KDDI、Oracle Cloud Infrastructureでテクノロジー・モダナイゼーションを推進

日本オラクル株式会社

From: PR TIMES

2024-04-18 15:16

事業拡大および成長に向け、Oracle Cloud Infrastructureを活用した大規模基幹システム移行とテクノロジー・モダナイゼーションを計画

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤 智光)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:高橋 誠)がテクノロジー・モダナイゼーション推進に「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」を採用したことを発表しました。オラクルはクラウド・パートナーとして、KDDIと共に、同社の事業拡大および収益向上に向けたITインフラストラクチャのモダナイゼーションに取り組んでいきます。

Oracle CloudWorld Tour Tokyo ― 2024年4 月18日

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤 智光)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:高橋 誠)がテクノロジー・モダナイゼーション推進に「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)( (リンク ») )」を採用したことを発表しました。オラクルはクラウド・パートナーとして、KDDIと共に、同社の事業拡大および収益向上に向けたITインフラストラクチャのモダナイゼーションに取り組んでいきます。

KDDIは、OCIを基盤として活用し、数千万人のお客さま向けサービスを支える基幹システムの大規模なモダナイゼーションを実施します。これにより、ミッションクリティカルなシステムの更新と拡張を確実に行い、事業の持続と拡大を加速します。

また、KDDIは中期経営戦略の事業戦略として、通信を核にDXや金融、メタバース・Web3など様々な領域への事業拡大を図るサテライトグロース戦略を掲げています。戦略の着実な実行に向け、セキュリティとサービス品質を高い水準で満たすこと、開発アジリティの向上、内製化推進のためのインフラストラクチャ基盤の整備をオラクルの支援のもと進めます。さらに、OCIの多様なサービスと機能を活用し、データ活用環境の整備、マーケティングの高度化などを通じて収益向上に取り組んでいきます。

KDDI コア技術統括本部 情報システム本部長の増田 克哉 氏は次のように述べています。「変化の激しい事業環境で持続的な成長を遂げるためには、イノベーションの推進が不可欠です。そのためには最新のテクノロジーを導入し、強靭かつ柔軟なITインフラストラクチャを整備することが必要です。オラクルは、ITベンダーとしての長年にわたる実績を基に、コスト、性能に優れた堅牢なクラウドを提供しています。OCIの活用により、KDDIのITインフラストラクチャのモダナイゼーションを推進し、事業の成長と拡大を実現します。」

日本オラクル株式会社 取締役 執行役 社長の三澤 智光は次のように述べています。「現在、通信事業者は、ビジネス・モデルの再構築の過渡期にあり、事業拡大や成長のスピードに対応しながら、新たな好機をイノベーションに変え、収益化することが求められています。KDDIは、将来の事業の拡大を見据えて、OCI上でテクノロジー・モダナイゼーションに取り組み、そのレジリエンスの向上を行い、これまでの通信事業の枠に収まらず、新たな分野での事業機会に備えています。通信業界のデジタル先駆者であるKDDIとのパートナーシップのもとで、次世代の通信サービスとビジネスの創出に貢献できることを光栄に思います。」

日本オラクルについて
私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。東証スタンダード市場上場(証券コード:4716)。
URL (リンク »)

オラクルについて
オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、 (リンク »)  をご覧ください。

Oracle CloudWorld Tourについて
Oracle CloudWorld Tourは、オラクルが世界中で開催するお客様とパートナー向けのイベント・ツアーです。クラウド・インフラストラクチャー、データベース、アプリケーションを構築、活用している数々の事例を紹介します。ビジネス課題に取り組むために必要なインサイトを取得し、スキル、知識、人脈を構築する機会としてご参加ください。基調講演、セッションの詳細、関連ニュースは、 (リンク ») または (リンク ») をご覧ください。

商標
Oracle、Java、MySQL及びNetSuiteは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。NetSuiteは、クラウド・コンピューティングの新時代を切り開いたクラウド・カンパニーです。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本オラクル株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]