主要RDBMSとNoSQL間でリアルタイムなデータレプリケーションを実現するクラウドネイティブ ツール「Gluesync」の販売開始

株式会社クライム

2024-02-07 11:00

株式会社クライム(東京都中央区)はイタリアMOLO17社が開発したコンテナでクラウドネイティブに動作する主要RDBMSとNoSQL間でのリアルタイムなデータレプリケーション ツール「Gluesync」の販売開始を本日2024年2月7日に発表しました。
Gluesyncは主要なRDBMS(Microsoft SQL Server、Oracle、DB2、PostgreSQL等)とAerospike、Couchbase、MongoDB等のNoSQL間でリアルタイムにデータをレプリケートできます。データセット全体(スナップショット)または変更されたデータのみ(CDC)を複製して、最適なパフォーマンスを実現します。

現在のアプリケーションに、ダウンタイムなしでGluesyncをインストールし実行できるため、双方向レプリケーションを使用して、既存のRDBMS上にある重要なデータシステムを最新の状態に保ちつつ、データのオフロード、キャッシュ、分析など新しいデータ集約型のアプリケーションで必要なNoSQLを活用できます。

■Gluesyncの主な機能

●様々な構成に柔軟に対応
・RDBMからNoSQL
・NoSQLからNoSQL
・RDBM/NoSQLからBigData

●多種RDBMSとNoSQLをサポート
例:IBM Db2、IBM i (AS/400)、Microsoft SQL Server、 Oracle Database、 MariaDB、 MySQL、PostgreSQL、 Sybase ASE / SAP SQL Anywhere、Couchbase、 Amazon DynamoDB、Apache HBase、MongoDB

●クラウドネイティブ(コンテナ)
Gluesyncはコンテナとして提供されます。これにより、軽量なスタンドアロンの実行可能パッケージとして迅速に構成・展開ができ、クラウド/オンプレ環境も問いません。

●データモデリング
RAM上にてオンザフライで実施されるデータモデリングにより、レプリケーションされるデータをカスタマイズ可能です。
・フィールド(カラム)の除外、フィールド(カラム)名の変更
・SQLクエリ>JSONモデリング
・深さのレベルを自由に定義し、ネストされた構造のモデリングにも対応

■ 価格:オープン価格
Gluesyncは年間サブスクリプション ライセンスになります。

■評価版:
弊社ホームページ( (リンク ») )から14日間の無料評価版を申し込むことができます。

■製品概要ページ: (リンク »)

■MOLO17社について:
MOLO17社はイタリアと米国に拠点を置き、ダウンタイムや事業継続性に影響を与えることなく、企業データの安全を確保する製品とソリューションをクラウド、オンプレミス、あらゆる種類のモバイルデバイスを問わず、最高峰のNoSQLデータベース技術で提供します。

■株式会社クライム
株式会社クライムは1984年に設立され、仮想化/クラウド/データベース分野に特化して、ソフトウェアの販売・企画・保守・サポート・コンサルティングを提供しています。
所在地: 東京都中央区日本橋蛎殻町1-36-7
TEL  : 03-3660-9336 Fax: 03-3660-9337
URL  : (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

Gluesync概要

用語解説

NoSQLデータベースは、データの格納と取得の方法がRDBMSとは異なっています。データの形が一意ではなく複数の形式が同時に存在し得るデータに対し、テーブル構造(スキーム)を固定することなく、そのままの形で格納できるのが特徴です。RDBMSに比べて拡張性とパフォーマンスが高いという利点があります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クライムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]