すかいらーく、品質管理に不可欠な食品検査の基盤にSmartDB(R)を導入~ 品質管理部門が検査業務プロセスをデジタル化 ~

株式会社ドリーム・アーツ

From: PR TIMES

2024-03-12 10:00

 株式会社すかいらーくホールディングス(本社:東京都武蔵野市、代表取締役会長:谷 真、以下 すかいらーくグループ)と大企業向けクラウドサービスの株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、このたびすかいらーくグループが食品検査業務において大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB(R)(スマートデービー)」を導入したことを発表します。 2024年1月より利用開始しており、今後は台湾すかいらーくへの展開を予定しています。
 また、ドリーム・アーツは2024年4月4日に「デジタルの民主化」の普及と大企業のデジタル活用を目的にしたセミナーを開催予定。 すかいらーくグループをはじめユーザー企業による先進事例をご紹介します。




[画像1: (リンク ») ]


【細菌検査室の様子】
[画像2: (リンク ») ]



■フルスクラッチシステムを刷新、食品検査の新しい基盤にSmartDB(R)を採用
 すかいらーくグループは、「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」「夢庵」など20以上のブランドを全国展開する世界最大規模の直営レストランチェーンです。
 同社では、すべての商品を安全・安心にお客さまに提供するために厳しい衛生管理をおこなっています。 取引先の検査から、原材料、加工途中、完成したメニューまで、それぞれに細菌・残留農薬・アレルギーなど検査項目を設け衛生面での品質を管理。 約170種類の検査基準で、外食業界トップクラスの検体数である年間約10万件の検査を徹底的に実施しています。 品質管理において重要な細菌検査の業務プロセスを一元管理する基盤としてSmartDB(R)の採用を決定。 2024年1月より利用開始しました。
 導入背景として10年以上利用したフルスクラッチシステム(※1)の課題がありました。 細菌検査の手法変更や検査依頼など前後に発生する業務への対応など、改修する際に素早く対応できず莫大なコストが必要になってしまう状況でした。
※1 テンプレートやフレームワークなどの開発ツールを一切使用せず、オリジナルのシステムをゼロから作り上げる開発の手法


■品質管理部門自らが食品検査システムを構築、4ヵ月でリリース
 環境変化に素早く柔軟に対応するために、業務をよく理解している品質管理部門が自ら業務システムを構築・改善できる基盤が求められていました。 加えて従来のスクラッチシステムで実現している複雑な業務プロセスを漏れなく再現する豊富な機能があるかを重視し検討を開始。
 SmartDB(R)は高度なワークフローとWebデータベース機能を兼ね備えたノーコード開発基盤であり、プログラミングの知識がない非IT人材でも簡単にアプリを作成できます。 複数のシステムと比較し検討を重ねた結果、以下の点が評価ポイントになりSmartDB(R)の導入に至りました。

【SmartDB(R)の評価ポイント】
豊富な標準機能:フルスクラッチで実現していた複雑な業務要件への対応

システム開発の容易性:ITの専門的な知識がなくても業務システムを構築、改善できる

性能パフォーマンス:300項目以上ある検査データを蓄積、管理可能

システム拡張性:環境変化への対応が柔軟なクラウドサービスである


 導入決定後、4ヵ月間で業務アプリの構築。 2024年1月から国内での運用を開始し、将来的には台湾すかいらーくへの展開を予定しています。


【細菌検査の業務フロー】
[画像3: (リンク ») ]



■すかいらーくホールディングス 管理本部 品質管理グループ 理化学分析室 スタッフリーダー 宮内 博史氏からのコメント
 当社の食品衛生の定義である「安全・安心な食品を提供するためのあらゆる行為」を達成するためには、衛生面での品質を管理するための仕組みが重要です。 SmartDB(R)は細菌検査の業務プロセス全体のデジタル化をカバーでき、私たちが考える業務改革を実現できると実際の運用からも確信・実感しています。 すかいらーくグループは、台湾・マレーシア・アメリカへの事業展開を実施しており、SmartDB(R)活用においてもまずは台湾での衛生項目点検業務などへの展開を考えています。 それを実現するためドリーム・アーツには“協創パートナー”として引き続きご支援いただけることを期待しています。


■株式会社ドリーム・アーツ 執行役員 協創パートナー推進本部 本部長 鳥羽 希からのコメント
 このたび、すかいらーくグループが利用する細菌検査業務のデジタル化基盤として、SmartDB(R)を採用いただきました。 すかいらーくグループの品質管理に不可欠な業務において、重要な役割をSmartDB(R)が担っていくことを喜ばしく光栄に感じております。
 今回の取り組みを通して皆さまの変革に対する情熱に触れ、すかいらーくグループのさらなる発展に胸を躍らせています。 この素晴らしい出会いと機会を通して、私たちドリーム・アーツも進化を加速させ、協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献していきます。


■大企業の主体的な業務デジタル化を支援するイベントを開催
 ドリーム・アーツは「デジタルの民主化」の普及と大企業におけるデジタル活用の加速を目的に、すかいらーくグループをはじめユーザー企業による先進事例をご紹介するイベントを開催します。

【開催イベントの概要】
[表: (リンク ») ]


 すかいらーくグループとドリーム・アーツは、今後も“協創”で「現場力強化」「企業競争力向上」の領域において、さらなるパートナーシップを育んでまいります。



[画像4: (リンク ») ]

SmartDB(R)(スマートデービー)について  (リンク »)
SmartDB(R)は、大企業市場シェアNo.1(※2)の業務デジタル化クラウドです。 現場個別の業務から全社横断業務までノーコード・ローコードで開発可能。 ワークフローとWebデータベースを中心に多彩な機能をもち、柔軟な外部システム連携、きめ細かな権限管理、高度なセキュリティ要件にも対応しています。 三菱UFJ銀行や大和ハウス工業、立命館大学など、大企業を中心に50万名以上が利用中です。 サービス基盤としてマイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。
※2 テクノ・システム・リサーチ「2022年 SaaS型ワークフロー市場メーカーシェア」より

株式会社すかいらーくホールディングスについて  (リンク »)
1962年に設立された株式会社すかいらーくホールディングスは、フードサービス事業全般、その他周辺事業を運営しています。 ガスト1,280店、バーミヤン353店、ジョナサン188店など国内で20以上のブランドを持ち、また台湾、マレーシア、アメリカに出店しすかいらーくグループで約3,000店舗を展開しています(2023年12月31日現在)。 経営理念「価値ある豊かさの創造」を掲げ、人々の生活がより豊かになるよう「食」を通じた社会貢献をめざしています。

株式会社ドリーム・アーツについて  (リンク »)
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。 「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。  大企業向け業務デジタル化クラウドSmartDB(R)、多店舗オペレーション改革を支援する「Shopらん(R)(ショップラン)」、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(R)(インスイートエックス)」などのクラウドサービスを開発・提供しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]