GoAEROが多目的なEmergency Response Flyersの創造を鼓舞するため、200万ドル以上のコンテストを立ち上げ

GoAERO Prize

From: 共同通信PRワイヤー

2024-02-07 17:56

【画像: (リンク ») 】

3年にわたる世界的コンテストは、公共の利益を提供する航空ソリューションを設計、開発、構築したチームを褒賞

サンタクララ(米カリフォルニア州), 2024年2月7日 /PR Newswire/ -- Vertical Flight Society (リンク ») の2024 Transformative Vertical Flight会議で6日、GoAERO (リンク ») は、ポータブルで多目的かつ自動対応のEmergency Response Flyersの創造を鼓舞することを目的とした3年にわたる世界的コンテストGoAERO Prizeの立ち上げを発表しました。コンテストを通して、各チームは総額200万ドルを超える賞金を求めて競い合います。

  GoAERO Launches $2+ Million Competition to Inspire Creation of Versatile Emergency Response Flyers
本コンテストは、危険にさらされている人々を救助し、医療緊急事態、人道危機、気候変動、自然災害がもたらす課題に対応する航空ソリューションを生み出すため、世界中の起業家、エンジニア、学生、企業に呼び掛けるものです。各チームは、人々を救助し、初期対応要員を派遣し、緊急物資を提供し、人道活動を支援する緊急対応航空テクノロジーを設計、開発、構築するよう求められます。

GoAEROのGwen Lighter最高経営責任者(CEO)は「緊急対応要員は困っている人々を助けるために命を懸けます。彼らには、幅広い救助活動を実行できる最高かつ最も優れたテクノロジーがふさわしいです。GoAERO Prizeは、緊急対応テクノロジーの重大な隔たりを埋めるのに役立つ手頃でポータブル、多目的かつ自動対応のEmergency Response Flyersの創造を鼓舞し、促進することを望んでいます」と述べました。

GoAERO Prizeは、  (リンク ») ボーイング(Boeing) (リンク ») 、NASA(米航空宇宙局) (リンク ») 、RTX (リンク ») 、イリジウム(Iridium) (リンク ») 、Xwing (リンク ») 、その他の航空宇宙団体を含む国際的に認められた航空宇宙産業のリーダーの広範なネットワークによって支えられています。コンテストの一環として、各チームはこれらの団体の多くで活動するメンターや技術者から助けを得られるだけでなく、訓練、講義、ソフトウエアも利用することができます。

Lighter氏と並んで、NASA ARMD(米航空宇宙局航空研究本部)のBob Pearce副本部長は会議で「NASAには、日常生活を向上させ、災害対応を支援する新しいテクノロジーの草分けとなってきた長い歴史があります。GoAEROは、人類にとってより良い未来を探求、発見、構築するために航空を利用できるというわれわれのビジョンを共有しています」と語りました。

コンテストは、3段階で構成されます。第1段階の「ペーパーステージ」は、技術文書のデジタルでの提出を要します。第2段階は構築フェーズで、サブスケールもしくはフルスケールのフライヤーを通したコンセプト検証を要します。第3段階は最終段階で、Final Fly-Off(最終性能比較飛行)が行われ、そこで各チームは自分たちのフライヤーを用いて5つの実際の緊急対応ミッションを完了しなければなりません。

Final Fly-Offでは、フライヤーは精度、生産性、逆境、適応力、操作性で審査されます。各カテゴリーで最も得点を集めたチームが、75万ドルのTop Prizeを獲得します。また、各チームはRTXからの10万ドルのDisruptor Awardや10万ドルのAutonomy Awardを受賞するチャンスもあります。コンテストを通して、その他の賞金も授与されます。

▽GoAEROについて

GoAEROは命を救う斬新な飛行技術を生み出すために設立されました。当社のミッションは、自然災害、医療緊急事態、気候変動、人道危機がもたらす課題に対応する革新的な航空ソリューションを生み出すこと、これらの救命航空機の安全で効果的な配備計画を確保するために産業、政府、航空、初期対応要員団体の協力的なネットワークを構築することの両方です。

2024年にGoAEROはGoAERO Prizeを立ち上げました。これは、危険にさらされている人々を救助し、あらゆる場所の災害に対応するEmergency Response Flyersの創造を鼓舞することにコミットしている世界的なコンテストです。200万ドル以上の賞金を用意しているこのコンテストは、安全、ポータブルで頑丈な自動対応のフライヤーを創出します。GoAERO Prizeで競うチームは3年以上の期間をかけて競い合い、専門家の指導、世界的な注目、ソフトウエアや製品、サービスへのアクセス、賞金から恩恵を受けます。チームの登録やGoAERO Prizeの詳しい情報はGoAEROprize.com (リンク ») をご覧ください。

Video -  (リンク »)
Logo -  (リンク »)

(日本語リリース:クライアント提供)
PR Newswire Asia Ltd.

【画像: (リンク ») 】

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com (リンク »)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]