パスタ市場、2032年に261億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-04-10 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「パスタ市場レポート:製品タイプ、原材料、流通チャネル、地域別 2024-2032」(IMARC Group)の販売を4月9日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界のパスタ市場は、2023年に232億米ドルの規模に達しました。2024年から2032年にかけて、市場は1.3%のCAGR(年平均成長率)で推移し、2032年には261億米ドル規模に達すると予想されています。便利ですぐに調理できる食品への消費者の嗜好の変化、急速な都市化、急増する人口増加、健康志向の高まり、流通網の拡大などが市場成長を刺激しています。

パスタはデュラム小麦のセモリナや小麦粉を原料に、水や卵を混ぜて生地を作り、様々な形に成形する主食です。一般的には、スパゲッティ、ペンネ、ファルファッレなど、さまざまな形状のパスタを作るために、生地をこね、金型を通して押し出します。また、ラザニアのような料理のために、生地を巻いてシート状にカットすることもできます。パスタの製造には、水分を減らすために乾燥させることが含まれます。パスタは、エネルギー源として不可欠な複合炭水化物の供給源です。また、ビタミンB群、鉄分、食物繊維などの必須栄養素を含み、消化を助け、腸の健康を促進します。全粒粉のパスタを選ぶと、食物繊維の含有量が増え、エネルギーの放出が緩やかになります。パスタには様々な種類があり、長いひも状のもの、リボン状のもの、小さな形状のものなど、それぞれにユニークな形状と用途があります。

市場の動向
世界のパスタ市場は、便利ですぐに調理できる食品オプションに対する消費者の嗜好の変化に影響を受けています。これは、世界的な人口の増加と都市化によってさらに強化されています。さらに、多様な料理や風味の燃料を採用する傾向の高まりや、健康志向の消費者基盤の高まりが、市場の成長に大きな推進力を与えています。さらに、流通網の拡大や電子商取引により、世界中でパスタ製品へのアクセスが容易になり、市場の成長を後押ししています。さらに、パスタは保存期間が長く、コストパフォーマンスに優れているため、消費者にとっても外食業者にとっても魅力的な選択肢となっています。これに伴い、可処分所得の増加、プレミアムパスタや特殊パスタに対する需要の急増が市場成長を後押ししています。

市場の促進要因
利便性に対する消費者の嗜好の変化
世界のパスタ市場を形成している主な要因の一つは、利便性と簡単に調理できる食品オプションに対する消費者の嗜好の変化です。忙しいライフスタイルが当たり前になるにつれ、消費者は手早く手間のかからない食事ソリューションを求めるようになっています。調理時間が短く、多用途に使えるパスタは、このトレンドに合致しています。最小限の労力で満足のいく食事を作ることができるパスタのシンプルさと適応性に、消費者はますます惹かれています。このような嗜好の変化により、パスタメーカー各社は、調理済みのパスタミールや電子レンジで調理できるオプションなど、幅広い種類のパスタ製品を開発するようになりました。便利な食事ソリューションの需要に応えることで、パスタ市場は、時間効率的でありながら健康的な食品を選択したいというニーズに対応しています。

世界人口の増加と都市化の影響
世界人口の拡大と急速な都市化は、パスタ製品の需要に大きく貢献しています。経済的な機会を求めて都市部に移住する人が増えるにつれて、彼らの食生活はしばしば、簡単に入手できて手頃な価格の食品オプションへとシフトしていきます。主食としてのパスタは、この基準にぴったり当てはまります。賞味期限が長く、コストパフォーマンスが高いパスタは、個人にとっても家族にとっても魅力的な選択肢です。さらに、都会での生活はしばしば多忙なスケジュールにつながり、消費者は栄養面で妥協することなく、手早く調理できる食事を選ぶようになります。パスタ市場は、都会のライフスタイルにマッチした、汎用性が高く経済的な主食を提供することで、こうした傾向から利益を得ています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]