『トラックカーナビ』など、大型車の高速道路での最高速度90km/hに対応

株式会社ナビタイムジャパン

From: PR TIMES

2024-04-04 16:40

~2024年4月からの総重量8t以上の中大型トラックの、高速道路での最高速度引き上げに対応~

株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2024年4月3日(水)より、トラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』等にて、2024年4月1日より施行された大型自動車及び中型自動車の高速道路の最高速度引き上げに関する道路交通法施行令改定に対応します。



 車両総重量8トン以上のトラックの高速道路上での最高速度は80km/hが上限でしたが、本施行令改定によって最高速度が90km/hに引き上げられることを受け、より正確な到着予想時刻を算出するために、本対応を行います。
 これまでは、登録している車両のサイズに合わせて、車両総重量8トン未満のトラックでは100km/hまで、8トン以上のトラックでは80km/hまでの最高速度でルートや到着予想時刻を算出していましたが、本対応により、車両総重量8トン以上の車両を選択している場合に、高速道路の最高速度を90km/hで算出できるようになります※1。
 また、『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』や『NAVITIME API』等においても、同様に本改定に対応いたします。

 『トラックカーナビ』では、会社の規定等で、最高速度の上限が独自に規定されている場合には、アプリ内の「設定」にて、ユーザー自身で最高速度を90km/h以下に設定することもできます。
[画像1: (リンク ») ]

 ナビタイムジャパンでは、正確な到着予想時刻を算出することは、適正な労働時間の確保や安全運転に繋がるため、特にプロドライバー向けのカーナビにおいては重要なことと考え、プローブデータ(ユーザーの走行実績データ)を分析して渋滞予測精度を向上させるなど、様々な技術開発や機能提供を続けてまいりました。
 2023年10月に実施した『トラックカーナビ』のユーザーアンケートでは、『トラックカーナビ』の到着予想時刻が正確との回答は64.9%で、到着予想時刻が正確で待機時間も減少したとの回答も28.6%となり、正確な到着予想時刻を算出することで、待機時間の削減に貢献できることがわかりました。

 また、『トラックカーナビ』の走行ログを基に、高速道路の最高速度を90km/hでルート算出した場合に、80km/hの場合と比べて、目的地までの所要時間がどのくらい変化するかをシミュレーションしたところ、総距離が250km以上のルートの場合、平日であれば所要時間が3%程度短縮される、という結果も得られました※2。

 これらのことから、車両やトラックドライバーの状況に合わせてより正確な到着予想時刻でルートを算出・提供することで、運送効率の向上や待機時間の削減によるドライバーの労働環境改善などに、貢献できればと思っております。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

※1 トレーラーは本改定の対象外のため、車長が12m以上の場合は最高速度の上限を80km/hのままで算出します。
※2 特定中型貨物自動車 ・大型貨物自動車・大型特殊自動車の平日1か月分の走行ログから250km以上のルートを抽出し、上限速度を90km/hに変更した場合の所要時間の変化を調査。

トラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』について


高精度な到着予想時刻表示、車高・車幅・車長・大型車規制などと車両別に走行実績が多い道路を考慮したルート検索、複数の訪問先の最適訪問順の自動計算、大型車が駐車可能な施設検索など、トラックドライバー向けに特化した日本初のカーナビアプリです。
 iOS: (リンク »)
 Android OS: (リンク »)
 法人契約についてはこちら: (リンク »)
ナビタイムジャパンの2024年問題への取り組み 紹介サイト


(リンク »)


「NAVITIME」「ビジネスナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ナビタイムジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]