『配達NAVITIME』高速道路6社と連携し、「誤進入注意ポイント案内」を提供開始

株式会社ナビタイムジャパン

From: PR TIMES

2024-03-26 11:20

~原付バイクが誤進入しやすい高速道路出入口で注意喚起し、事故削減に寄与~

株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、配達員の業務をサポートする配達専用アプリ『配達NAVITIME』にて、2024年3月26日(火)より、高速道路会社6社(東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社)と連携し、原付バイクが誤って高速道路に進入しやすい地点で、画面表示と音声案内で注意喚起する「誤進入注意ポイント案内」を提供開始します。



[画像1: (リンク ») ]

 本機能は、配達車両を「原付バイク」に設定した場合に、原付バイクによる高速道路への誤進入が複数回発生した出入口を「誤進入注意ポイント」として、アプリ画面上にポイントまでの距離と進入禁止を表現したアイコンを表示し、音声にて「この先、正面に高速入口があります。ご注意ください。」と発話して注意喚起をする機能です。

 高速道路会社6社と連携し、実際に誤進入が多く発生した高速道路の出入口情報(全国計108箇所)を対象に注意喚起することで、より安心・安全な配達をサポートし、交通事故削減に寄与できればと考えております。
[画像2: (リンク ») ]

 高速道路への誤進入は年間3,828件発生※2しており、ナビタイムジャパンでは、これまでも自社で整備した二輪車の交通規制データによって、自動車専用道を避けるなど原付バイク専用のルートを検索でき、走行中には事故多発地点を注意喚起するなど、安心・安全に運転できるナビゲーションを提供しています。

 誤進入の手段別内訳では、フードデリバリー市場が拡大し始めた2020年頃から原付バイクでの誤進入が増加しており、2022年には約56%と半数以上を占めていることから、原付バイクでの宅配・配達に対応している『配達NAVITIME』にて、対応しました。
今後は、配達車両に「自転車」を設定している場合にも、「誤進入注意ポイント案内」を提供予定です。

[画像3: (リンク ») ]

※ 国土交通省「誤進入の発生件数推移、誤進入手段の推移」より。
(リンク »)
『配達NAVITIME』について


荷物配達先の正確な把握から登録・管理、配達時間帯指定を考慮した効率のよいルート検索と配達先までの正確・安全なナビゲーションで配達業務を一貫してサポートする配達専用アプリです。郵便番号だけで簡単・迅速に荷物登録・管理ができる「配達先リスト」や、配達時間帯指定を考慮した最適巡回ルート検索、配達先の正確な位置を把握できる3種の地図、などの配達業務に特化した機能と、道の狭い住宅街や初めての場所でも安全運転を支援するナビゲーション機能を搭載しています。
・アプリ紹介サイト: (リンク »)
・ダウンロード(無料)
  Android OS: (リンク »)
  iOS: (リンク »)
・法人一括契約について: (リンク »)



※「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ナビタイムジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]