SalesforceでのGmailガイドライン対策を徹底解説

シナジーマーケティング株式会社

From: PR TIMES

2024-03-15 13:17

2024年3月21日(木)11:00 - 11:40、無料ウェビナー開催

SalesforceのAppExchangeにて「Synergy!LEAD(シナジーリード)」を提供しているシナジーマーケティング株式会社(所在地:大阪市北区、代表:奥平 博史、以下当社)は、2024年3月21日(木)11:00 - 11:40 に無料ウェビナー「SalesforceでのGamilガイドライン対策を徹底解説!」を開催します。Salesforceを利用してメールを配信している事業者が、お客様へ確実にメールを届けるためにやるべきことや注意すべきことなどを、わかりやすく丁寧にお伝えします。



[画像1: (リンク ») ]


2024年2月1日より、Gmailアカウントにメールを配信している事業者向けのガイドラインに新しい要件が適用されました。なりすましなどの迷惑メール対策としてGmailアカウントに1日あたり5,000件以上を超えるメールを送信する企業は、送信者ドメインに「SPF」(Sender Policy Framework)、「DKIM」(Domain Keys Identified Mail)、「DMARC」(Domain-based Message Authentication Reporting and Conformance)などの設定が必要となり、対応していない場合はメールが届かなくなる可能性があります。

SalesforceからGmailアカウントへの配信が1日あたり5,000件未満だとしても、1件でも「迷惑メール」に判定されてしまうと、他のシステムから配信されているメールにまで悪影響を及ぼすことも考えられます。メールの安全性を担保してお客様へ確実に送付するためにも、送信数に限らず、早急な対策が必要です。

当社は、Salesforceで各種メール送信を行っている事業者に向けて、Gmailガイドライン対策とその方法に関する無料ウェビナーを以下のとおり開催します。当社のクラウドサービス開発・保守からマーケ・営業までをこなす担当者が、SPFレコード・DKIM署名・DMARCメール認証やワンクリックオプトアウトなど、企業が行うべきメール対策について徹底解説します。

本ウェビナーはこのような方におすすめです
Salesforceを活用してメールを配信している

Salesforceでの対策方法を知りたい

Gmailガイドラインの変更内容や対策について知りたい



概 要
【日 時】 2024年3月21日(木)11:00 - 11:40(待機可能 10:55 - )
【場 所】 オンライン(Zoom)
【定 員】 50名
【参加費】 無料
【申 込】 (リンク »)

※当日に視聴用のURLをお送りします。
※プログラムは変更となる場合がございます。
※同業他社の方は参加をご遠慮いただいております。
※参加は申込者本人に限ります。

講師プロフィール
[画像2: (リンク ») ]

シナジーマーケティング株式会社
クラウド事業部 プロダクトマネジメントG
矢熊 吉成

2010年、シナジーマーケティングに入社。Synergy!やSynergy!LEADの開発・保守を経て、現在ではSynergy!LEADにおけるマーケティング、営業、開発、サポートと幅広く役割をこなしながら、Salesforceをご利用の皆様のご支援に奔走している。


Synergy!LEADについて
[画像3: (リンク ») ]

(リンク »)
Salesforceと連携したシンプルで使いやすい機能と明瞭な従量課金制のマーケティングツール
当社は、2010年10月に株式会社セールスフォース・ドットコムと国内で初めて業務・資本提携を締結し、翌2011年2月にAppExchange上のアプリケーションSynergy!LEADをリリースしました。簡単に扱える操作性と運用ストレスのない画面で、マーケティング業務に必要な「メール配信」「フォーム」「Webトラッキング」機能を搭載し、Salesforceで管理している顧客データを活用したマーケティング活動を強化できます。初期費用は不要で、月額費用(フォーム作成10,000円~、メール配信30,000円~、Webトラッキング10,000円(固定))でご利用いただけます。



当社は、Synergy!LEADに加え、伝えたいマーケティングメッセージを顧客に最適なかたちで届ける使いやすさを追求した国産クラウド型のCRMシステム「Synergy!」をはじめ、CRM活動に必要なプロセスを専門スタッフが一貫してサポートするデジタルマーケティング支援、デジタル人材の自走・育成支援サービス「DX Booster」「デジハイク」など、マーケティング担当者が、よりやりやすく、より効果的に業務遂行していただけるために、さまざまなデジタルマーケティング支援を提供しています。

【会社概要】
人と企業が、惹かれ合う世の中へ。
当社は、生活者と企業のより良い関係づくりのために、一歩先のデジタルマーケティング体験を提案するパートナーです。クラウドシステムの提供・コンサルティング・運用支援・人材育成サービスなどを通して、企業の継続的な成長を支援します。

名称:シナジーマーケティング株式会社
代表:代表取締役社長 兼 CEO 奥平 博史
創業:2000年9月
大阪本社:〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ21F
東京本社:〒102-0083 東京都千代田区麹町6-6-2 番町麹町ビルディング5F WeWork 麹町
事業内容:デジタルマーケティング領域における、クラウドシステム・コンサルティング・運用支援・人材育成サービスの提供
企業ホームページ: (リンク »)

【お客様からのお問い合わせ】
シナジーマーケティング株式会社
製品・サービスへのお問い合わせフォーム
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

シナジーマーケティング株式会社の関連情報

  • マーケティング自動化(前編)--誕生は必然

    朝日インタラクティブではMAに関する座談会が開催した。MAで大きなシェアを持つベンダー5社(日本オラクルやシナジーマーケティング、シャノン、セールスフォース、マルケト)が集まり取材に応じた。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]