デジタル人材不足に採用から育成までを支援する新サービス「採用支援×DX BOOSTER」提供開始

シナジーマーケティング株式会社

From: PR TIMES

2024-03-06 13:47

ビジョン共感型のポテンシャル人材で、スタートアップや中小企業のデジタル人材の採用課題に応える



シナジーマーケティング株式会社(所在地:大阪市北区、代表:奥平 博史、以下当社)は、デジタルマーケティング自走支援サービス「DX BOOSTER(読み方:ディーエックスブースター)」と、株式会社オモワク(所在地:大阪市北区、代表:高山 敦司、以下オモワク)が提供する事業フェーズに適した人材マッチングサービスを組み合わせた新サービス「採用支援×DX BOOSTER」を開始しました。本サービスでは、デジタルマーケティング専門スタッフが、企業のビジョンや事業に共感し将来の成長に貢献できるポテンシャル人材の提案と採用を支援し、社内で自走できるデジタルマーケティング人材に育成することを目指しています。特に、デジタル人材の高騰化や供給不足に悩むスタートアップや中小企業に最適なサービスです。
[画像1: (リンク ») ]


デジタル人材市場:DX需要増加で人材不足。非デジタル系のスタートアップや中小企業では喫緊の課題
デジタル人材が不足している主な原因は、AIやIoTなどの躍進やDXによる需要増加などによって、あらゆる業界で急激にニーズが高まっていることです。

IPAの「DX白書2023」によると、IT人材の7割がIT企業に偏在(※1)しており、同機関の「デジタル時代のスキル変革等に関する調査(2022年度)」によると、国内の事業会社の7割以上がデジタル人材の「質・量」ともに不足感を感じていて、「大幅に不足している」と回答した事業会社は2021年の調査から約10%ポイント増加傾向にあります(※2)。その結果、人材確保の動きが加速し、年収相場の高騰や採用難度が上がり、IT業界以外のスタートアップや中小企業ではデジタル人材不足が喫緊の課題となっています。

また、一般的にデジタル人材は流動性が高く、自身のキャリアアップにつながる、もしくは自身がインパクトを与えられるか否かで仕事を決定するなど志向性があり、企業のビジョンに共感して長期間在籍したいと考える人材が少ない傾向にあるともいわれます。

(※1)出典:IPA「DX白書2023」P192
(リンク »)

(※2)出典:IPA「デジタル時代のスキル変革等に関する調査(2022年度)企業調査報告書」P25
(リンク »)


本サービスの特徴:事業フェーズに必要なビジョン共感型ポテンシャル人材の採用から育成までを支援
当社でのヒアリング調査では、非デジタル系のスタートアップや中小企業におけるデジタル人材の確保は、最も重要な案件のひとつであるにもかかわらず、社内での人材不足、コストや条件面での採用困難、スキルセットが高い人材の低定着率といった課題を持っていることがわかりました。

また、採用については本当に必要な人材を定義するジョブディスクリプションが不明瞭であったり、希望する人材のスキルセットが事業フェーズに一致していないケースも散見されました。

「採用支援×DX BOOSTER」では、事業フェーズや業界特性などを考慮した採用人材のペルソナ(人物像)の設定と、採用時に必要なスキル、育成が必要なスキルを定義した詳細なジョブディスクリプションを作成し、デジタルマーケティング業界および実務に精通した当社のメンバーが、スカウトから面談を実施し、ポテンシャルおよび適性を判断したうえで企業へご紹介します。採用された人材には、デジタルマーケティングのノウハウと不足しているデジタルスキルを習得して社内で自走ができるように育成します。

完璧なスキルセットを有する人材よりも、事業やビジョンに共感し、業界特性にマッチするポテンシャル人材を採用してデジタルマーケターに育成するのが本サービスの特徴なので、ペルソナ・スキルともにイメージ通りの人材が採用いただけます。また、ポテンシャル人材のため即戦力人材よりも固定費を抑えられる点も企業にとってのメリットです。

[画像2: (リンク ») ]

本サービスのメリット
自社の状況から本当に必要な人材のスキルがわかる
デジタルマーケティングのプロが事業フェーズから企業文化までを徹底的にヒアリングするので「本当に必要な人材スキル」が明確になる

不足スキルの育成もセットなのでスキルマッチの心配不要
100%イメージ通りのスキルセットの人材を待ち続けるのではなく、不足スキルの育成までセットなのでイメージ通りの人材が採用できる

高単価人材の採用を避けることで企業の負担減につながる
ポテンシャル枠を採用することで、育成費用を含んでも結果的にスキルマッチ人材より固定費が抑えられるため、長期的に企業の負担減となる

スタートアップや中小企業でいろんな業務を兼務しながら以下のような課題がある、多忙な『責任者』の方にぜひご活用いただきたいサービスです。
- デジタルマーケティング人材を採用したい
- 業界特性にもマッチする人材が必要だと感じている
- デジタルスキルが高い高年収人材を採用すれば、必ずしも解決になるとは限らない
- ポテンシャル採用で人材確保しても、育成できる人材が社内にいない


トライアルご利用中の企業様コメント
株式会社Lean on Me
マーケティング部門 部門長
野中 翔太 様Lean on Me様は、障がい福祉の支援者を対象としたオンライン研修サービスを手がけるスタートアップ企業です。野中様からは以下のコメントをいただきました。

「他の人材エージェントとは異なり、デジタルマーケティングについて深い知見をもっているご担当者からのご提案で、弊社が目指すべきデジタルマーケティングの将来像を見据えた『本当に必要な人材』を紹介していただくことができました。特に『スキルよりもビジョン共感を優先したポテンシャル人材を採用する』という提案は目から鱗でした。業界の特性から、ビジョン共感型でなければ定着せず、ハイスキルながらもそのような人材を見つけるのは難しいという状況です。しかし、『DX BOOSTER』が入社後の育成もサポートしてくれるなら、ビジョン共感を優先し、業界や会社にフィットしそうなポテンシャル人材を積極的に採用できると考えました。この方法は合理的で効果的な解決策だと感じます。また、自社の文化や要求に適した人材を見つけるための徹底的なヒアリングは、採用が決定するまで無料で提供されるため、コスパが非常に良いと感じています」

インタビューページ
(リンク »)

無料ウェビナー開催のお知らせ
[画像3: (リンク ») ]

【タイトル】 <スタートアップ・中小企業向け>デジタルマーケティング人材採用の最新情報 ~自社に必要な現場で成果を出せる人材確保の新しい手法とは~
【形式】 オンライン(Zoom)
【日時】 2024年3月12日(火)11:00 ~ 11:45
【参加費】 無料
【お申込み】 (リンク »)

本ウェビナーでは、社内でデジタルマーケティング人材を育成してきた当社とデジタルマーケティング人材の紹介を進めているオモワクで実際にご支援した企業の事例を基に、今スタートアップや中小企業がどのようにしてデジタルマーケティング人材を確保し、長期就業に繋げているのか、最新の手法をお話しします。デジタルマーケティング人材の採用でお悩みのご担当者様、ぜひ本ウェビナーでの最新情報をご参考にしてください。

DX BOOSTERについて
(リンク »)
DX BOOSTERは、企業がDXで収益向上に取り組むために「顧客体験価値」を設計できるデジタルマーケティング人材を短期間で育成し、自走能力を高めるサービスです。本サービスでは、企業に応じたカスタムコンテンツを提供し、当社専属スタッフが実際の業務に併走しながら即戦力の人材を育てるお手伝いをします。当社が20年にわたり培ってきたノウハウをわかりやすく、実践的なプログラムとして提供するので、未経験者でも実務で役立つスキルを6か月の短期間で身につけることができます。
株式会社オモワクについて
オモワクは、「オモしろいこと、ワクワクすることを仕事に」というスローガンを掲げ、企業と求職者の相互成長をサポートする人材エージェント企業です。エージェント陣は、メガバンクやメガベンチャーIT企業、スタートアップ経営者など、多岐にわたるバックボーンを有しています。この多様な経験や視点と徹底的なヒアリングを通して、企業のフェーズに適した事業成長を後押しする人材マッチングのお手伝いをします。

名称:株式会社オモワク
代表:高山 敦司
所在地:〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ21F
事業内容:人材紹介事業
届出: 有料職業紹介事業許可番号 27-ユ-303884
企業ホームページ: (リンク »)

当社は、「DX BOOSTER」や講座とワークショップでデジタル人材の育成をサポートする「デジハイク」といった自走・育成支援に加え、使いやすさにこだわった国産クラウド型のCRMシステム「Synergy!」、Salesforce上の管理画面で簡単にメール送信、フォーム作成ができる「Synergy!LEAD」といったクラウドサービスなど、マーケティング担当者が、よりやりやすく、より効果的に業務遂行していただけるために、さまざまなデジタルマーケティング体験を提案しています。

【会社概要】
人と企業が、惹かれ合う世の中へ。
当社は、生活者と企業のより良い関係づくりのために、一歩先のデジタルマーケティング体験を提案するパートナーです。クラウドシステムの提供・コンサルティング・運用支援・人材育成サービスなどを通して、企業の継続的な成長を支援します。

名称:シナジーマーケティング株式会社
代表:代表取締役社長 兼 CEO 奥平 博史
創業:2000年9月
大阪本社:〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ21F
東京本社:〒102-0083 東京都千代田区麹町6-6-2 番町麹町ビルディング5F WeWork 麹町
事業内容:デジタルマーケティング領域における、クラウドシステム・コンサルティング・運用支援・人材育成サービスの提供
企業ホームページ: (リンク »)

【お客様からのお問い合わせ】
シナジーマーケティング株式会社
「採用支援×DX BOOSTER」お問い合わせフォーム
(リンク »)









プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

シナジーマーケティング株式会社の関連情報

  • マーケティング自動化(前編)--誕生は必然

    朝日インタラクティブではMAに関する座談会が開催した。MAで大きなシェアを持つベンダー5社(日本オラクルやシナジーマーケティング、シャノン、セールスフォース、マルケト)が集まり取材に応じた。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]