高齢者専門宅配弁当『宅配クック ワン・ツゥ・スリー』南部店オープン

株式会社シニアライフクリエイト

From: PR TIMES

2024-02-26 12:47

青森県で5店舗目 2024年2月26日(月)より



高齢者専門宅配弁当サービスを展開する株式会社シニアライフクリエイト(本社:東京都港区、代表取締役:高橋洋)は、青森県で5店舗目となる『宅配クック ワン・ツゥ・スリー』南部店(配達エリア:青森県三戸郡南部町および三戸町)を2024年2月26日(月)にオープンいたします。
[画像: (リンク ») ]
『宅配クック ワン・ツゥ・スリー』南部店 外観
◆人口の4割が高齢者の町で新店舗オープン 健康寿命伸長の一助に
「青森県の人口、世帯、住居の状況(令和2年国勢調査)」※1によると、南部町の高齢化率(65歳以上の高齢者の割合)は40.0%、三戸町は41.8%と、県全体の平均(33.7%)より高く、人口の4割が高齢者となっています(2020年時点)。こうした中、「第8期南部町介護保険事業計画・高齢者福祉計画」※2では、高齢者が安心して暮らせるまち・住まいの基盤整備や高齢者の社会参加と生きがいづくりの支援等の高齢者に向けた施策を策定、「三戸町高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画」※3では、高齢者福祉サービスの充実や高齢者の健康・生きがいづくりを推進しています。当社では、青森県内のより多くの高齢者にお弁当をお届けすることができるよう、青森県内で5店舗目となる南部店をこの度オープンすることとなりました。これにより、南部町と三戸町にお住まいの高齢者の健康寿命伸長とともに、生きがいづくりや安心して生活できる住まいの基盤整備に貢献してまいります。

◆親族の病気療養のサポートを介して「食事を楽しみにする気持ち」を実感したオーナー
『宅配クック ワン・ツゥ・スリー』南部店の開業に際し、南部店の寺澤オーナーは次のように語っています。
【南部店 寺澤オーナーのコメント】
「親族の病気療養のサポートをしている時に、一緒にスーパーに行き、晩御飯を食べて話をする時間を楽しみにしていて、その時間が少しでも減ってしまうととても残念がっていた経験が心の中にずっと残っていました。食事やコミュニケーションを楽しみにする高齢者に何かできないかと思う中で、自身の想いと重なる部分を感じ、この度『宅配クック ワン・ツゥ・スリー』南部店をオープンさせていただくこととなりました。今後は食を通じて、地域へ貢献していきたいと思います。」

◆全国各地で切れ目のない配食網の実現へ
『宅配クック ワン・ツゥ・スリー』では、在宅の高齢者を中心に、宅配時の手渡しによる見守り・安否確認を創業時より実践しており、昼食・夕食を別々に届け1日2回訪問することで、顧客にとってより一層身近な存在となれるよう努めています。お届けの際にお客様の異常を発見した場合には、速やかにケアマネジャーやご家族と連動する地域密着型の独自のサービスを展開しています。また、お届けするお弁当は、管理栄養士が栄養バランスを考慮して献立を作成し、エネルギーやたんぱく質をしっかりと摂取することができます。前日18時まで注文やキャンセルを受け付けており、ケアプランや生活スタイルに合わせた利用ができるよう曜日別の注文が可能な他、口腔状態に合わせて刻み対応やおかゆへの変更も無料で行っています。当社では、今後より多くのお客様にこれらのサービスを提供できるよう、全国各地で切れ目のない配食網の実現を目指してまいります。
※1 青森県の人口、世帯、住居の状況(令和2年国勢調査)
(リンク »)
※2 第8期南部町介護保険事業計画・高齢者福祉計画
(リンク »)
※3 三戸町高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画
(リンク »)
※4青森県内の店舗および配達エリア
店舗:弘前店、ハッピー・ドラッグ勝田店、八戸店、十和田店、南部店(2月26日オープン)
配達エリア:弘前市・藤崎町・田舎館村、青森市(中部)、八戸市(東部)・階上町(角折柄・蒼前西・蒼前東)、十和田市、南部町・三戸町(2月26日以降)
店舗概要
施設名:宅配クック ワン・ツゥ・スリー 南部店
オープン日:2024年2月26日(月)
配達エリア:青森県三戸郡南部町および三戸町
所在地:〒039-0503 青森県三戸郡南部町大字平字虚空蔵4-2
電話番号:0120-117-123
営業日:年中無休 ※正月3が日のみ休業
ホームページ: (リンク »)
会社概要
会社名:株式会社シニアライフクリエイト
代表:代表取締役 高橋 洋
本社:東京都港区三田3丁目12番14号 ニッテン三田ビル6F
電話番号:03-5427-3981
ホームページ: (リンク »)
設立:1999年12月
資本金:5,000万円
事業内容:
1)高齢者専門宅配弁当「宅配クック ワン・ツゥ・スリー」 フランチャイズ本部の運営
2)高齢者施設向食材卸事業「特助くん」の運営
3)高齢者向コミュニティサロン「昭和浪漫倶楽部」の運営
4)高齢者施設向厨房受託事業「結の台所」の運営
5)個人向通販事業「健康直球便」の運営

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]