GIGABYTE、Intel Core Ultra 7プロセッサを搭載した15.6型AIゲーミングノートPC「AORUS 15 BKG-13JP754SH」を発売

GIGABYTE Technology Co., Ltd.

From: DreamNews

2024-02-08 13:00

2024年2月8日 - GIGABYTE Technology Co., Ltd. 台湾・新北市 - コンピュータテクノロジーで世界をリードするGIGABYTE Technologyは、CPUに最新のIntel Core Ultra 7プロセッサを搭載した15.6型AIゲーミングノートPC「AORUS 15 BKG-13JP754SH」をGIGABYTEノートPC取扱店を通して2月10日より販売を開始いたします。市場想定価格(税込)は、270,000円前後です。




「AORUS 15 BKG-13JP754SH」は、Intel、NVIDIA、そしてGIGABYTEの3社の最新AI技術を結集したAIゲーミングノートPCです。CPUには、開発コードネーム“Mentor Lake”で知られる、従来のCore iシリーズよりも電力効率を追求した「Intel Core Ultraシリーズ」を採用しました。Core Ultraシリーズは、パフォーマンス重視のPコア、効率重視のEコアに、より省電力性を高めたLP Eコアを加えた3種類のCPUコア構成をとっています。本製品には、6基のPコア、8基のEコア、2基のLP Eコアの16コア/22スレッド構成のCore Ultra 7 155Hを搭載。内蔵GPUには、最新のXe-LPGアーキテクチャを採用した8基のXeコア、8基のレイトレーシングユニット、128基のベクトルエンジンで構成されるIntel Arcグラフィックスを統合し、グラフィックス性能のみならずAI処理能力も向上させています。

ディスクリートGPU(単体GPU)として、Ada Lovelaceアーキテクチャ採用によりAI性能も強化された、NVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU GDDR6 8GB(最大ブーストクロック2370MHz、最大消費電力140W)を搭載しています。ディスクリートGPUの性能をフルに引き出せるようにする、MUXスイッチテクノロジーを採用しており、より応答性にすぐれたゲームプレイが可能になります。

Core Ultraプロセッサには、AI向けプロセッサであるNPU「Intel AI Boost」が2基統合され、より電力効率にすぐれ、レイテンシーの少ないAI処理を可能にしています。Core UltraプロセッサのCPUコアおよびGPUコアにもAI処理の最適化を施しており、これらとNPUを組み合わせることで生成AIのパフォーマンスを最大70%向上させることが可能になります。これにより、本製品ではAI処理時のバッテリー駆動時間を最大12時間まで延ばすことができるようになりました。さらにAC電源接続時には、NVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPUの性能を活かし、より高速なAI処理が可能となります。

GIGABYTE独自ツール「Control Center」の最新版に、AI機能「AI Nexus」を搭載しました。事前の学習を反映することでAC電源の状況を監視し、電源に接続されている時には外付けGPUを有効にし、バッテリー駆動時にはCPU内蔵グラフィックスに自動的に切り替えることで、バッテリー駆動時間を最大40分伸ばす「AI Power Gear」、ゲーミングモード時にはオーバークロック動作を有効にしてパフォーマンスを向上させる「AI Boost」、invoke AIと組み合わせることでローカル環境でも手軽に生成AIを活用できるようにする「AI Generation」などの機能を統合しています。

ディスプレイには、リフレッシュレート165Hz駆動の狭額縁15.6型QHD(解像度2560×1440ピクセル)IPSレベル液晶パネルを採用いたしました。本パネルは、sRGB 100%の広色域カバー率を実現し、Pantone色校正認証により正確で深みのある色を再現します。また、ブルーライトカットおよびフリッカーフリーのTÜV Rheinland Eyesafe認証も取得しており、長時間使用による目の疲れを軽減します。

その他、 GIGABYTE独自の冷却機構WINDFORCE Infinityの設計を全面的に見直し、筐体の薄型化を可能にするとともに、CPUとGPUを効率的に冷却して静かで安定した動作を実現します。キーボードには、3ゾーンRGBバックライト付き日本語配列キーボードを採用しています。ネットワーク機能としては、2.5Gbps有線接続を実現するRealtek RTL8111Hチップと、Wi-Fi 6E対応のワイヤレスモジュールを採用し、ネットワーク帯域をゲームプレイに優先的に割り当てることで安定したゲームプレイを支援します。サウンド機能として、映画館などにも導入されているDolbyの最新3D空間オーディオ技術「Dolby Atmos」を採用しました。これまでのサラウンドオーディオに、上面などのさらなる空間レイヤーを加えることで、より没入感のあるサラウンドオーディオ体験を提供します。

本製品の主な仕様は以下のとおりです。




製品の詳細につきましては、製品情報ページをご参照ください。

【製品情報】
AORUS 15 (2024)
(リンク »)

□お客さまからのお問い合わせ先
 GIGABYTEノートパソコン
 E-mail:giga-nsc@3acorp.co.jp
 URL: (リンク »)
 LINE ID:@mhx5944o
 電話番号:0570-001-081
 対応時間:10:00~18:00(土日祝除く)


GIGABYTE Technologyについて
PC業界の世界的リーダーの一社であるGIGABYTEは、「Upgrade Your Life(生活を向上させる)」ことを目指し、包括的な製品ラインナップを提供しています。コンシューマ、ビジネス、ゲーム、クラウドシステムなどを網羅する専門知識を有するGIGABYTEは、常に研究と革新を駆使し、ユーザーニーズを満たします。 GIGABYTEは、数々の受領歴を持つマザーボード、グラフィックカード、ラップトップ、ミニPCおよびその他のPCコンポーネントとアクセサリで知られ、特許を取得したDualBIOSおよびUltra DurableテクノロジーでPC業界に革命をもたらしました。 PCテクノロジーのエキスパートとして、GIGABYTEは、5G時代に理想的なインフラストラクチャを開発すべく、AIとAloTアプリケーションを統合するハードウェアとソフトウェアソリューションでビジネスサーバーとクラウドシステムの範囲を拡大する準備を整えています。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]