旅行を感動へ導く新次元のマーケティングツール、「talkappi MARKETING」が遂に登場!

株式会社アクティバリューズ

From: PR TIMES

2024-02-13 14:46

宿泊ビジネスを変革!効果的なマーケティング戦略で持続可能な成長を実現

観光分野のDXを推進する株式会社アクティバリューズ(東京都渋谷区)は、日本の代表的なホテルや旅館が多く利用している顧客体験プラットフォーム「talkappi(トーカッピ)」に、宿泊業界向けの新しいマーケティング支援ツール「talkappi MARKETING(トーカッピ・マーケティング)」を、2024年3月から提供を開始いたします。

talkappi MARKETINGは、宿泊施設特化のマーケティングツールとして、顧客データ収集、分析、配信や販売促進をワンストップで行うことができます。データ活用を効率的に行い、顧客の獲得と満足度向上に寄与できます。

詳しくは、talkappi公式サイトよりご確認ください。
URL: (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

■talkappi MARKETINGの開発経緯
宿泊業界では、自社予約率やリピーター率の低下が課題となっています。また、現状では宿泊に特化した効果的なマーケティングツールが不足しています。
宿泊施設はマーケティング強化を図りたいが、データに基づいた効果的な分析が行えず、メルマガの一斉配信や手作業の個別送付に限定されています。さらに、コストと時間がかかる商品企画やキャンペーンの実施において、意思決定の際の根拠が不足しています。
プロモーションやキャンペーンの実施においては、配信やLP作成、クーポン管理、集計・分析などが必要で、複数のツールを使用しなければなりません。操作も煩雑であり、効率的な作業が難しい状況です。
これらの課題を解決するため、宿泊業界に特化したマーケティング支援ツールである「talkappi MARKETING」の開発に至りました。

■talkappi MARKETINGの主要機能
マーケティングオートメーション(MA)機能


1.手軽にプロモーション実施
ターゲットユーザーへのメッセージ配信と、LINEなどを活用した効果的なプロモーションとキャンペーンの実現
2.多言語対応のウェブページを容易に作成
インバウンド観光客の集客をサポート、キャンペーンごとのLPとして活用
3.アンケート統計
多言語でアンケートを作成、その結果を集計と分析、そして分かりやすくレポートすることにより、データ駆動の意思決定を促進
4.クーポン管理
多言語クーポンの作成と管理で宿泊施設を訪れるゲストを引きつけ、グローバルな視点でのクーポン戦略を実現し、集客の手段として活用
ビジネスインテリジェンス(BI)機能


1.お客様の行動分析
ユーザーの会話履歴および行動履歴に基づいたセグメント分析により、ターゲットを的確に特定
2.非構造化データのテキストマイニング
レビューやコメントなどのテキスト情報を解析し、ユーザーの関心や相関関係を抽出
3.予約内容とアンケート回答に基づいたセグメント抽出
予約データとフィードバックを組み合わせたセグメント抽出によりゲストにタグ付け、パーソナライズされたサービス提供を実現
4.マーケティング効果の自動計測と分析
流入経路、開封率、クリック率、成約率などのデータを自動で計測し、マーケティング効果の実測と分析により、施策の改善を促進
[画像2: (リンク ») ]

宿泊に特化したシステム連携


1.PMSとのデータ連携
宿泊施設の予約情報と館内消費データの統合により、効果的な運営とサービス向上をサポート
2.既存会員情報との連携
既存会員情報の有効活用により、リピート率向上と顧客ロイヤリティの構築を支援
3.サイトコントローラとの連携
クーポン配信から即時予約へのスムーズな導線を確立し、効果的なオンラインプロモーションを実現
4.talkappi各種サービスとのデータ連携
顧客体験プラットフォーム「talkappi」とのデータ連携により、総合的な情報活用とサービスの向上を図る
その他便利な機能


1.カスタマージャーニー(旅マエ、旅ナカ、旅アト)
顧客ひとりひとりの旅行体験を集約・分析し、感動的なサービス提供を可能に
2.生成系AIの活用
先進的なAI技術を駆使して、ユーザー意思決定を促進
[画像3: (リンク ») ]

talkappi MARKETINGは、宿泊業界のニーズにマッチした総合的なマーケティングツールとして、効率的かつ効果的な運用を可能にすることで、宿泊施設の持続的な成長と競争力の強化を目指しています。

詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。
★お問合せ専用フォーム: (リンク »)

■「国際ホテル・レストラン・ショー」に出展&「HCJセミナー」に登壇
2024年2月13日(火)~16日(金)の4日間にわたり、東京ビッグサイトで開催される外食・宿泊・レジャー業界に向けた商談専門展「国際ホテル・レストラン・ショー(HCJ2024)」に出展いたします。
会場ではデモのご案内から、talkappiの各種機能や運用の説明、即時商談までさせていただきます。
サービスの機能に限らず、導入施設での運用事例やDXの取り組みなどもご紹介できますので、これを機会に是非お立ち寄りください。
【出展詳細】
会期:2024年2月13日(火)~16日(金) 10:00~17:00(最終日は16:30まで)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟 (東京都江東区有明3-11-1)
ブース番号:6-W03(talkappi/株式会社アクティバリューズ)
来場方法:スムーズな入場のために事前の来場登録が推奨されます。

また、展示会初日(2月13日)の昼頃、当社は「HCJセミナー」にも登壇させていただきます。観光需要回復に伴う人手不足課題をDXで乗り越える方法を詳しく紹介いたします。ご関心をお持ちの方は、ぜひ、HCJセミナー会場にお越しください。
【当社セミナーの詳細】
日時:2024年2月13日(火) 12:10~12:50
会場:HCJセミナー特設会場(東5ホール)
テーマ:需要回復に伴う人手不足課題をDXで乗り越える
~今話題のAIチャットボットを活用した顧客対応の効率化~
講演者:アクティバリューズ 執行役員 妹尾 圭祐
参加方法:聴講無料、事前登録制

なお、展示会にスムーズなご入場およびセミナーのご聴講には、事前登録が必要となります。登録方法の詳細は、HCJ2024公式サイトよりご確認ください。
URL: (リンク »)

■「talkappi」について
「talkappi」は、観光分野に特化したAI活用の顧客体験プラットフォームです。日本語、英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語を含む最大109言語に対応可能、日本の代表的なホテルや旅館・観光自治体・観光体験事業者が多く利用しています。導入施設の公式HPに加えて、公式アプリ、LINE公式アカウント、Facebookページ、WeChat公式アカウントなど様々な顧客チャネルに対応しています。
[画像4: (リンク ») ]

下記の主要機能を備えております。
AIチャットボットによる問合せの自動応答

チャットで完結できる予約・販売

チャットボットのデータからFAQページを自動生成

セグメント別プロモーション配信

アンケート実施、クーポン発行

提供サービスやイベントなどの予約・申込

多言語ウェブページの簡単作成

旅ナカの全てをカバーする専用アプリ「VERY」

観光と宿泊に特化したマーケティング支援ツール


詳しくは、下記よりご覧ください。
URL: (リンク »)

★無料オンラインセミナーを毎月開催!
宿泊施設の様々な課題を取り上げ、AIなどの最新技術での解決方法や業界のトレンド、他施設の活用事例などを共有致しますので、ぜひご参加ください。
◎ご参加申込はこちらへ
URL: (リンク »)

【会社概要】
会社名:株式会社アクティバリューズ
所在地:東京都渋谷区代々木1-30-14
会社設立:2016年6月17日
代表取締役社長:陳 適
資本金:1億9,270万円(資本準備金を含む)
URL: (リンク »)

株式会社アクティバリューズは、「観光で地域を元気にする、交流を通じて世界平和に貢献する。」という理念のもと、観光分野の技術革新に挑戦し続けています。今後も機能の拡張とサポート領域の拡大に注力し、より一層のサービス向上に取り組んでまいります。

■本件に関するお問い合わせ
株式会社アクティバリューズ
info@activalues.com
担当:妹尾(営業)、李(広報)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]