数々の賞を受賞した話題作『勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録』がTVアニメ化決定!

株式会社KADOKAWA

From: PR TIMES

2024-03-22 18:00

本日、ティザービジュアルやティザーPVを公開の他、原作者・他人気作家陣からも多くのコメント・イラストが到着!



[画像1: (リンク ») ]

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長 CEO:夏野 剛、以下 KADOKAWA)は、電撃の新文芸にて好評発売中の単行本『勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録』のTVアニメ化を決定いたしました。本作は、「カクヨムアワード2020」「次にくるライトノベル大賞2021」「このライトノベルがすごい!2023」等、数々の賞を受賞した話題作です。
本日、ティザービジュアル、ティザーPVを公開。また、原作者らからはお祝いコメント・イラストなどが到着しているほか、人気作家陣からもTVアニメ化を記念した作品応援コメントが到着しています。ぜひ今後の展開をお楽しみに。
『勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録』とは――。
Introduction
ロケット商会による小説『勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録』は、《勇者》という刑罰を科された罪人――懲罰勇者と魔王軍の戦いを描くダークファンタジー。2020年10月から小説投稿サイト「カクヨム」にて連載がスタートし、2021年9月にKADOKAWA(電撃の新文芸)より単行本第1巻(イラスト・めふぃすと)が刊行された。

本作は「カクヨムアワード2020」カクヨムユーザー賞【ユーザー推薦部門】第1位、「次にくるライトノベル大賞2021」【総合部門】第2位、「このライトノベルがすごい!2023」(宝島社刊)【単行本・ノベルズ部門】第3位【総合新作部門】第5位(※単行本作品としては新作1位)を次々と獲得。待望のTVアニメ化が決定した。

懲罰勇者たちの、絶望に抗う苛烈な戦いが幕を上げる――。
Story
勇者とは、この世で最悪の刑罰である。

大罪を犯した者が「勇者」となり、魔王と戦う刑罰を科されるのだ。
殺されようとも蘇生され、死ぬことすら許されない。

勇者刑に処された元聖騎士団長のザイロ・フォルバーツは、
性格破綻者たちで構成された懲罰勇者部隊を率い、戦いの最前線を駆け抜けていた。
過酷な状況の中、ザイロは最強の生体兵器の一人、
《剣の女神》テオリッタに出会う。

「敵を殲滅した暁には、この私を褒め讃え……そして頭を撫でなさい」

生き抜くため、自らを陥れた者へ復讐を果たすため――。
《女神》と契約を交わしたザイロは、
絶望的な世界で熾烈な闘争と陰謀の渦中に身を投じていく。

ティザーPV
ティザーPVにはメインキャラクターたちが登場。合わせてアニメーション制作は「スタジオKAI」であることが決定しています。映像はこちらからぜひご覧ください。
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]
[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]
[画像9: (リンク ») ]

原作者らからのお祝いコメント・イラスト
原作/ロケット商会
アニメ化が嬉しかったので、ラーメンを食べてきました。
焼いて干したトビウオの出汁を使ったラーメンでした。
ほのかな苦みのある香ばしいスープに縮れ中細麺がよく絡み、そこに岩ノリのトッピングの風味が加わって、重層的な満足感がありました。
アニメ版『勇者刑に処す』におきましても、このような相乗効果がある作品になると確信しています。

原作イラスト/めふぃすと
『勇者刑に処す』アニメ化おめでとうございます!!
アニメスタッフの方々のモチベーションがすごく高くて、素晴らしい作品が出来上がるような予感をビシビシ感じております!
早くザイロたちが活躍する姿を見たい……!
[画像10: (リンク ») ]

漫画/井上菜摘
『勇者刑に処す』のアニメ化、おめでとうございます!!
ロケット商会先生の原作小説はカッコよさと爽快感があって読む手が止まらないほど面白いし、
めふぃすと先生のイラストも見惚れてしまうくらい大好きなので、アニメもきっと最高なんだろうなぁ…!
今から放映が楽しみです!!
[画像11: (リンク ») ]

人気作家陣からの作品応援コメント・イラスト
作家/珪素(電撃の新文芸『異修羅』など)
極悪で最強で愉快な連中を見たくはないか!?
作家/宇野朴人(電撃文庫『七つの魔剣が支配する』など)
シビアでダークな世界をしたたかに生き抜くバラエティ豊かな悪党ども。
これは良い「攻め」だ。推さずにはいられない。
作家/人間六度(メディアワークス文庫『きみは雪をみることができない』、早川書房『スター・シェイカー』など)
あまりにも面白いが、それだけではない。
これはライトノベルの皮を被った批評であり、勇者魔王譚の脱構築だ。
作家/蝉川夏哉(宝島社文庫『異世界居酒屋「のぶ」』など)
こんなに面白くて、何らかの罪に問われない……?
シナリオライター/朝霧カフカ(角川コミックス・エース『文豪ストレイドッグス』など)
おいおい何だこれ、とんでもなく面白いぞ。
イラストレーター/PALOW.(『Vシンガー花譜・理芽』など)
[画像12: (リンク ») ]

漫画家/おがきちか(コミックZERO-SUM『Landreaall』など)
[画像13: (リンク ») ]

漫画家/ナカシマ723(ボーダーコミックス『勇者のクズ』など)
[画像14: (リンク ») ]

描き下ろし漫画「よくわかる『勇者刑』の世界」も到着!
原作/ロケット商会の別作品『勇者のクズ』で漫画を担当するナカシマ723からは、『勇者刑に処す』の魅力を解説するスペシャル漫画が到着!
詳しくはこちらをチェック!
(リンク »)
[画像15: (リンク ») ]

「AnimeJapan 2024」では、特製パンフレットの配布が決定!
明日3月23日(土)~24日(日)にて実施されるイベント「AnimeJapan2024」KADOKAWAブースにて、本日公開されたティザービジュアルが描かれた特製パンフレットの配布が決定!
ぜひお越しの際はお受け取り下さい。
[画像16: (リンク ») ]

■「AnimeJapan 2024」開催概要
【名称】AnimeJapan 2024
【公式サイト】 (リンク »)
【会期】2024 年 3 月 23 日(土)~24 日(日)

■「AnimeJapan 2024」KADOKAWA ブース概要
【KADOKAWA ブースインフォメーションサイト】
(リンク »)
【KADOKAWA ブースインフォメーション X】@KADOKAWAanime

作品概要
STAFF
原作:ロケット商会(電撃の新文芸/KADOKAWA刊)
原作イラスト:めふぃすと

アニメーション制作:スタジオKAI
アニメ公式HP・作品公式X
(リンク »)
(リンク »)
原作情報
[画像17: (リンク ») ]
小説『勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録』 
 4月17日最新第6巻発売予定!

原作:ロケット商会 原作イラスト:めふぃすと



[画像18: (リンク ») ]
コミックス『勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録』 
 4月26日最新第2巻発売予定!

漫画:井上菜摘 原作:ロケット商会 キャラクター原案:めふぃすと



権利表記
(C)2024 ロケット商会/KADOKAWA/勇者刑に処す製作委員会
(C)2024 Rocket Shokai/KADOKAWA/Project Sentenced to Be a Hero
(C)R/K/PSBH

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社KADOKAWA の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]