ドリーム・アーツ、パートナープログラムを開始~SmartDB(R)を核とした「デジタルの民主化」エコシステム構築へ~

株式会社ドリーム・アーツ

From: PR TIMES

2024-02-14 16:07

 大企業向けクラウドサービスの株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、このたび主力製品「SmartDB(R)(スマートデービー)」を核とした「デジタルの民主化」を実現するエコシステム構築に向けて、新制度「ドリーム・アーツ パートナープログラム(DreamArts Partner:DAP)」を本日2024年2月14日より開始することを発表します。



■ドリーム・アーツ パートナープログラム開始の背景
 「デジタルの民主化」は私たちの重要なコンセプトです。 システム部門以外の業務部門の社員でも、自ら業務をデジタル化し活用することが「デジタルの民主化」であり、今このコンセプトに賛同する大企業が増えています。 テクノロジーの進化により、エクセルが操作できるくらいのITスキルがあれば、業務部門の人たちでもデジタル化を担える時代です。
 しかし、それでもまだ増大するデジタルニーズに対してIT人材が不足しているというのが現実です。 今や現場業務だけでなく、ERPの周辺業務までもノーコードツールでシステム化できるところまで来ていますが、そこにはやはりITの専門家としての知見やシステムインテグレーションのノウハウが必要です。
さらに「デジタルの民主化」は、国内IT産業の課題である多重下請構造やウォーターフォール開発による受託開発型ビジネスの変革に大きな影響をもたらします。
 「デジタルの民主化」の実現に欠かせないのが大企業を支援する専門的な知見を持つ伴走者の存在です。「デジタルの民主化」で日本のDXを推進する志を持つパートナーと共に今回ドリーム・アーツ パートナープログラムを開始しました。

■4種類のパートナー
ドリーム・アーツ パートナーは以下の4種類です。
【図1:4種類のドリーム・アーツ パートナー】
DreamArts Partner(DAP)
幅広い領域で大企業のサポート

[画像1: (リンク ») ]


■ドリーム・アーツ パートナープログラムに加入するメリット
最大のメリットは「ビジネスモデルの変革」です。 今までの受託開発・人月換算モデル=人にしか付加価値がつけられないビジネスモデルから脱却できます。

1:最新のクラウド型ビジネスモデルに転換
最新技術を用いたクラウドサービスSmartDB(R)をきっかけにクラウド型のビジネスモデルに参入できます。
2:新たな価値創出で提案の幅を拡大し、大企業とも直接取引
元々持っている知見やノウハウとSmartDB(R)を組み合わせた新たな価値、マーケットを創出。 提案の幅が広がることで、大企業の現場に深く入り込み課題解決策を提案できます。
3:従業員採用の市場で魅力度UP、若手の人材育成
大企業の本質的な課題解決に関わる魅力的な仕事は、優秀な人材のリクルーティングにもつながります。 また、まだプロジェクトマネージャーを担えない若手人材もSmartDB(R)開発者として活躍できます。

 本プログラムの詳細は以下のページからご確認ください。 プログラムへの参加をご検討される方、各パートナープログラムの認定条件、年間契約料、個別の審査についてなど、詳細はページからお問い合わせください。
URL: (リンク »)

■パートナープログラムに加入するためのSmartDB認定資格について
 各プログラムに加入するためには、SmartDB認定資格の保有者数などが条件となります。詳しくはお問い合わせください。
※SmartDB認定資格制度(SmartDB Certified Specialist)についてはこちらをご覧ください。
 URL: (リンク »)

■プログラム賛同パートナー 一覧
 ドリーム・アーツ パートナープログラムに賛同いただいている企業一覧です。
[画像2: (リンク ») ]



■株式会社JALインフォテック様からのコメント
 株式会社JALインフォテックは、新制度「ドリーム・アーツ パートナープログラム(DreamArts Partner)」の発表を歓迎し、賛同いたします。 本パートナープログラムは単なる販売パートナーという枠に留まらず、さまざまな役割を選択でき、元々私たちが持つシステムインテグレーションのノウハウとSmartDB(R)を組み合わせることによって、新たな武器になると確信しております。 「多重請負構造」から脱却し、お客さまの現場に深く入り込み課題解決に直接お役に立てることは、ビジネスそのものだけでなく人財獲得や若手の育成にも期待できます。 私たちは本プログラムのコアパートナーとして、「デジタルの民主化」をドリーム・アーツとともに推進してまいります。

■大企業向け業務デジタル化クラウドSmartDB(R)の特長
 SmartDB(R)は、大企業向け市場シェアNo.1のノーコードでアプリ開発を実現するクラウドサービスです。 現場部門による市民開発から基幹システム周辺業務まで、幅広い業務をカバーし、数多くの大企業で50万名以上がSmartDB(R)を採用しています。
【図2:SmartDB(R)の活用範囲】

[画像3: (リンク ») ]


一般的な業務のデジタル化から基幹システム(ミッションクリティカルシステム)
周辺領域に至るまで幅広い範囲で活用できます。

※SmartDB(R)サイトURL: (リンク »)

 ドリーム・アーツは、今後もお客さまのニーズを捉え、「現場力強化」、「企業競争力向上」に役立つトータルソリューションを提供してまいります。

株式会社ドリーム・アーツについて  (リンク »)
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。 「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。 大企業向け業務デジタル化クラウドSmartDB(R)、多店舗オペレーション改革を支援する「Shopらん(R)(ショップラン)」、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(R)(インスイートエックス)」などのクラウドサービスを開発・提供しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ドリーム・アーツの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]