代替肉市場、2032年に116億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-04-17 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「代替肉市場レポート:タイプ別、原料別、カテゴリー別、流通チャネル別、地域別、2024-2032」(IMARC Group)の販売を4月16日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界の代替肉市場は、2023年に69億米ドルの規模に達しました。2024年から2032年にかけて、市場は5.8%のCAGR(年平均成長率)で成長し、2032年には116億米ドル規模に達すると予想されています。ベジタリアンやビーガン食を導入する人が増えていること、肉の大量消費による悪影響に対する意識が高まっていること、持続可能な開発を重視する傾向が強まっていることなどが、市場を後押しする主な要因の一部です。

代替肉は、主に豆類、穀物、菌類などの植物性成分を利用して、動物性肉の味、食感、栄養プロファイルを再現するように設計された製品です。メーカーは3Dプリンティングや細胞農業のような先端技術を採用し、従来の食肉に近い代替肉を製造しています。持続可能性に重点を置いたこれらの製品は、動物性食品に比べ、二酸化炭素排出量、水使用量、土地所要量が少ないのが一般的です。さらに、代替肉はビーガン、ベジタリアン、フレキシタリアンなど多様な食生活のニーズに対応するため、消費者の裾野が広がっています。これらの製品はハンバーガー、ソーセージ、ナゲットなど様々な形態があり、スーパーマーケット、専門店、オンライン・プラットフォームで入手可能です。その結果、健康意識の高まり、環境問題、動物福祉に関する倫理的配慮から、代替肉は大衆の支持を集めています。

市場の動向
急速なグローバリゼーションと国際的な料理に接する機会の増加による食の嗜好の多様化は、予測期間中の代替肉市場の成長を刺激するでしょう。人々が食の選択に積極的に挑戦するようになるにつれて、汎用性が高く斬新な植物性製品に対する需要が拡大します。さらに、植物由来のベンチャー企業に対する助成金や奨励金など、持続可能な農業や食品生産方法を奨励する政府の支援や規制変更の高まりが、市場の成長に寄与しています。こうした規制の仕組みにより、代替肉メーカーは事業を拡大し、より幅広い顧客層にリーチしやすくなっています。加えて、細胞農業や3D食品印刷などの食品技術の進歩が進んでいるため、従来の食肉とほとんど見分けがつかない製品の開発が可能になり、主流消費者の間でさらに受け入れが拡大しています。これに加え、経済的要因も極めて重要な役割を担っています。特に、動物性食品に偏った食生活に伴う長期的な医療費を考慮すると、代替肉は長期的にコストパフォーマンスが高いと見なされるようになってきているからです。さらに、ソーシャル・メディアの影響力の高まりや、植物由来の食生活を提唱する有名人の支持は、世論や購買行動に影響を与え、市場の成長を後押ししています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]