博報堂グループのスパイスボックスが監修の自治体初※1「AI車掌」を導入した自動運転バスが4月1日(月)から運行開始

株式会社スパイスボックス

From: PR TIMES

2024-03-28 11:00

株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区 代表取締役社長:田村栄治)が監修に携わった、北海道の上士幌町(かみしほろちょう)の自動運転バスに「AI車掌」を導入するプロジェクトが2024年4月1日(月)から開始いたします。




今回の導入は、北海道上士幌町にてワーケーション施設運営などを行う株式会社スパイスボックス監修のもと、株式会社TRIBALCON.(本社:東京都渋谷区、以下TRIBALCON.)がAI車掌「萩音士 清平(しゅうおんじ きよひら)」のキャラクター企画開発を行い、株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、以下アドバンスト・メディア)が提供するAI音声対話アバター「AI Avatar AOI(エーアイ アバター アオイ)」のシステムにより実現しました。

[画像1: (リンク ») ]

AI車掌「萩音士 清平(しゅうおんじ きよひら)」

上士幌町では、自動運転レベル4の実現により将来的に無人走行が可能となった際に、これまで行われていた車内での会話の機会が減少してしまう課題に対して、地域のコミュニケーションを活性化させ、高齢者でも受け入れやすく親しみやすい対話型AIの導入を検討していました。そのような中、国内シェアNo.1※2のAI音声認識「AmiVoice」を活用したAI音声対話アバター「AI Avatar AOI」の高い対話能力と、バス利用者の情報や上士幌町の特徴を踏まえたオリジナルキャラクターの企画開発力が評価され、上士幌町の自動運転バスへの導入が決定しました。自動運転バスにAI車掌が導入されたのは、全国の自治体で初となります※1。

上士幌町との当社の取り組みについて


スパイスボックスは、2022年4月から営業開始した上士幌町にある企業滞在型交流施設の企画と運営を担当いたしました。SDGs未来都市に選ばれた上士幌町には、実証実験などの先進的な取り組みや、町の事業者とのビジネス創出を目的として、新しい「働く」を実践する人が多く訪れます。この施設はそのような方々の別荘でもありコミュニティの場でもあり、そして上士幌町の情報発信基地としても機能しています。
今回の「AI車掌」も上士幌町での“新しいコミュニケーションのカタチ”の実現を目的として、当社の企画・プロデュースにより実現いたしました。
[画像2: (リンク ») ]


AI車掌の機能について


1.バス停留所の周辺情報案内
GPS機能と連携し、バス停留所やその周辺情報の自動音声案内を行います。バス停留所の位置情報を設定することで、次に停車するバス停留所の情報や定期おすすめ情報、町のイベント情報、有料広告枠の情報を音声で案内します。音声案内のタイミングはGPSによる位置指定、または時間で設定可能です。

2.AI音声対話
バス停留所の周辺情報案内に加え、AI車掌と自由に会話を楽しむことができます。キャラクターやユーザーに関連する情報をインプットし、不適切な会話を回避するよう設定したキャラクタードキュメントと、制御されたChatGPTのデータベースから、AIが適切な返答を選択することで、より正確性の高い適切な回答を実現します。

3.AIスペシャル機能
バス利用者に親近感を持ってもらうために、AI車掌によるワンフレーズ歌の歌唱や、上士幌町にちなんだ早口言葉、じゃんけんなど、特別なコミュニケーション機能をご用意しています。

自動運転バスについて


定員  :11名(乗務員除く)
運行速度:最大20km/h未満
運行日:【道の駅循環線】月曜、木曜、土曜
【西団地・北団地循環線】月曜、木曜
全ての曜日・運行ルートで、2024年4月1日(月)よりAI車掌を搭載。
少子高齢化によって生じる公共交通機関の課題にICTを活用して対応するための手段として、2017年に北海道初となる自動運転バスの公道走行実証を皮切りに、段階的に実証実験を実施。2022年12月より自動運転レベル2による定期運行を開始し、2024年度に一部区間での自動運転レベル4の実現を目指しています。
(リンク »)
[画像3: (リンク ») ]



制御されたChatGPTにより、より正確性の高い回答を実現


 今回、アドバンスト・メディアが提供する「AI Avatar AOI」のシステムとGPS機能を連携させることにより、バス停留所とその周辺情報の自動音声案内を実現しました。さらに、音声対話機能により、乗客は車内に設置されたタブレット端末でAI車掌との自由な対話を楽しみながら、より詳細な停留所周辺の情報を得ることができます。
また、キャラクターや上士幌町に関連する情報をインプットし、不適切なワードを回避するよう設定したキャラクタードキュメントと、制御されたデータベースから、AIが適切な回答を選択することで、より正確性の高い回答を可能にしています。
さらに、AI車掌が意図しない回答を行った場合の情報の追加・編集や案内する周辺情報などの更新も管理画面から実施することが可能です。

AI車掌「萩音士 清平」のUI・アニメーションなど、キャラクター開発全般はTRIBALCON.が監修。2Dイラストに立体的なアニメーションを加える表現技術Live2Dを採用し、より滑らかな動きを実現しています。
また音声合成は、声優の収録音声を元にアドバンスト・メディアが開発しました。さらに、キャラクターの表情や仕草をAI自身に選択させることで、乗客から質問を受けた際に考える表情を示したり、笑顔で回答したりなど、視覚的にも自然な対話を可能にしています。

※1 アドバンスト・メディア調べ、2024年3月時点「自治体が運行する自動運転バスへのAI車掌の導入」として
※2出典:ecarlate「音声認識市場動向2023」音声認識ソフトウェア/クラウドサービス市場

以上

■株式会社スパイスボックスについて
企業やブランドへの好意、共感醸成を支援する、コミュニケーション・カンパニー。2003年、日本初のデジタルエージェンシーとして創業。さまざまな企業のブランディング支援を手掛けています。スマートフォン、ソーシャルメディアが一般化して以降は、“生活者”に共感を呼ぶ「エンゲージメントコミュニケーション」施策の設計、提供を強みとし、様々なクリエイターやアナリストと共に、調査からコンテンツ企画、制作、発信までを一気通貫でサポートいたします。

■上士幌町について
北海道十勝地方の北部に位置し、人口は約5,000人、面積は東京23区より広い約700平方kmを抱え、その76%を森林が占める緑豊かな町です。また、日本で初めて熱気球の大会が開かれた「熱気球のまち」としても知られています。 近年では全国トップレベルの酪農業を軸に、バイオガス発電とエネルギーの地産地消、自動運転バスやドローン配送の実装などICT技術を活用した持続可能な取組が評価され、第4回SDGsアワードで内閣官房長官賞を受賞しました。「かみしほろシェアOFFICE」「企業滞在型交流施設/にっぽうの家」を起点としたテレワーク・ワーケーションの受入を通じ、関係人口の創出にも取組んでいます。

■株式会社TRIBALCON.について
エンターテインメント業界のグラフィックデザインを中心に活動するクリエイティブチームBALCOLONY.のグループ会社として2015年に設立。エンターテインメント事業に関わってきた経験と実績を活かし、作品ファンの方々と良質なコミュニケーションを取るために、クリエイティブ領域で力を発揮します。
(リンク »)

■アドバンスト・メディアについて
1997年に設立。Interactive Systems, Inc.(米国)と日本語音声認識AmiVoiceを共同で開発し事業化。2005年には、音声認識専業の企業として初の東京証券取引所マザーズ市場(現:グロース市場)に上場し、音声認識事業で日本で初めて通年ベースで黒字化を達成しています。
「HCI(Human Communication Integration)の実現」をビジョンに掲げ、人が機械に自然に意思を伝えられる「ソフトコミュニケーションの時代」を拓くべく、音声認識ソフトウェア・クラウドサービス市場シェアNo.1(出典:ecarlate「音声認識市場動向2023」)のAI音声認識AmiVoiceを主軸にした事業を展開。会議、医療、コンタクトセンター、建設・不動産、物流・製造などの領域特化型エンジンとして、幅広いシーンで活用されています。
(リンク »)
【AI Avatar AOI製品サイト】
(リンク »)


会社概要


社名:株式会社スパイスボックス
設立:2003年12月15日
資本金:2億7143万円
出資者:株式会社博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか
所在地:東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー23階 WeWork内
代表者:田村 栄治
事業内容:デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]