerce Cloud、Marketing Cloud、Data Cloud( (リンク ») )のデータを利用し、小売業者がトレンド(一緒に購入されることの多い商品の組み合わせ、強い関心を示している買い物客の人口統計データなど)をより適切に可視化し、狙いを定めた新しいコマース体験を構築できるよう支援します。



小売マーケターのための新たなツール:
Global Promotion Managementは、小売業者が顧客マーケティングデータ、プロモーションデータ、予測インサイトを統合してプロモーションの収益見込みを立てられるよう支援します。これにより、小売業者はロイヤルティメンバーと非ロイヤルティカスタマーの両方に対する価格設定とリワード戦略を容易に調整することができます。あらかじめ定義されたプロモーションテンプレートによるセットアップガイドを使用することにより、マーケターは割引やロイヤルティリワード付きのオムニチャネルプロモーションを迅速に設定、立ち上げ、展開し、より顧客とのエンゲージメントを高めることができます。

Referral Marketingは、ブランドが紹介プログラムを立ち上げ、あらかじめ用意されたテンプレートや「Likely to Refer」AIツール(紹介プログラムに参加する可能性の高い顧客を特定する組み込みツール)によって迅速にコンバージョンを向上させるために役立ちます。ブランドはトレンドを確認してプロモーションを微調整し、インタラクティブなEメールキャンペーン、ランディングページ、A/Bテスト、送信時間のパーソナライゼーションのすべてにおいて一貫性のある体験を生み出せるようになります。

Segment Creationは、小売業者が生成AIプロンプトと信頼性の高いData Cloudのデータを使用してターゲティングやパーソナライゼーションを改善できるよう支援します。小売業者は即座に新しいセグメントを作成して、マーケティング、コマース、サービスなどのタッチポイントにおいて、買い物体験の全体でパーソナライズされたカスタマージャーニーやオファー、レコメンデーションを提供することができます。

Content Creationは、マーケターがキャンペーンやパーソナライゼーション戦略におけるコンテンツ制作の課題を解決するために役立ちます。Einstein Trust Layer( (リンク ») )内のファーストパーティデータに基づいた生成AIを活用した自然言語プロンプトを使用することにより、マーケターはブランドに適しているパーソナライズされたビジュアルコンテンツ、Eメールの件名、本文を大規模に作成し、顧客満足度とコンバージョンを改善することができます。



ユーザー企業の声:
Shoe Carnival社のEコマースおよびCRM担当副社長であるケント・ジマーマン(Kent Zimmerman)氏は次のように述べています。
「Shoe Carnivalは、店舗とオンラインの両方でパーソナライズされた楽しいショッピング体験を顧客とロイヤルティメンバーに提供していることに誇りを持っています。Salesforceの総合的なプラットフォームは、当社がデータとAIを活用し、マーケティング、コマース、サービス、ロイヤルティ管理の全体でカスタマイズされたオムニチャネルの小売体験を提供するために役立っています」

新機能の提供状況:
Einstein Copilot for Shoppersはパイロット実施中であり、2024年夏に一般提供が開始される予定です。(日本市場での提供時期は未定)

Page Designerはパイロット実施中です。(日本市場での提供時期は未定)

Order ManagementのReturn Insightsは現在、一般提供されています。(日本市場での提供時期は未定)

Customer and Product Insights DashboardとInventory Insightsはパイロット実施中であり、2024年夏に一般提供が開始される予定です。(日本市場での提供時期は未定)

Global Promotion Managementはパイロット実施中であり、2024年春に一般提供が開始される予定です。

Referral Marketingは現在、一般提供されています。

Segment Creationはパイロット実施中であり、2024年春に一般提供が開始される予定です。(日本市場での提供時期は未定)

Content Creationは現在、一般提供されています。(日本市場での提供時期は未定)



関連情報
Salesforce for Retail( (リンク ») )の詳細を見る。

Salesforce Commerce AIツール( (リンク ») )を見る。

Salesforceが明らかにした最新のEコマースのトレンドとインサイト( (リンク ») )(英語)を確認する

マーケティングにおける生成AIのトレンド( (リンク ») )(英語)のレポートを読む。



Salesforceについて
Salesforceは、データ+AI+CRM(顧客関係管理)+信頼の力で、あらゆる規模や業種の企業が顧客とつながることを支援します。Salesforceの詳細については、salesforce.com/jp をご覧ください。

ここで言及された未提供のサービスや機能は、現在利用できないものであり、予定通りに、または全く提供されない可能性があります。お客様は、現在利用可能な機能に基づいて購入をご判断くださいますようお願いいたします。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社セールスフォース・ジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]