セキュアワークス、ITR調査レポートの「レッドチームサービス市場」及び「インシデントレスポンスサービス市場」において4年連続アワードを受賞

セキュアワークス株式会社

From: PR TIMES

2024-03-12 11:00



2024年3月12日、東京発 - サイバーセキュリティのグローバルリーダーである Secureworks(R)(セキュアワークス、NASDAQ: SCWX)の日本法人であるセキュアワークス株式会社(代表取締役社長 廣川 裕司、以下 セキュアワークス)は、株式会社アイ・ティ・アール(以下 ITR)が2023年12月12日に発行した「ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場 2023」において、「レッドチームサービス市場」及び「インシデントレスポンスサービス市場」の2分野で、日本国内における2022年度ベンダー別売上金額シェア1位を獲得し、2019年度から2022年度まで4年連続シェア1位となりました。同レポートは、2023年7月から9月までが調査期間で、市場規模実績(2021~2022年度)および予測(2023~2027年度)などを掲載しています。

[画像: (リンク ») ]

セキュアワークスのRed Teamテストは、組織のインシデント対応能力を評価する超実践的なサイバー攻撃シミュレーションで、組織がサイバー攻撃被害にあった場合の攻撃経路を可視化し、防御機能を最適化することで、総合的なセキュリティレベルの向上を目的としています。また、緊急インシデント対応サービスは、経験豊富なインシデント対応コンサルタントが、サイバー攻撃に対して、迅速な調査、分析および修復を実施するものです。これにより、効果的なリスク軽減と、正常な状態への早期復帰が可能になります。セキュアワークスの緊急インシデントホットラインは、万一のインシデントに備えて、24時間体制でいつでも受付しております。

同レポートによると、レッドチームサービス市場の2022年度の売上金額は28億8,000万円、前年度比30.9%増となり、セキュアワークスはその16.7%でシェア1位を獲得しました。サイバーセキュリティへの投資拡充を検討しているものの、セキュリティスキル不足により実行困難な企業が多いことから、同サービスの需要が増加しています。
レッドチームはセキュリティプログラムの耐性をテストする効果的な方法として、拡大する攻撃と進化する脅威の中で対処が必要なギャップを特定します。

同様に、「インシデントレスポンスサービス市場」2022年度においても、セキュアワークスは売上金額シェア11.0%で1位を、加えて、同サービス市場の39.2%を占める従業員規模10,000人以上の売上金額シェアも11.2%で1位を獲得しました。同レポートによると、インシデントレスポンスサービス市場の2022年度の売上金額は45億6,000万円、前年度比17.5%増で、サプライチェーンを狙った攻撃対応などで需要が高まり、2023年度は同13.8%増と予想されています。さらにセキュアワークスが2023年10月に公開した、「年次レポート:2023年 サイバー脅威の実態(*)」では、攻撃者によるランサムウェアの侵入から展開までの滞留時間が2022年の4.5日から、2023年は1日(24時間)未満と最短記録を更新しており、引き続き脅威は勢いを増すことが想定されます。

このほか、「ITR Market View:エンドポイント・セキュリティ対策型/情報漏洩対策型SOCサービス市場 2023」における「マネージドEDRサービス市場」2022年度売上金額シェアでセキュアワークスは3位で、同サービスの業種別市場シェアで最も高い27.3%を占める製造業においては11.6%のシェア1位となりました。

セキュアワークス株式会社 代表取締役社長 廣川 裕司 のコメント:

[表: (リンク ») ]


注釈:
* 【年次レビュー】2023年サイバー脅威の実態: (リンク »)

出典:
ITR「ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場 2023」レッドチームサービス市場:ベンダー別売上金額シェアNo.1(2019-2022年度)

ITR「ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場 2023」インシデントレスポンスサービス市場:ベンダー別売上金額シェアNo.1(2019-2022年度)

ITR「ITR Market View:エンドポイント・セキュリティ対策型/情報漏洩対策型SOCサービス市場2023」マネージドEDRサービス市場-製造業:ベンダー別売上金額シェアNo.1(2021-2022年度)



参考:
セキュアワークス緊急インシデント対応ホットライン: (リンク »)

セキュアワークス 緊急インシデント対応サービス: (リンク »)


株式会社アイ・ティ・アール
独立系のITコンサルティング・調査会社です。詳細は次のWebサイトをご覧ください。
(リンク »)

ITR Market View:エンドポイント・セキュリティ対策型/情報漏洩対策型SOCサービス市場2023
発行年月 2023年11月

調査期間 2023年7月~2023年9月


ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2023
発行年月 2023年12月

調査期間 2023年7月~2023年9月




Secureworksについて

Secureworks(R)(NASDAQ:SCWX)は、SaaSベースのオープンXDRプラットフォームSecureworks(R) Taegis(TM)を通じて人類の発展を守る、サイバーセキュリティのグローバルリーダーです。20年以上にわたる実際の検知データ、セキュリティ運用の専門知識、脅威インテリジェンスとリサーチに裏打ちされたTaegis(TM)は、AIを活用した高度な脅威の検出、インシデント調査の効率化とコラボレーション、適切なアクションの自動実行を実現し、世界中の4,000を超える組織のセキュリティ運用に組み込まれています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]